知ってるだけで少し絵がうまくなる言葉 その1 はてなブックマーク - 知ってるだけで少し絵がうまくなる言葉 その1


やさしい人物画




1:スペースNo.な-74:2006/03/04(土) 03:11:50

意識でもなんでもいい。
おれが知ってるのは身体の比。
有名だが足のサイズは肘の長さとほぼ同じ。
なんかいつも意識にしてる言葉教えろ


4:スペースNo.な-74:2006/03/04(土) 06:05:54

手は指を広げて顔が隠れるくらいの大きさ



あってるか自信ないw


5:スペースNo.な-74:2006/03/04(土) 12:25:47

立体だと思いながら描く
空気を意識して描く

これは美大受験の時にデッサンの練習で教わった


8:スペースNo.な-74:2006/03/04(土) 15:21:53

服のシワは三角に入れていく
http://www.asahi-net.or.jp/~zm5s-nkmr/hitoFiles/clothes11.html


12:スペースNo.な-74:2006/03/04(土) 17:09:22

毎日描く事


14:スペースNo.な-74:2006/03/04(土) 17:50:14

目は顔の真ん中。
脳みそが入りそうも無い頭蓋骨を描かない。


基本中の基本だけれど。


18:スペースNo.な-74:2006/03/04(土) 21:26:38

描いてる部分だけを見ずに全体を見る
影をつける時は光の方向を考えながらつける


20:スペースNo.な-74:2006/03/04(土) 22:38:00

マジでいいこと教えてやるよ
着物はy ←これが生きてる人。死んでる人は逆。

お前ら得したな


着物の右前左前


23:スペースNo.な-74:2006/03/05(日) 02:03:18

黄金率。
レオナルド・ダ・ヴィンチは黄金率で描いてたそうだ。


24:スペースNo.な-74:2006/03/05(日) 02:31:18

何かしらのフェチじゃなきゃ萌える絵は描けない。
そしてそのフェチズムを突き進め。

ちなみに私は骨フェチ。
毎日骨格標本模写&デッサン(゚∀゚)タノスィ!!


31:スペースNo.な-74:2006/03/05(日) 21:18:48

立ってるときで腕をブランとしてる時の手の位置は股の下


32:スペースNo.な-74:2006/03/05(日) 21:26:05

若い子のおっぱいは二の腕の位置だお^^


33:スペースNo.な-74:2006/03/06(月) 01:40:17

凡庸な絵描き(俺含む)は
・現代の
・都会の
・日本人の
・美形の
・若者
しか描かない。某大手RPGとか。だから画力なんて付きっこない。
これをどれかひとつでいいから崩す。

古代日本の美青年。現代の田舎の可愛いねーちゃん。ドイツのアイドル歌手。都会のカコイイおっさん。不細工な青年実業家。
好きじゃないものをひとつまみ入れる。


35:スペースNo.な-74:2006/03/06(月) 04:12:32

二頭身目のアゴの位置に乳首が来る。
ただし女性は乳分により乳首の位置は若干下。

たしかルーミス先生。


36:スペースNo.な-74:2006/03/06(月) 04:24:20

画竜点睛、目に細心の注意を払え

目を形作る一つの線が、その半幅分ずれるだけでも、表情も人相も全く変わったものとなる
人間は人を見るとき、顔、そして目に注目する動物だから

目にかける時間と体全部にかける時間が同じくらいでも構わない
納得がいくまで描き直すべし


44:スペースNo.な-74:2006/03/07(火) 00:41:23


生え際~眉~鼻の付け根~アゴ先
1対1対1


45:スペースNo.な-74:2006/03/07(火) 01:25:24

>>44
自分のかいた絵で確認した


まじSUGEEEEEEEEEEEEE


47:スペースNo.な-74:2006/03/07(火) 06:17:46

やべ、なにげ良スレだな
あげ


54:スペースNo.な-74:2006/03/07(火) 10:45:21

顔の大きさと肩幅の比率は?


62:スペースNo.な-74:2006/03/07(火) 13:24:35

>>54
顎から頭頂部までを1とすると
男の肩幅は2.5 女の肩幅は2
頭を横倒しにして2~2.5個分ってことな


63:スペースNo.な-74:2006/03/07(火) 13:31:55

>>62
それ絵柄によるけど、ちょっとゴツい

と感じた俺はギャルゲ絵師


70:スペースNo.な-74:2006/03/07(火) 19:10:09

男の体の比率
頭頂部から股間:股間から足まで

     1       :     1


76:スペースNo.な-74:2006/03/07(火) 21:10:12

膝から下(つまりスネ)を長めにするとカコヨク見えるそうで。超人体系、って言ったかな?


90:スペースNo.な-74:2006/03/10(金) 01:07:06

両手を真横に広げたときの長さは、その人の身長とほぼ同じ。

ものを噛むときの力は、その人の体重とほぼ同じ。
これは関係ないか。


93:スペースNo.な-74:2006/03/10(金) 03:10:37

ヘソは体の中心。
ココを支点にすると体を支えられる。
現実の人間の場合だが。

影を付けるとき同系色だけだと印象がぼやける。
違う系統の色を少し混ぜるべし。


109:スペースNo.な-74:2006/03/15(水) 23:09:14

脳の構造上、女性は色彩感覚が豊かで、男性は立体の感覚にたけていると言われている。
が、訓練次第でどうとでもなるので、男女論はあまりあてにならない。

最近は女性漫画家もうまい人多いしね。


117:スペースNo.な-74:2006/03/27(月) 12:11:33

うまい人ほど「何か資料を見ながら書いている」
 資料を活用するのは、恥や邪道ではない、プロの漫画家は絵に嘘はつきたく無いので、必ず資料を参考にする。


144:スペースNo.な-74:2006/06/15(木) 20:49:57

ゆっくりしか成長しないが、やっただけ確実に成長する


150:スペースNo.な-74:2006/07/11(火) 21:05:46

ふかん・あおりで顔を描く時、
ふかんはつり目気味・あおりはたれ目気味にする。


153:スペースNo.な-74:2006/07/12(水) 07:52:08

出来る奴は実行し、出来ない奴ほど教えたがる。by山口貴由


163:スペースNo.な-74:2006/07/23(日) 14:25:28

この前ラヂオで誰か言ってた"絵描きがスランプから脱出する方法"

昨日描いた絵と全く同じものをもう一度描く。
同じ絵を描いてると飽きるので、アレンジや修正を加えるようになる。
それでまたちょっと前進できるのだそうで。


164:スペースNo.な-74:2006/07/23(日) 21:00:26

・偉い人が、

毎日描くのは画力を安定させるため。
上達したいなら時間かけて、
じっくりひとつ描いたほうがいい。




・マジレス
ラフ絵を100枚書きなぐるより
一枚の絵を一日二日かけて書き込んだほうが
得るものが多い


168:スペースNo.な-74:2006/07/24(月) 13:42:24

他にも色の塗り方で思考錯誤とか
仕上げる過程で絵について考える時間が多くなるからな
白黒で上手くごまかせてても
色塗る過程で見えて来る矛盾もある

例えば木を
「せっかく描くんだからそれっぽくなるよう資料をみながら描いてみよう」
となるとそこで覚えた事がそのまま次に木を描く時にも使える地力となる

ラフだからと手癖でぐちゃぐちゃ描いてすましてたら
新しい物を得る事なく一生そのまま


170:スペースNo.な-74:2006/07/26(水) 17:01:11

良スレあげ


173:スペースNo.な-74:2006/07/27(木) 01:26:14

「お前が思うよりもずっと萌え絵師の目は小さく描かれている。大きく見えるだけだ。」


180:スペースNo.な-74:2006/07/27(木) 21:23:44

>>173に俺も最近やっと気付いた
意外と小さいんだよね>目
リアルの人間と同じ位置・横幅で、縦幅だけデカくするくらいが
丁度バランスが取れてていい感じになる
大きめに描くときは、上下位置を中心よりやや下を狙う(幼児っぽくなり可愛くなる)
横幅が大きい目を上の方に描くと、ほんと気持ち悪い

俺も一言
「うまい人が描くと”醜い顔”でも絵として美しい、
絵としてキモイ顔は個々のパーツがブサイクなのではなく、位置大きさのバランスがおかしい」


194:スペースNo.な-74:2006/08/27(日) 21:56:33

なんでもいいので物の写真を見て下さい。。扇風機でもバイクでもなんでも
いいです。人でもいいです。全体が映ってるものがいいです。
それを頭の中でぐるりんと回してみて下さい。360度いろんな角度から。
出来るだけ克明に出来るだけ鮮明に。写真に映っていない反対側も想像して
みてください。

それで写真とは全然違う角度からその物をデッサンしてみて下さい。

それが出来る人と出来ない人がいます。出来る人はおめでとう。さらに
努力して頑張りましょう。もっと上手くなる可能性があります。

出来なかった人。ごめんなさい。いわゆる絵を書く基本的な才能がない人です。
あきらめても誰も責めません。あきらめてもいいでしょう。
あきらめきれない人。人の何十倍も頑張って下さい。万に一つの可能性で
上手くなるかもしれません。

でもたぶんあなたはそれほど絵を描くのが好きではないはずです。
これが出来ないって事は子供の時絵を描くのがそれほど楽しいものではなかったはずだからです。
先生の洗脳で絵を描くこと音楽を聴くことなど芸術的なことは
楽しいものと思わされていたかもしれません。でもよく考えて下さい。
本当にそれは楽しかったですか?


197:スペースNo.な-74:2006/08/28(月) 01:15:24

>>194
感激した
引用元どこ?


198:スペースNo.な-74:2006/08/28(月) 07:19:32

>>194
目ン玉からウロコぼろっと出てきた。


237:スペースNo.な-74:2006/10/06(金) 22:23:24

良い絵の半分は構図とポーズで決まる


271:スペースNo.な-74:2006/12/25(月) 08:01:44

資料が7分で苦労が3分


272:スペースNo.な-74:2006/12/25(月) 16:17:38

>>271
覚醒しました


279:スペースNo.な-74:2006/12/28(木) 00:21:10

否定の言葉は潜在意識に働きかけないらしいぞ。
つまり、絶対に諦めるな、だと、諦めるの方だけ認識する。
だから、絶対にやり遂げられる!俺なら出来る!って意識した方がいい。

…これってもしかしたら幼児のしつけの方法だったかも。


280:スペースNo.な-74:2006/12/28(木) 00:32:54

いい事聞いた


284:スペースNo.な-74:2006/12/28(木) 08:13:18

指の付け根には関節は無く、
関節があるのは手のひらから見ると感情線、頭脳線のある辺り。


299:スペースNo.な-74:2006/12/30(土) 20:49:38

線が多ければ多いほど見る側がまともな線だけを捕らえるので
頭の中で補完された情報で捕らえた映像になる。
ゆえに線の多いエンピツラフ画は3倍うまく見える。
↓初心者のよくある言い訳
「ペン入れすると感じ変わっちゃうんだよねー」

うまくなる効率
ペン入れ×1>>>>>>>>>>>>>>>>ラフ×100


314:スペースNo.な-74:2007/01/05(金) 00:00:50

ラフが上手く見えるのは脳がそう感じるからだけど、
結構有名な話だぞ。


315:スペースNo.な-74:2007/01/05(金) 08:45:40

そだね
線が多いラフ画は、見る人に甘えた描き方だって言われた


316:スペースNo.な-74:2007/01/05(金) 14:07:05

「線は終着点を見据えて描くと迷わない」ってよく聞くね。


317:スペースNo.な-74:2007/01/05(金) 14:36:57

>>316
それ知ってから、長い線のペン入れがふらつかなくなったよ


344:スペースNo.な-74:2007/02/19(月) 00:43:43

人体構造よりポーズに重きを置く
腰をひねると躍動感が出て2割り増しにうまく見える


350:スペースNo.な-74:2007/02/20(火) 00:25:10

対策は急げ 効果は急ぐな

少子化対策番組観てたら出た言葉
とにかくあれこれ考えて描いてりゃ結果を後からついてくる… か?


356:スペースNo.な-74:2007/03/02(金) 02:11:08

頭を描くときに腰、つま先まで想像する。
描いた線を見るんじゃなくてこれから描く線を見る。
頭を上手く描きたいって思ったら徹底的に全身画を練習すべし

とお言葉を頂いたが正直出来れば苦労してないス


357:スペースNo.な-74:2007/03/02(金) 13:07:40

出来ないから練習するんだろ?


358:スペースNo.な-74:2007/03/02(金) 13:13:39

「耳からまっすぐ垂線を下ろすと乳首に行き着く」
高橋ゆたかのボンボン坂高校の台詞だったかなあ、
あれは参考になったw

あと中学生くらいのときなるほどなーと思ったのは、
「興味があるパーツがでかくなりがち。
だから目や頭(顔)が不自然に大きくなって、
手なんかが小さくなる」これも何かの本に載ってた。


387:スペースNo.な-74:2007/03/04(日) 21:36:52

効率を重視して練習方法に悩み結局絵を描かなくなるなら
効率とか考えないで自分の好きな描き方をすればいいんじゃないか、と思うようになってきた


388:スペースNo.な-74:2007/03/04(日) 21:39:03

気づいてよかったね


466:スペースNo.な-74:2007/04/05(木) 11:07:21

線を引く前に一瞬気持ちに溜めをつける。
その溜めの間にどこまで引くのかと、引いたときの形とバランスを想像する。
想像できないものは書こうとしてる物の形が判っていない状態。


470:スペースNo.な-74:2007/04/05(木) 19:06:18

>>466
なるほど・・


541:スペースNo.な-74:2007/04/21(土) 03:36:56

ガイシュツかもしれんが書く

直立するとヒジはちょうどウエストの高さにある。

肩から下の長さはヒザから下の長さのちょうど三倍。

手首からヒジの裏の曲がる所までが足のうらの大きさ。

美しい目の感覚は、目と目の間にもう一つ分目が入るくらいだそう。

美しいおっぱいは鎖骨の真ん中、乳首と乳首に線をひくと正三角形になる。

両手を広げた先から先までが身長。

美人の基準は顔の左右が対称であることだそう。


542:スペースNo.な-74:2007/04/21(土) 10:02:40

印刷して机の前に貼りました


543:スペースNo.な-74:2007/04/21(土) 11:20:32

だからそういうの、ルーミスの本とかシェパードの本にいっぱい書いてあるのに
みんなどうして読んでくれないんだよぅ


558:スペースNo.な-74:2007/04/23(月) 08:38:00

絵の練習は、ペンで一発描きするといいらしい
失敗したと思ったら、失敗箇所を修正するように、また同じ構図を隣に描く
修正液や砂消しなど使って同じ絵を何回も描き直すんじゃなくて、自分の失敗をしっかり残しておく

こうすると上達するかも、って
学校一可愛い先生が言ってた!


592:スペースNo.な-74:2007/05/20(日) 06:20:30

描いた絵は納得していても時間を置いてから(次の日や数日後)再度チェックする
おかしいと思ったところはとことん修正か書き直し。やめないこと。


605:スペースNo.な-74:2007/06/12(火) 19:43:24

人間は目で見るのではなく、脳で見る
正確さだけが絵の魅力なら写真に人間は永遠に勝てない

われながらいい文句だ、うん


606:スペースNo.な-74:2007/06/12(火) 19:44:59

活力のある絵は写真に勝るってルーミスさんは言ってた
そういう事なんだろうな


609:スペースNo.な-74:2007/06/24(日) 06:40:36

一番重要なのは楽しんで描くことだよ


618:スペースNo.な-74:2007/07/06(金) 01:37:58

とある実況スレにて
「どうしてそこに線をひいたのかを
    考えてないと下手な絵になる」
なるほどと思った
漠然とただ数をこなせばいいと言うわけではない
頭を使って、手を動かさないと…すべてが無駄になる


624:スペースNo.な-74:2007/07/07(土) 23:48:45

188 :スペースNo.な-74:2007/07/06(金) 20:37:49
上手くなるにはどうしたらいいのか。
誰かの心を揺さぶるような物を作るにはどうしたらいいのか。

上手くなりたい。
上手くなりたい。あの人みたいに、人の心を動かす事の出来る物を作りたい。
一瞬でもいいから、誰かの記憶に残りたい。二次創作なんて所詮自己満足だ。
でも、他人に見せるからには他人からも認められるような物を作りたいんだ。
誰かに感動してもらいたいんだ。

そのためには、どうしたらいいのか?おそらく、手段は一つしかない。
書くことだ。書いて書いて書いて、ひたすらに書くことだ。
自分でも自分の作品が良いのか悪いのかわからなくなって、それでもまだ書くことだ。
他人の作品を見て、打ちひしがれて、歯を食いしばりながら、泣きながらなお書くことだ。
己に正直に、でも独りよがりにはならず、常に驕る事なく真摯に作品と向かい合う事だ。

そんな事しなくたって元から出来る人は出来る?上手い人は上手い?
そんなこと知るか。私にはこれしかないんだ。


641:スペースNo.な-74:2007/07/10(火) 13:08:44

腰からヒザまでの脚の骨は逆ハの字
ヒザから足首までの脚の骨も逆ハの字
ヒザは脚から出っぱってるんじゃなくて、ヒザから下の骨が奥に位置する
(※立っている時のみ参考に)


642:スペースNo.な-74:2007/07/10(火) 15:04:31

今はネットという情報を集めるのにこれ以上ないっていうくらい
便利なものがあるんだから
本気で上達したいならそういう情報を得てその中で自分のものになりそうなものを
どんどん吸収していけばいい


710:スペースNo.な-74:2007/08/01(水) 06:26:39

自分って上手いじゃんって思った瞬間から上達は止まる
いつでも謙虚さを忘れるな


720:スペースNo.な-74:2007/08/05(日) 15:54:15

模写するときも端っこから描かない
細かく描くのは一番最後の最後
最初は全体像がイメージできるまでのアタリをとる
感覚的に自分で対象物を描ききれるイメージができたら描く
練習すればするほどイメージをつかみやすくなる
だから色んなものを描くべきだけど
それはなかなか難しいんでまずは自分が一番描きたいものを描く
でもそれが萌え絵の場合は萌え絵をそのまま模写するのなら
フィギュアを見て描いたほうが力つくと思う
基本楽しく好きこそ物の上手なれってやつ


743:スペースNo.な-74:2007/08/09(木) 23:12:35

昔あるラジオの英語の語学番組で 講師かMCか何かが
「自分が苦手なこと(嫌なこと)を進んでやらなければ、能力は上がらない」
って言ってた。
当たり前なようでいてなかなか出来ないことだなーと思った。


747:スペースNo.な-74:2007/08/10(金) 00:36:16

>>743
失敗して、失敗した原因を見つけて
それを正して成功に近付くって言う
分かってるけどなかなか難しいよな
実際は失敗が怖くて挑戦しなかったり、間違いを認められなかったり
自分は下手だって認めたくないんだろうなぁ・・・


764:スペースNo.な-74:2007/08/10(金) 03:40:07

これは自分の体験ですが
クラスにひとりはいる絵が上手いコっていますよね
それが自分だったんですが
ずっとひとりで描いてて、そのクラスでちやほやされてる時点から
全然上達してないことに気づいたんです
それから数年後ネットというものに出会ってネットで絵を公開するように
なってから急激に上手くなったと思います
ようするに人に見せてボロクソに叩かれたり批判を受けたりすると
自分の欠点を見直そうとしないのではないでしょうか
あと褒められるとすごい自信につながるし
描いたものはネットごしでもいいので人に見せるというのが
重要なんだと知りました。


774:スペースNo.な-74:2007/08/12(日) 01:40:54

絵がうまくなる最初の一歩って比率に気付く場合が多いよね


775:スペースNo.な-74:2007/08/12(日) 17:45:06

あるあるある


776:スペースNo.な-74:2007/08/12(日) 21:02:45

比率は超大事


782:スペースNo.な-74:2007/08/21(火) 01:01:04

ライバルがいるだけで上達スピードは一気に上がる。
そしてネットにはライバルがたくさんいる


783:スペースNo.な-74:2007/08/21(火) 05:57:00

良スレ!参考になる

知ってるかもしれんが
フカン・アオリ・真正面で耳の位置は変わらない


784:スペースNo.な-74:2007/08/21(火) 07:34:23

どういう意味だ?


786:スペースNo.な-74:2007/08/21(火) 09:18:41

>>784
耳が頭部の中心にあるって事だろう


886:スペースNo.な-74:2007/09/30(日) 05:28:28

資料無しで描けないと駄目だ
ていう脅迫概念に襲われていたが救われたよ
分からなければ見て描けばいいよね、うん


887:スペースNo.な-74:2007/09/30(日) 05:55:09

つーかインプットなしにアウトプットするなんて物理的に不可能だろ。
人間の脳ミソも一種のコンピュータなんだから。


888:スペースNo.な-74:2007/09/30(日) 13:12:54

>>887
禿同


890:スペースNo.な-74:2007/09/30(日) 21:44:32

ちょっとスレチだが
「見た事がないものは描けない」っていうのをどっかで見た。

想像上の存在や見たことの無い場所を描けないという訳じゃなくて、
たとえば架空のクリーチャーを描くにしても、
必ず「見たことがあるもの」を混ぜ合わせて構成されるっていう。


891:スペースNo.な-74:2007/09/30(日) 23:26:04

まぁ…そりゃそうだろ
想像上の存在も、記憶をミックスしてつくってるわけで

姿も名前も存在も知らないものってのは、「無いもの」と同じなんよ
知って初めて、この世界に存在するものとして認識するんだから
全く自分の脳内にないものなんて、描けるわけない


908:スペースNo.な-74:2007/10/12(金) 18:39:48

他人の絵を見て、
「自分と同じ位だ」と感じたら、その絵師は実は自分より上だ。
「自分よりも上だ」と感じたら、その絵師は自分より遥かに上だ。
「自分よりも下だ」と感じたら、自分はその絵師と同レベルくらいだ。


910:スペースNo.な-74:2007/10/13(土) 03:45:52

>>908 根拠も気になるけどなんか納得してしまう。そんなもんかも。

自分は
・手のひらと中指の第一関節までを足した長さが、
顔では顎から眉毛の一番高いところと同じ程度 とか
この長さより短くならなければバランス悪くないって学んだ。

・人間の身体は球体と筒型で構成されていると考え、
湯のみにテニスボールを乗っけてくるくる動くところを
イメージすると、腕や足は比較的楽に描ける。
大体ひしゃげた湯のみを思い浮かべて描くとうまくいくかな。

つるつるしたものから連想しようとしても、人体がうまく描けない。
なんか謎。


962:スペースNo.な-74:2007/10/23(火) 01:29:30

「間違ったら紙を替える」
一発書きを意識する。
というか消しゴムを使わない。
ペンの書き味が苦手な人は鉛筆でいいけど、消して書き直したりしない。
たとえば顔の主線をひいてきて、頬のラインやアゴのラインが
おかしいなと感じたら、新しい紙にまた始めから書き直す。
その時は始点から狂っていることも多いから、前の紙をよく見ること。
前の紙から、全体像を想像しながら次の紙に書くこと。

友人は「一度描いたら3日寝かせる」という持論があったが
一度に数枚しか描かないのでちっとも上達しなかった。
たしかに3日後に見ると歪んでたり狂ってたりする箇所が見えてくるが
上達しない足枷になるのが「自分の作品に固執すること」
上手くなりたいなら同じ絵を何度もいじらない。
失敗が見えたらすぐ放り出したほうがいい。
ただし練習もぜんぶとっておくこと。
自分の失敗作が一番のお手本だよ。


998:スペースNo.な-74:2007/10/26(金) 00:17:45

人からこういったコツを聞くのも良いが
自分で編み出す力も大事だと思うんだ





【まとめ】

【体】
・手は指を広げて顔が隠れるくらいの大きさ
・立ってるときで腕をブランとしてる時の手の位置は股の下
・若い子のおっぱいは二の腕の位置
・二頭身目のアゴの位置に乳首が来る
 (ただし女性は乳分により乳首の位置は若干下)
・顎から頭頂部までを1とすると
 男の肩幅は2.5 女の肩幅は2
 頭を横倒しにして2~2.5個分
 (ただし、絵柄による)
・男の体の比率
 頭頂部から股間:股間から足まで 1:1
・膝から下(つまりスネ)を長めにするとカッコ良く見える
・両手を真横に広げたときの長さは、その人の身長とほぼ同じ
・ヘソは体の中心
・指の付け根には関節は無く、
 関節があるのは手のひらから見ると感情線、頭脳線のある辺り
・耳からまっすぐ垂線を下ろすと乳首に行き着く
・直立するとヒジはちょうどウエストの高さにある
・肩から下の長さはヒザから下の長さのちょうど三倍
・手首からヒジの裏の曲がる所までが足のうらの大きさ
・美しいおっぱいは鎖骨の真ん中、乳首と乳首に線をひくと正三角形になる


【頭部】
・美しい目の感覚は、目と目の間にもう一つ分目が入るくらい
・目は顔の真ん中
・脳みそが入りそうも無い頭蓋骨を描かない
・目にかける時間と体全部にかける時間が同じくらいでも構わない
 納得がいくまで描き直すべし
・生え際~眉~鼻の付け根~アゴ先
 1対1対1
・ふかんはつり目気味・あおりはたれ目気味にする
・絵師の目は小さく描かれている。大きく見えるだけ
・美人の基準は顔の左右が対称である


【意識】
・立体だと思いながら描く
・空気を意識して描く
・毎日描く(毎日描くのは画力を安定させるため)
・描いてる部分だけを見ずに全体を見る
・一番重要なのは楽しんで描くこと
・自分が苦手なこと(嫌なこと)を進んでやらなければ、能力は上がらない
・他人に絵を見せる
・見た事、観察した事のないものは描けない
 (想像上の怪物などは、見たことのあるもので組み合わせで作られる)


【描き方】
・服のシワは三角に入れる
・影をつける時は光の方向を考えながらつける


【その他】
・うまい人ほど「何か資料を見ながら書いている」
・資料が7分で苦労が3分
・着物はyとして描く。逆は死んでいる人が着るとき
・何かしらのフェチじゃなきゃ萌える絵は描けない。
 そしてそのフェチズムを突き進め
・凡庸な絵描き(俺含む)は
 ・現代の
 ・都会の
 ・日本人の
 ・美形の
 ・若者
 しか描かない。これをどれかひとつでいいから崩す。
 好きじゃないものをひとつまみ入れる。
・上達したいなら時間かけて、じっくりひとつ描いたほうがいい
・ラフ絵を100枚書きなぐるより 一枚の絵を一日二日かけて書き込んだほうが 得るものが多い


【絵描きがスランプから脱出する方法】
・昨日描いた絵と全く同じものをもう一度描く
 同じ絵を描いてると飽きるので、アレンジや修正を加えるようになる。





kanren_line.png

体の長さを測って、目安を覚えよう
胸(おっぱい)を理解して描こう!


kanren_line_end.png



人体のデッサン技法人体のデッサン技法
ジャック・ハム,島田 照代

嶋田出版
売り上げランキング : 979

Amazonで詳しく見る






はてなブックマークに追加する つぶやく

[ 2011/09/29 17:00 ] お絵描きスレ | CM(2) | このエントリーのはてなブックマーク数 はてなブックマーク - 知ってるだけで少し絵がうまくなる言葉 その1 | |








おすすめ記事








この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング





コメント

148 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/10/10(月) 22:24:38


ある専門学校のオープンキャンパスで知ったが、目の間の間隔はその目とおんなじ大きさの丸のあたりで描けば平均的っていうか、綺麗な目の間合いが出来る。
まぁつまり、目を3つ描けってことだな


9137 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/10/16(水) 18:28:25


斜め顔を描くとき、顎を前に出さないと、頬が削れる。
肩・乳頭・ヘソは同一ライン上にある。
腕の骨は上腕1本、それ以下2本。くっつき方は、先端合致。
太腿を割って、ふくらはぎが現れる。
…とか?



コメントの投稿

*コメントは承認制です。反映されるには時間がかかります。
 他人を不快にする言葉はお控えください。
 禁止ワードが多い場合はIP規制され閲覧が出来なくなりますのでご了承ください。
 httpは禁止ワードに設定しています。




















模様(#2)おもしろ(#2)正月(#1)画力向上講座集(#1)妖怪(#1)らくがき(#1)塗り絵(#1)ジブリ(#1)男性(#2)動画サイト(#1)あたり(#3)フォント(#2)資料サイト(#2)コツ(#1)口(#1)体(#7)落書き(#2)芸術(#2)ステンドグラス(#1)3DS(#2)腱鞘炎(#1)創造(#1)お絵かき用道具(#2)モンスター(#1)マウス(#2)ハイライト(#1)上達書籍(#1)色鉛筆(#11)レース(#1)たこ焼き(#1)塗り方(#1)漫画の描き方(#3)エアブラシ(#1)スカート(#3)ドット絵(#2)参考書籍(#12)雑談(#3)眼(#1)CLIP_STUDIO(#1)練習法(#3)イメージで描く!(#1)プリンストン(#4)ペイントソフト(#7)販売(#1)GIMP(#2)アニメーター(#3)参考書(#5)おっぱい(#2)笑い話(#1)グロー(#1)お絵描きあるある(#2)ちびキャラ(#1)着物(#3)空間把握(#1)Suimy(#1)CLIPSTUDIO(#2)枠(#1)グリザイユ(#3)トレース(#2)OpenCanvas(#1)骨(#7)ふかん(#1)4コマ漫画(#1)つけペン(#3)顔の描き方(#17)パース(#4)和服(#2)絵師(#2)Adobe(#10)光(#2)SAI(#8)下着メーカー(#1)FireAlpaca(#1)レビュー(#1)花(#1)発光(#1)メイキング(#85)骨の描き方(#4)大友克洋(#1)影(#2)髪型(#1)袴(#1)ネーム(#2)リアル絵(#1)良くない構図(#1)テクニック(#129)インタビュー(#1)筋肉(#14)LivePainting(#1)イラストレーター(#1)鼠(#1)マンガ(#2)プロ(#10)東方(#5)練習方法(#2)QUMARION(#1)背景の描き方(#1)萌え(#1)リアリズム(#1)面白(#1)まどかマギカ(#1)液タブ(#1)胴(#2)準備体操(#1)任天堂(#1)オリジナル(#1)お題絵(#1)海外サイト(#1)コミケ(#1)お絵描き向上法(#3)お絵描きスレ(#5)iPad(#1)丸ペン(#1)キャラクター(#1)言い訳(#1)上達法(#23)動物(#3)ワキ(#1)花柄(#1)考え方(#70)行進絵(#1)色塗り(#52)メガネ(#1)民族衣装(#1)ストーリーの考え方(#1)パステル(#1)立体把握(#1)犬(#1)特徴(#1)テーマカラー(#1)リフレッシュ(#1)モニタ(#1)SMS(#1)水彩色鉛筆(#1)岸田メル(#3)ポーズ集(#3)カラー(#1)GIF(#1)水(#2)拡張子(#1)上達(#1)画材(#1)頭骸骨(#1)ボット(#1)肩こり(#1)今と昔の比較(#2)Pixiv(#1)ゲーム(#3)青ペン(#1)男(#1)馬(#1)就職(#1)解剖学(#1)リフレッシュ法(#1)お絵描き素材(#1)蝶(#1)アニメ(#5)お絵描き上達法(#1)健康法(#1)目標(#2)幸せな瞬間(#1)ポーズ(#5)PIXIA(#1)講座(#108)おやつ(#1)Intuos(#1)木(#1)擬人化(#2)講座集(#1)お勧め(#12)人体(#4)ホビージャパン(#2)レイヤー(#1)アプリ(#1)しまむらくん(#1)フリーソフト(#1)髪(#6)ボブ・ロス(#1)比率(#1)Tab-Mate(#1)テクスチャ(#10)鼻(#1)同人誌(#3)しょこたん(#1)安価(#30)ラフ(#1)AKIRA(#1)ブラシ(#6)カード(#1)Photoshop(#12)アイドルマスター(#1)武器(#1)カラーハーフトーン(#1)スランプ(#1)首(#2)印鑑(#1)腕(#1)イラスト投稿サイト(#1)ルーミス(#1)絵コンテ(#1)redjuice(#1)デッサン(#8)ペンの持ち方(#1)筆ペン(#2)目(#6)龍(#1)影の付け方(#1)コピック(#3)塗(#3)Controller(#1)勉強(#5)赤ペン先生(#14)デザインドール(#2)設定(#1)上半身(#1)構図(#4)アンケート(#2)コミスタ(#3)ジャンプ(#1)ストレッチ(#1)眼鏡(#1)厚塗り(#8)アングル(#1)bot(#2)日記(#3)ロボット(#4)塗り(#12)鳥居(#1)ツール(#11)ペンタブレット(#1)ポートフォリオ(#1)ペン入れ(#2)お絵描き用道具(#3)リアル(#1)顎(#1)配色(#5)gif(#1)耳(#1)ソーシャル(#1)服のしわの描き方(#1)浮世絵(#1)右脳(#1)制作現場(#1)鳥(#2)サイト(#3)鉛筆(#2)クリスマス(#1)和風(#1)Gペン(#4)Wacom(#11)素材(#4)動画(#9)肘(#1)カフェアート(#1)資料(#3)色彩(#1)漫画(#39)顔(#17)講座動画(#1)靴(#1)線の引く練習(#1)向上法(#40)CLIPPAINT(#1)着色テクニック(#1)疲れ目(#1)脚(#2)創作(#1)遠近法(#1)アナログ(#6)青ペン先生(#2)図書館(#1)神社(#1)RPG(#1)ペイント(#1)体の描き方(#8)水彩(#6)和紙(#1)ドローイング(#1)デフォルメ(#5)質問(#1)質問と答え(#1)ワコム(#3)筋肉の描き方(#5)参考HP(#13)ブックスタンド(#1)ベタ(#1)アンケート結果(#1)GIMP(#1)Phtoshop(#1)理由(#1)狼(#1)フリル(#1)悩み(#1)書籍紹介(#1)相場(#1)しわ(#2)イラスタ(#1)製作過程(#1)勉強法(#3)陰(#1)メンズ(#1)ドラゴンクエスト(#1)髪の毛(#1)イラスト(#7)表情(#2)Intuos5(#2)まとめ(#10)俯瞰(#2)炎(#1)描き方(#12)ドラゴン(#2)年賀はがき(#1)しぐさ(#2)骨格(#1)おもちゃ(#1)感情表現(#1)カラーリング(#1)リメイク(#5)Pixiv講座(#2)お勧めHP(#1)画力上達書籍(#1)Pixiv(#95)トランスフォーマー(#1)海外講座(#1)もやしもん(#1)Drawing(#1)なかよし(#3)ツイッター(#2)ペンタブ(#15)モチベーションアップ法(#1)宮崎駿(#1)線(#1)装飾(#1)ウサギ(#1)作業場(#1)メイキング動画(#6)ワンピース(#1)エロゲー塗り(#1)ポケモン(#3)下着(#1)宇宙(#1)赤ペン(#2)猫(#3)お絵かきスレ(#1)仕事(#3)人の描き方(#47)タブレット(#3)疑問(#1)CGHUB(#1)クリスタ(#3)CLIP(#4)同人(#1)線画(#4)アタリ(#2)背景(#13)あるある(#1)重心(#1)お題(#6)ハンコ(#1)SNS(#6)胸(#1)補助デバイス(#1)漫画家(#4)デッサン人形(#5)セルシス(#12)お絵描き支援ツール(#4)絵柄(#1)切り絵(#2)大友昇平(#1)シワ(#1)記号(#1)ご挨拶(#1)コンテスト(#2)スクールペン(#1)尻(#1)唇(#1)書籍(#4)パンツ(#3)足(#1)色の塗り方(#1)萌え絵(#4)アート(#3)モンスターハンター(#1)世界観(#1)wacom(#1)ニュース(#15)模写(#5)png(#1)プリキュア(#3)Pixlr(#1)フリー素材(#11)配信(#1)練習(#2)ブラシ設定(#2)フィルター(#1)ナイフ(#1)デジタル(#2)手の描き方(#1)肩(#2)イベント(#1)
人気ブログランキングへ