ペン入れのコツと奇麗な線を引く練習方法 はてなブックマーク - ペン入れのコツと奇麗な線を引く練習方法


マンガスタートアップガイド ペン&インク―トレーニングで上達するつけペン集中講座 (Comickersテクニックブック)




1:スペースNo.な-74:2008/08/23(土) 20:53:45

限りなく正解に近い「コツ」
つけペンを使って、エンピツと同じ感覚で線を「引こうとする」のをまず止める。

イメージとしては、彫刻刀で板を彫る時のイメージ。あれ。

彫刻刀で彫る時は手前から奥に押すように彫る。
ペン入れは奥から手前に下ろすように引く。

方向は逆だが手に入れる力加減、ペンの持ち具合、紙から伝わる感触、線を引く時の
「入り」から「抜き」までのワンストローク、それらの感覚を
「エンピツで線を引く」時と同じ感覚でするのではなく
「彫刻刀で板を彫る」ような感覚でやると、いい。

あまりに抽象的過ぎて誰も言えなかった事を、今、俺が。


3:スペースNo.な-74:2008/08/23(土) 21:43:27

今通ってる所じゃなくて、今から通る所をイメージするのは基本だろ


7:スペースNo.な-74:2008/08/23(土) 23:40:14

>>3
そうこれ
線の終点を見ながら一気に引く


11:スペースNo.な-74:2008/08/24(日) 02:22:22

自分はこのスレありがたい。


17:スペースNo.な-74:2008/08/24(日) 12:59:51

あらかじめペンで縦線や横線、曲線を試し書きするのもいいよ


63:スペースNo.な-74:2008/10/03(金) 10:54:29

丸ペンでインクつまりまくりのすぐペン先ダメにしたりしてイライラしてきた所
久しぶりにGペン使ったらいつのまにか無駄に太くならなくなってた。

ペンを立てて描くようになったからかな。
前はささっと描く時の鉛筆持ちみたく寝せまくってたから先がイカレ出した丸ペンには最適な持ち方だったけど
Gだと油断するとすぐ太くなって('A`)ヴァーだった。これからGで描くようにしよ。丸ほどつまることがないから楽だ。


71:スペースNo.な-74:2008/10/18(土) 07:56:48

し型とかU型、O型の輪郭の場合、どれも一筆で描く(描ける)もんなんですか?
上から下に描くように心がけているのですが、線が上に向かう場合どうしたらいいのかわからない・・・
そのまま上に向けて描くと引っかかる時があるし、ペンを半回転させるのか、それともやっぱり一筆では描かないで下向きの線だけで描くのか。
ペンを使って最初にぶつかる部分だとは思うのですが、指標というか先達者の皆さんはどうやってるのか参考にしたいです。


73:スペースNo.な-74:2008/11/23(日) 21:54:14

>>71
一筆で描かずに繋いでいく。

上に向かう線は紙を回せば済む話だと思うが。
ペンの特性上、引ける方向と引きづらい方向がある。
丸ペンは特にシビアで、かぶらペンは楽。


113:スペースNo.な-74:2009/01/22(木) 01:07:28

自分もペン入れド下手糞だ。
なびく長髪を綺麗に描きたいよ。少しのズレもなくさらっと描いてる人すごい。
長めの線を引いてると、どうしても途中で歪んだりヨレたり
細く書きたいのにいつのまにか太くなっちゃって、全然綺麗に見えない。


114:スペースNo.な-74:2009/01/22(木) 06:26:59

>>113
コツになるかわからないけど
髪の毛のようなゆるやかなカーブを流麗な線で引きたい時は、ひじを支点に線を引くと良いかも
また、目線はペン先ではなく、線を引く方向に少し先を見て描く(もちろんペンの動きとともに目線もスライド)
自動車免許持ってる人ならわかると思うけど
カーブを曲がる時は正面を見ながら曲がるんじゃなく、曲がりたい先を見ながら曲がる 人ってのは無意識でも目線の先に進むモノだから
って教習所で習ったのと同じ

まあ、前提としてペン慣れは必須だけども


138:スペース№なー74:2009/02/08(日) 10:55:29

>>113
自分は長い髪の毛とか、細かい服のしわには
丸ペン以外に細いゲルインクのボールペン(0.25ミリタイプ)を
使っているよ。 丸ペンだとガギガギになる髪の毛もいい感じ。


131:スペースNo.な-74:2009/01/30(金) 07:30:23

ペンの強弱ってどういう所を太く
どういう所を細くしてる?
なんだかメリハリがないんだ…


134:スペースNo.な-74:2009/01/30(金) 12:45:02

>>131
光あたるとこ細く影側の部分太く


172:スペースNo.な-74:2009/04/19(日) 16:12:08

ペン入れすると線がスッキリしすぎてガクっと下手な絵になっちゃう

トレス台使って水彩紙に清書してるんだけど、用紙が分厚くて薄くしか写らないし分からない事だらけです
薄目の水彩紙って何かありませんか??


173:スペースNo.な-74:2009/04/27(月) 19:14:51

>ペン入れすると線がスッキリしすぎてガクっと下手な絵になっちゃう

下描きで迷い線が多いことない?
その上、正解の線が途中で分からなくなって適当に線を引いてるんじゃない?(ペン入れで)
下描きが完成したら正解と思われる線を濃いシャー芯でなぞって余計な線を消す、
その下描きのとうりにペン入れしたら、まんま下描きにインクが乗っかるはずだから
ペン入れが原因で下手になる事はないんじゃないか?

それでも「下手な絵になっちゃう」んだったら下描きからして下手なんだよ。


174:スペースNo.な-74:2009/04/29(水) 22:59:29

線が単調すぎたりぶれてる線でもヘタに見えるよ
線が死んでるっていう状態
細い筆ペンでペンいれてタッチを研究してみてもいいかもしれない


175:スペースNo.な-74:2009/04/29(水) 23:25:51

下描きの方が上手に見えるのは目がいい線拾ってるだけって言われてるしね
塗りで魅せる人は線画ピンの出来は関係ないんじゃね?って思うけど


181:スペースNo.な-74:2009/06/15(月) 22:04:35

どうしても「入り」がぶれる…
始点にペン先をトンと置いて、いったん止まった状態からぐーっと引いてるんですが、
このやり方間違ってますか?
ペンを動かしつつ「入る」ほうがいいんでしょうか。


182:スペースNo.な-74:2009/06/15(月) 22:28:46

飛行機の着陸時みたいにスッとそっと入った方がいいんでない


187:181:2009/06/16(火) 17:05:58

>>182
練習してみます。ありがとうございます。


634:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 23:10:57.12 ID:vLbEJbSV

うまい人のアタリとか三十秒ドローイングとか見てると少ない線で体の曲線が表現できてて凄いなあと思う
なんか曲線引くとき線のこすったのを繋げた感じになるから見苦しいというかみっともないというかになってしまう
やっぱまず人体の理解から始めるべきなのかなあ


635:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 23:27:01.08 ID:xDhLese4

まず直線をフリーハンドでビシッと引けるようになる練習からはじめよ。
2点を打ってそれを結ぶのだ。縦の線を引くときはは肘の開きに注意せよ。

円は多角形の延長だから六角形や八角形を一筆書きで綺麗に書けるように練習。


636:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 00:24:45.15 ID:RkOE5qqb

ドロワー見ると、絵で食ってるような人でも
結構書き直したりとかしてて面白い


640:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 07:31:48.17 ID:GstnNGZd

>>636
完成品見るとサラッと描いたように見えるんだけど
ゆっくり再生して見るとけっこういじくり回してるんだよね


638:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 02:29:00.47 ID:jnjnexnp

何にしても上手い人って失敗してもリカバーするのが上手いんだよな
リカバーする方法をたくさん知ってたり
まあデジタルに限って言えばリカバーが簡単になったけどな


641:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 09:57:41.63 ID:QZPpAqi5

やっぱり線を描く練習から始めたほうがいいかー
筋肉とかはまあ平行してちょこっとお勉強しよう
レスサンキュう


646:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 13:18:03.68 ID:VfMx2q2x

線を引く練習なんて、練習を始める前の準備運動くらいでやればいいだろ
人体なんか直線と複雑な曲線で構成されているわけだし、人体を描くのは線を引く練習にもなるわけだし
線を引く練習なら人体を描いてる時に、こんな線が引きたい!って思いながらやればいいんじゃね?


647:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 13:23:59.45 ID:NOywgZoy

ラフを描く時に細い薄い線じゃなくて太い濃い線で描く
薄い線は誤魔化しが利くからね


668:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/17(土) 20:53:22.38 ID:JeP0xTGB

>>647
一本の線だけだったら逆だろ
太い線の方が誤魔化しきく


648:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 13:35:49.30 ID:GR2hux5m

細くて濃い線の方が良くない?
最近真ん中周辺だけ見ながらクロッキーやラフ描きすんのがマイブーム。


651:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 15:06:38.07 ID:NOywgZoy

>>648
自分が「誤魔化しが利かない線」って思うならどんな線でもいいかも
とにかく逃げ道を無くすことが大事
特に迷い線が多い人は注意だね


650:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 14:25:25.27 ID:EGr4gWLH

最初から太い線を描くのはすでに理想のラインが頭の中にできあがっており
それを実際にひくことができる人のみ有効な手段。
普通の人はたくさんの線から理想的なラインを見つけ出す作業(ラフ→下書き)を
行う方が効率が高い。


651:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 15:06:38.07 ID:NOywgZoy

>>650
それは完成品を描く時までの速度的な効率じゃない?
僕が言ってるのは、上手くなる為の練習効率の方ね

「理想のラインが出来上がってる人がやること」じゃなくて
「理想のラインを作れるように練習しよう」って事です


652:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 15:21:58.75 ID:EGr4gWLH

それは理想的なラインが一発で描けるようになるまでCtrl+Zを行うってことなの?
それならば分かるけどそうでないならば練習方法としてはほとんどの人にとっては
無意味な練習だと思う。


654:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 16:31:10.62 ID:gxl45Cvx

線って不思議だ、ただ何も考えずトレースしても
全然違った印象の絵になる


655:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 19:07:44.52 ID:Y4FS7Qlc

線の練習とかどうでもいい
絵を描く事自体が既に線の練習みたいなもんだから勝手に上手くなる
一定の技術もない奴が線だけ滅茶苦茶上手くなることもない
色々な練習をしてそれが後になって線に生きてくる事もある
どの練習、あの練習というより、全てを同時進行で練習した方がいい


656:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 19:36:05.20 ID:Qhg/VUNH

俺は、練習の最初の時間に準備運動も兼ねて線を引く訓練やってる
どんなに気分が乗らない時でも、気楽にそれをやれば自然と集中できる
ただし、全力でやるから腕と肩がちょっと疲れるのが難点かな


754:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 13:31:12.25 ID:vPIWn/h+

毎日描いててデッサン力は上がった気がするんだが、線が全くうまくならない
まっすぐ描こうとしてもぶれるし
そんなもん?


755:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 14:05:59.25 ID:KvQ7FdzO

ぶれない線なんて自在定規でも使えば良い
時間の無駄、人間が描く線はあえて味を出す方向に特化した方がいい


756:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 16:02:05.08 ID:er2GBTFg

日本画だと運筆といって線の描き方だけをひたすら特訓させるメニューがある
日本画のように筆と墨でやる必要はないが、
要は鉛筆なりペンなりで見本を用意してそれと同じ線を引けるよう練習すればいい


758:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 18:02:45.94 ID:0tmK/MXE

肩で線を引くのさ
肘から先は動かさないイメージ


761:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 18:43:25.66 ID:h+jbLYo4

真っ直ぐな線を引きたいなら筋トレしようね
いや割とマジで


763:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 19:36:45.96 ID:0tmK/MXE

真っ直ぐな線を引く練習法
1.始める前に肩とか首とか腕とか手首のストレッチ
2.2L位のペットボトルに水を入れて左右の肩の筋トレ(詳しくは調べて)
3.肘から先を固定してゆっくり線をひく練習
4.脱力した状態で一気に線を引く練習

3の時は全力でゆっくり引くように注意
線がプルプル震えるけど、できるだけ直線に近づけようという意識でやる

どっかでこの方法を見て練習の最初にやってるけど、なかなかいい感じだよ


787:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/26(月) 01:52:33.13 ID:y+JQYe2G

>>763
筋トレして肘で引けば良いのか
ストレッチするのは良さそうだな、早速実践して見るサンクス





ちょうど今、配信でペン入れ(線の引く)の練習をしていた所なので、
少し、私の絵を紹介したいと思います。
ちなみに、デジタルです。

■下書き

魔法使い下書き


■ペン入れ

魔法使い線入れ一回目


管理人「ふ~。うーん、我ながら、なかなかの良い出来だな(^-^)」
   「絵が上手い友人Aさんに見せるかー。」
   「Aさん、ちょっと絵を描いてみたんだけど見てくれない?」

Aさん「ほほう、どれどれ・・・・。」
   「うーん・・・。管理人さん。なんと言うか。うーん」

管理人「ん?どうしました?」

Aさん「憶測で言うけど、ペン入れや線の引く練習してないでしょ?」
   「なんというか、素朴というか塗り絵の線画みたいに見えるよこれ。」

管理人「えーーーーーーーー!(T-T)」

Aさん「アドバイスとして」
   「解像度(キャンバスサイズ)が低い(線画の時は解像度を大きめにする)
    (2400x3200だったけど、倍の4800x6400ぐらいが良いとのこと)
    ※色塗り時は、これを縮小して塗るのが良い
   「線が太い(解像度が小さいため、線の太さが小さくても大きくなっている)
    から細くした方がいい
   「線の強弱がなく、一定の太さになっている

管理人「ぐさっ!∑(゜■゜)」
   「練習しなおしてくるよ・・・・。」


という事があった後に


■ペン入れ2回目(アドバイス反映)

魔法使い線入れやり直し



■ペン入れで意識した所

1:光の方向によって線の太さを変える
・修正前
気を付けた事_光の方向によっての線の太さ1

・修正後
気を付けた事_光の方向によっての線の太さ


2:線の重なりによって少し太くする(影をつける感じ)
・修正前
気を付けた事_線の重なり部分の太さ1

・修正後
気を付けた事_線の重なり部分の太さ2



まだまだ練習が必要ですね。
もっと上手くならなければ!!!

皆さんも、ラフや下書きだけを勉強せずに
同時にペン入れも練習していきましょう!


ではでは。





漫々快々―みんなのマンガがもっとよくなる (Comickersテクニックブック)漫々快々―みんなのマンガがもっとよくなる (Comickersテクニックブック)
菅野 博之,唐沢 よしこ

美術出版社
売り上げランキング : 8642

Amazonで詳しく見る





はてなブックマークに追加する つぶやく

[ 2011/10/12 10:00 ] お絵描きテクニック | CM(18) | このエントリーのはてなブックマーク数 はてなブックマーク - ペン入れのコツと奇麗な線を引く練習方法 | |








おすすめ記事








この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング





コメント

152 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/10/12(水) 11:00:53


修正後の進化っぷりがすげえw


153 : totokoko2さん 投稿日:2011/10/12(水) 11:48:55


私の場合は一日一枚プロの原稿をトレースしてます、あと、アナログで描いてみたり、左手や口で描く。腕立て伏せしてから描いてみたり、目をつぶって強弱をつけるなどしてます。
色々練習して、自分の得意なストロークを見つけたら、そのストロークに合わせて紙を回せばいいと思いますよ


154 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/10/12(水) 18:05:49


更新お疲れ様です。
デジタルで線が太くなってしまうのはそういう事だったんですね・・
キャンパスサイズをもっと大きくすると線が細くなるんですか。

自分は普段からなるべく一本線で描こうとしてます。
あとどこかのスレで見た「ラッラ運動(紅白帽子やズボンのゴムを使って指の筋肉を鍛える運動)」というのも効果ありそうですね。


1186 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/02/24(金) 22:08:04


わざと下手にやっただろ!わかってんだぞ!


1587 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/03/24(土) 15:55:13


修正後の絵、最初に比べてがらっと印象が変わりましたね。
やっぱり強弱って大切なんですね!勉強になりました


6337 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/03/02(土) 12:47:05


最後の修正、ガチで「うわすげっ!」って声でた
少しの違いでも印象が全く変わるものなんだね
上手い人というのは、この少しの違いを安定的に積み重ねることが出来る人なんだろうな
なんにしても練習あるのみですな


6992 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/04/11(木) 15:27:12


修正前と修正後の変化がすごい…
面倒だからってペンの強弱無、太さも同じにしてたけどこんなにも差がでるとは…
勉強になります!


7239 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/05/17(金) 17:44:04


管理人さんやっぱうまいなあ
じぶんもがんばんべー


7529 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/07/03(水) 08:01:45


アナログのGペンすげー勉強になりました


9515 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/11/04(月) 20:28:53


基本的にペンに慣れるとはペンを持っている時の力加減を
覚えることだってアシスタント先の先生に教えてもらった

具体的な練習はカケアミやナワアミを綺麗に描けるようになれと言われた
トーンであるものだけど自分で描けるよう練習するといいって
上達の具合が美しいカケアミかどうかで自分ではっきり
確認できるからいいよって事だった

よく無意味に丸とか平行線とか引く練習法があるけど
あれより気を遣ってすごく時間がかかる
最初は線もガタガタだし重なりが出来て、ブロックごとの境界が汚かった
だけどゆっくり丁寧に毎日やったら一ヶ月で見違えるほど線が
綺麗に引けるようになっていったよ


10499 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/01/17(金) 18:29:21


筋肉つきすぎて動きが堅くなったぜ、ストレッチハマり過ぎるのも危険なのだぜ。
教訓「程よくストレッチしましょう」あと呼吸訓練もおススメ、呼吸も整って線のぶれが減ったべ。
そして何より呼吸が楽で疲れないのがいい


11921 : 以下、おまえらにかわりましてあなた方がお送りしますさん 投稿日:2014/05/25(日) 23:57:38


綺麗な線が描けるのは有難いのだけど、綺麗に仕上がりすぎると
画面が平面っぽいつうか、のっぺりしちゃうわけさ。
みんな汚い線より綺麗な線を描くことに重きを置いてるみたいだけど
綺麗に描こうと思えば、イラストスタジオ、コミックスタジオあたりだと曲線ツール利用すれば
カンタンに綺麗な髪の毛を描けるけど、目指してる画風とあわなくて、今も葛藤してるよ。


12738 : 名無しさんさん 投稿日:2014/12/02(火) 12:20:37


管理人さんのやり直し後、線の太さだけでなく、胸も良くなったりしてるw
線だけじゃないじゃないかコラw


12875 : とおりすがりのおっさんさん 投稿日:2015/01/07(水) 22:42:12


描いてりゃ線画が上手くなるには異論ですね。コツや技術を意識して描かないと上手くならないです。筋トレと一緒です。一つ一つ意識して線を引くことが大事です。


13119 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/04/11(土) 09:46:04


自分の筆圧とか絵柄とかクセに合ったペン先を選ぶのも大事。
同じGペンでもかなり違うし、Gにこだわる必要も無い。


13616 : えさん 投稿日:2016/08/12(金) 14:55:59


今なにしてますか?


13719 : 名無しの絵師さん 投稿日:2017/03/20(月) 11:41:02


管理人のビフォーアフターすごいな。進化早いw


13739 : 名無しの絵師さん 投稿日:2017/05/14(日) 20:56:55


太く描きすぎて失敗したと思った線でも
微修正してキレイな線に直しちゃう裏技もあるよん



コメントの投稿

*コメントは承認制です。反映されるには時間がかかります。
 他人を不快にする言葉はお控えください。
 禁止ワードが多い場合はIP規制され閲覧が出来なくなりますのでご了承ください。
 httpは禁止ワードに設定しています。




















デジタル(#2)首(#2)Wacom(#11)キャラクター(#1)カラーリング(#1)鳥居(#1)デッサン人形(#5)お絵描き支援ツール(#4)お題(#6)Phtoshop(#1)パステル(#1)メイキング動画(#6)青ペン先生(#2)体(#7)線の引く練習(#1)龍(#1)デザインドール(#2)レビュー(#1)耳(#1)SNS(#6)ハイライト(#1)3DS(#2)髪型(#1)グロー(#1)CLIP_STUDIO(#1)日記(#3)表情(#2)メガネ(#1)セルシス(#12)テクニック(#129)フリル(#1)お絵かきスレ(#1)書籍(#4)Controller(#1)漫画家(#4)リアリズム(#1)塗り(#12)ブラシ(#6)任天堂(#1)お題絵(#1)PIXIA(#1)お絵描き向上法(#3)設定(#1)絵師(#2)プロ(#10)イベント(#1)ポーズ(#5)アタリ(#2)お絵描きあるある(#2)赤ペン先生(#14)ワンピース(#1)LivePainting(#1)講座(#108)炎(#1)ちびキャラ(#1)肩こり(#1)ルーミス(#1)眼鏡(#1)コンテスト(#2)ジブリ(#1)絵柄(#1)ポーズ集(#3)宇宙(#1)手の描き方(#1)しょこたん(#1)ウサギ(#1)ベタ(#1)色塗り(#51)線画(#4)ふかん(#1)雑談(#3)補助デバイス(#1)印鑑(#1)練習法(#3)あたり(#3)アナログ(#6)製作過程(#1)エアブラシ(#1)リアル(#1)ネーム(#2)OpenCanvas(#1)Adobe(#10)青ペン(#1)Drawing(#1)言い訳(#1)上達法(#23)イラスタ(#1)しわ(#2)髪の毛(#1)胴(#2)アンケート(#2)4コマ漫画(#1)トランスフォーマー(#1)まどかマギカ(#1)コピック(#3)空間把握(#1)海外講座(#1)拡張子(#1)良くない構図(#1)男(#1)水彩(#6)俯瞰(#2)動物(#3)和風(#1)らくがき(#1)影の付け方(#1)カード(#1)モニタ(#1)正月(#1)素材(#4)参考HP(#13)トレース(#2)記号(#1)パース(#4)ホビージャパン(#2)イメージで描く!(#1)腕(#1)ドラゴン(#2)GIMP(#2)東方(#5)リフレッシュ法(#1)アニメーター(#3)CLIPSTUDIO(#2)Intuos(#1)イラスト投稿サイト(#1)ナイフ(#1)犬(#1)笑い話(#1)オリジナル(#1)発光(#1)厚塗り(#8)袴(#1)お勧め(#12)右脳(#1)下着(#1)お絵描き素材(#1)QUMARION(#1)参考書籍(#12)考え方(#70)模様(#2)フリーソフト(#1)ワコム(#3)下着メーカー(#1)ジャンプ(#1)Pixiv講座(#2)幸せな瞬間(#1)スランプ(#1)もやしもん(#1)ラフ(#1)GIMP(#1)構図(#4)練習(#2)上達書籍(#1)鉛筆(#2)ストーリーの考え方(#1)お絵描き用道具(#3)SAI(#8)勉強(#5)ポケモン(#3)装飾(#1)塗り方(#1)アート(#3)配色(#5)浮世絵(#1)靴(#1)枠(#1)リアル絵(#1)仕事(#3)ポートフォリオ(#1)つけペン(#3)タブレット(#3)大友昇平(#1)あるある(#1)書籍紹介(#1)しぐさ(#2)アングル(#1)Suimy(#1)レース(#1)今と昔の比較(#2)おもしろ(#2)行進絵(#1)芸術(#2)人の描き方(#46)筋肉の描き方(#5)Photoshop(#12)ゲーム(#3)ペンタブ(#15)画力向上講座集(#1)着物(#3)メンズ(#1)悩み(#1)png(#1)モンスターハンター(#1)顔の描き方(#17)上半身(#1)準備体操(#1)ハンコ(#1)ご挨拶(#1)丸ペン(#1)馬(#1)ブラシ設定(#2)口(#1)服のしわの描き方(#1)エロゲー塗り(#1)しまむらくん(#1)狼(#1)なかよし(#3)特徴(#1)画力上達書籍(#1)サイト(#3)海外サイト(#1)筋肉(#14)尻(#1)動画サイト(#1)創造(#1)おっぱい(#2)漫画(#39)スクールペン(#1)プリンストン(#4)目標(#2)花(#1)動画(#9)SMS(#1)民族衣装(#1)テクスチャ(#10)陰(#1)カフェアート(#1)Pixlr(#1)ストレッチ(#1)redjuice(#1)おもちゃ(#1)鼻(#1)参考書(#5)描き方(#12)男性(#2)Tab-Mate(#1)線(#1)向上法(#40)アンケート結果(#1)テーマカラー(#1)アプリ(#1)講座動画(#1)カラーハーフトーン(#1)シワ(#1)ペイント(#1)Pixiv(#1)人体(#4)武器(#1)塗り絵(#1)モチベーションアップ法(#1)マンガ(#2)質問(#1)図書館(#1)ブックスタンド(#1)グリザイユ(#3)解剖学(#1)ツール(#11)GIF(#1)リフレッシュ(#1)フィルター(#1)岸田メル(#3)感情表現(#1)ニュース(#15)髪(#6)パンツ(#3)同人(#1)まとめ(#10)水彩色鉛筆(#1)世界観(#1)上達(#1)立体把握(#1)ソーシャル(#1)蝶(#1)顔(#17)影(#2)目(#6)液タブ(#1)ペンタブレット(#1)木(#1)wacom(#1)ワキ(#1)CLIP(#4)和紙(#1)肘(#1)相場(#1)資料(#3)光(#2)ドット絵(#2)コミスタ(#3)鼠(#1)フォント(#2)レイヤー(#1)唇(#1)画材(#1)お絵描きスレ(#5)色の塗り方(#1)ペイントソフト(#7)イラストレーター(#1)おやつ(#1)カラー(#1)ドローイング(#1)AKIRA(#1)配信(#1)年賀はがき(#1)猫(#3)RPG(#1)クリスマス(#1)色鉛筆(#11)アイドルマスター(#1)Gペン(#4)和服(#2)質問と答え(#1)デフォルメ(#5)胸(#1)作業場(#1)神社(#1)眼(#1)練習方法(#2)FireAlpaca(#1)妖怪(#1)リメイク(#5)gif(#1)絵コンテ(#1)水(#2)マウス(#2)フリー素材(#11)コミケ(#1)色彩(#1)ステンドグラス(#1)背景の描き方(#1)創作(#1)Pixiv(#94)萌え(#1)ボット(#1)スカート(#3)iPad(#1)就職(#1)イラスト(#7)ボブ・ロス(#1)背景(#13)モンスター(#1)着色テクニック(#1)重心(#1)たこ焼き(#1)肩(#2)脚(#2)クリスタ(#3)頭骸骨(#1)メイキング(#84)アニメ(#5)ツイッター(#2)ドラゴンクエスト(#1)塗(#3)ペン入れ(#2)講座集(#1)足(#1)擬人化(#2)顎(#1)骨(#7)bot(#2)Intuos5(#2)CLIPPAINT(#1)落書き(#2)ロボット(#4)販売(#1)同人誌(#3)花柄(#1)お勧めHP(#1)萌え絵(#4)鳥(#2)勉強法(#3)骨の描き方(#4)健康法(#1)疲れ目(#1)骨格(#1)模写(#5)赤ペン(#2)プリキュア(#3)面白(#1)筆ペン(#2)比率(#1)漫画の描き方(#3)体の描き方(#8)制作現場(#1)コツ(#1)疑問(#1)大友克洋(#1)切り絵(#2)インタビュー(#1)ペンの持ち方(#1)CGHUB(#1)お絵かき用道具(#2)宮崎駿(#1)安価(#30)理由(#1)デッサン(#8)遠近法(#1)腱鞘炎(#1)お絵描き上達法(#1)資料サイト(#2)
人気ブログランキングへ