ペン入れの上達方法と、ペンの持ち方 はてなブックマーク - ペン入れの上達方法と、ペンの持ち方


快描教室プラス(+) (Comickersテクニックブック)




1:スペースNo.な-74:01/09/02 19:15:00:00

やっぱりペン入れの上達する方法は、努力するしかないですか?

みなさんはどんなペンを使ってますか?
ちなみに私は日本字ペンです。


2:スペースNo.な-74:01/09/02 19:30:00:00

描いて描いて描きまくれ


3:スペースNo.な-74:01/09/02 19:50:00:00

具体的には、イリとヌキ。
どこからペンを始め(イリ)、どこで切る(ヌキ)か。
これが極意。
っつーか、これしかないので、なんか手本になる作家さんの
絵でも見ながら練習しなさいな。


9:スペースNo.な-74:01/09/02 23:06:00:00

確か「快画教室」に書いてあったんだけど
写真から線を起こしてトレースするっていうのがあった。
書き慣れない線も描かなきゃいけないので
上達するんだそうだ。
使う写真は好きな芸能人がいいとか(頑張るから)


10:スペースNo.な-74:01/09/02 23:42:00:00

人物に関しては、とりあえず、髪の毛の抜きを綺麗にに決められるかどうか
あたりが目標になるんじゃないでしょうか。



11:スペースNo.な-74:01/09/03 00:14:00:00

髪の毛・・・いかに細い線をよれさせずに描くかが
目下の目標・・・長い髪の毛ってどうすれば綺麗にペン入れできるのか
ご存知の方いらっしゃったら教えてください。


12:スペースNo.な-74:01/09/03 00:17:00:00

長い髪は、いつもPCに取り込んでからパスで引いちゃう
それが一番、絶対に綺麗なんだもん・・・


18:スペースNo.な-74:01/09/03 21:04:00:00

>>12
それ、言えてる。


14:スペースNo.な-74:01/09/03 04:15:00:00

長い髪の毛は手首ではなく腕全体で引く!
手首で引こうとするとぶつぶつ切れたりして綺麗にいきません。
練習してれば思った位置で止められるようになるよ、
はじめの内は全然違うとこに髪の毛が向かっちゃいますが。


15:スペースNo.な-74:01/09/03 05:03:00:00

良く、↑みたいに腕全体を使うっていうけど
どーやんの?習字みたいに腕を浮かして?


16:スペースNo.な-74:01/09/03 05:42:00:00

でも肘あげるとぶれるって人多いよな
まあ、結局なれさぁね


41:スペースNo.な-74:01/09/12 01:59:00:00

私もペン入れすげー下手だけど、下描きの線減らして消しゴムで薄くしてから
ペン入れするようにしたらちょっとはマシになった気がする。


43:スペースNo.な-74:01/09/12 02:31:00:00

トレス台使うといいよ。
下書きを方眼紙に描いて、上に原稿用紙のせていきなりペンでトレスするの。
ペン入れし忘れもないし、クリアな線で描けるから、上達につながると思う。
消しゴムかけもいらないから、絶対おススメ。


78:スペースNo.な-74:01/09/16 08:04:00:00

ペン入れは、結局イリヌキしかない。
ただし、下書きの輪郭線の、どの部分からペンを入れどこで抜くかってのもある。
頬の頂点で一旦抜いてみたり、髪の毛のカーブ部分だけ先に入れてから間を書き足すとか。
どのへんを太くするとかは、所詮画風だし真似のし様もある。要はツナギをどうするかに
掛かってくるのかも。


79:スペースNo.な-74:01/09/16 13:13:00:00

いま>78がいいこと言った!


89: :01/09/19 22:38:00:00

オレは筆圧が強すぎてペン入れが出来ないので、(やってもペン割れまくり、引っかかりまくり)
つけペンの変わりに シャーペンでペン入れして着色してるよ。
そしたら筆圧が高いのが幸いしてか ペン入れしたっぽい絵が描ける様になったよ。(ワラ

だから 別に画材ややり方(つけペンでペン入れという作業をする)に
拘らなくてもいいと思う。
要は最後に良い物が出来ていればそれでOKかも。


150:スペースNo.な-74:01/09/30 23:42:00:00

下書きの線を意識してペン入れが上手くいかないってのは
単に量をこなしてないからだと思う。
ペンに慣れれば下書きよりペン入れした後の出来上がりの線が
見えてくるようになるよ。
あと、私はペン入れをしやすいように髪の毛とか目の中とかはアタリだけにしておくよ。


154:スペースNo.な-74:01/10/01 00:11:00:00

下書きの線を再現しようとせずに
「下書きよりいい線で描いてやる!」
くらいの意気込みで描くといいです。


156:スペースNo.な-74:01/10/01 03:15:00:00

「ちょうちん」の効用を見失っている奴がたまにいるが、
習字じゃないんだから、ちょうちんもありだぞ。


158:スペースNo.な-74:01/10/01 19:37:00:00

>156
ちょうちんってなんですか?


167: :01/10/03 23:39:00:00

>>158
同じ線を何度もなぞって形を整え、あたかも、一筆で綺麗に描いたかの
ようにすること。
ちょうちん屋がちょうちんに字を描く時の手法から。
毛筆習字では邪道とされる(藁


170:スペースNo.な-74:01/10/04 02:33:00:00

>>167
ふむ、漫画を描くのに邪道もなにもないよなー


172:スペースNo.な-74:01/10/04 07:30:00:00

>>167
そうか、やっぱりそういうのもアリか!
みんな綺麗に長く一息で線を引けなんて言うから
駄目なのかと思ってたYO!


174:スペースNo.な-74:01/10/04 09:57:00:00

>>172
一気に引けた方がきれいなんだけどなかなかそうはいかんのよ(泣


173:いつもそうしてたのだが…:01/10/04 07:35:00:00

>>167
つーか、それが通常技だと思ってたオレは逝ってヨシ?(´д`)


176:スペースNo.な-74:01/10/04 21:37:00:00

>167みたいなやり方もするけど、最悪は後でホワイトで線の輪郭を整えます。
線をつないだとこがでこぼこになると、つなぎ目を太くして段差をなくし、しかるのちにホワイトで細くする。
あまり綺麗には出来ないから、顔の輪郭とか目立つところではやっちゃダメ!
つか俺逝ってヨシ?


178:スペースNo.な-74:01/10/05 00:13:00:00

>>176
ホワイトは基本的に使わないほうがいいよ。
多少はみ出しても我慢して使うのを控えれば次からは気をつけるようになるよ。
あくまで最後の仕上げに使おう。


177:スペースNo.な-74:01/10/04 23:01:00:00

>176
私も良くやる。同志よ…


184:スペースNo.な-74:01/10/06 05:55:00:00

消せないペン(ボールペンとか)で100体なんでもいいから描け
間違っても消すな、ページも破らない捨てない。100ページ目には
1ページ目より確実にスキルアップしてるはずda

線画うまくなるってことは無駄な線を入れなくなるってことさ
描くスピードも速くなるよ


190:名無しさん@そうだドライブへ行こう:01/10/07 04:03:00:00

>>184
漏れも同じ手法で絵が変わった。


231:スペースNo.な-74:01/11/18 17:37:00:00

私も>>184やってみようと思いマス。
このスレなかなか良いですね!勉強になります。まず身近に出来る事から…。


185:スペースNo.な-74:01/10/06 12:03:00:00

しかし短期間で習得するのなら、パストレの方が早く見られるレベルに到達しやすいと思うぞ
付けペン使いこなすのなんて年単位の時間がかかる
それに失敗してもやり直しがきくのは大きい(w

それも嫌なら、紙重ねて鉛筆トレスはどうか


186:スペースNo.な-74:01/10/06 14:02:00:00

ペンタッチって短期間にいっぱい描いた方が上達しやすいよ。
付けペンでプロ漫画家のトレスをやったら短期間で上達が実感できた。
やり方は家にある漫画雑誌の適当なページをトレス、紙はコピー用紙で充分。
その作家のペンタッチを真似てペンを入れていく。
出来るだけ速く描くようにする、重ね描きや描き直しはしない。
人物だけなら1枚10分を目安に一日5枚ぐらい、
2週間続けたら見違えるように上手くなりました。
私の場合はほとんど練習しなくてもペンタッチがきれいと誉められるから
才能もあるかも知れないけど、とにかく描いて、それから自分の弱点を補強する
ツールを選んでも遅くないじゃん?


220:スペースNo.な-74:01/11/10 08:56:00:00

184の書いてることを実践してみた。
大学ノート2册分、ハイテックで埋めまくった。
模写したり、苦手な全身図描いたり。
そしたら、あら不思議、ホントにペン入れが以前より
断然綺麗になったよ!!
抜きも入りも全く関係ないのにね?
なんてゆうか、ペン先が柔らかく動くようになったって感じ?
なんでなんだろう?良くわからないけど、184さん、感謝!!


223:スペースNo.な-74:01/11/14 02:28:00:00

>>220
マジ?
私もやろうかな?


224:220:01/11/14 05:10:00:00

>223
まじですよ。
しかも仕上がるスピードが速くなりました。
なるべくきれいな線で(重ねてもいいから)書くようにすると
いいかもしれない。
さらに下書きも速くなった…うれしい。


226:220:01/11/14 20:35:00:00

>225
184でなくてすまんのですが、実践した感じでは、アタリもなにも入れず、
いきなり描くことをお薦めします。ただ、ササッと描くんじゃなく、
「ここにこの線を入れていいよな?ここだよな?」と自問しながら
描いていく感じかな。
どうせ落書きで、他人に見せるものじゃないし、崩れても気にしないで
次の余白を埋めていきましょう。
たぶん、絵が上手くなる練習法ではなく、線を自信もって引けるようになる
練習だと思うので。

それから最近気が付いたんだけど、青芯で下絵描くと、
鉛筆線の黒さに惑わされなくてペン入れしやすいね。
メーカーによってはインクはじくこともあるけど。


229:スペースNo.な-74:01/11/16 09:01:00:00

225です。

>>226
>たぶん、絵が上手くなる練習法ではなく、線を自信もって引けるようになる
練習だと思うので。

なるほど。
たしかに自分の線がガクガクなのはそのせいでしょうね。
直描きだと目からじゃないと描けんのですががんばってみます。


251:スペースNo.な-74:01/12/13 15:56:00:00

ペンの角度を描く線によって変えてみると、けっこういいよ。
なめらかな長い曲線を引くときはペンを寝かして、
細かく描くときはペンを立てるとかね。


259:スペースNo.な-74:01/12/20 03:38:00:00

質問。
ペン入れで主線を一発描きでなく、何回もなぞって描く事もあるけど(特に太い線)
ともすると線がガタガタになってしまい、一発描きの線のようなシャープな感じが
失われる事がよくある。 ペンはGペンつかってるんですが、何回もなぞる描き方の
場合はもっと適したペン先があるのかな? それとも、何か線の重ね方にコツが
あるのだろうか?


262:スペースNo.な-74:01/12/20 08:47:00:00

>>259
よっぽど太い線の時は輪郭を先に描いておいて後で中を塗りつぶすという
テもアリ。


261:スペースNo.な-74:01/12/20 05:25:00:00

>259
要練習。
あと筆ペン使うとか。


263:スペースNo.な-74:01/12/20 17:20:00:00

筆ペンはクレタケがよい。毛がそろっていて先が細くて、抜きと入りがきれいに出る。
個人的は筆ペンは内臓のインクを使うより、インクにつけて使ったほうがよい
仕上がりになると思ふ。


265:スペースNo.な-74:01/12/20 18:30:00:00

ヨイスレだ。
ageとくぞ。


317:スペースNo.な-74:02/04/19 17:20:00:00

あの、質問なんですが、みなさんは描く時、ペン先肘や手を紙につけない状態で
描いてるんですよね。俺の場合、肘はともかく手がついてないと、
まともに線が引けません。こういうのって訓練すれば揺れないようになるんでしょうか?


320:スペースNo.な-74:02/04/19 18:52:00:00

>>317
書道じゃないんだからそんなことはしないと思われ・・・
それとも漏れが間違ってるのか?


318:スペースNo.な-74:02/04/19 17:59:00:00

え?え?え?
もうベタベタにつきまくってるけど?
(だからティッシュとか紙とか引いてる)
これはむしろ普通でないの?
だって力入らないじゃん!


319:スペースNo.な-74:02/04/19 18:22:00:00

>>318
よく腕で描けって聞くんですが、それだと手首だけで描いちゃいませんか?
てっきり腕で描くってのは、紙につくのはペン先のみで、
さらさらと描くことだと思ってたんですが…


321:スペースNo.な-74:02/04/19 19:37:00:00

腕で描けっていうのは勢いのいる線とか
長いとか、直線とか大きい絵の時で、
細かい所は普通に…


322:スペースNo.な-74:02/04/19 19:55:00:00

そうだったのか(;´Д`)
ありがとうございました。


363:スペースNo.な-74:02/08/09 01:48:00:00

多分、既に出ていると思われるが
敢えて言わせてくれ。
「紙を回せ!!」と
「自分の引きやすいペンの方向(↑↓→←)が解ったら、下書きにあわせて紙を回せ!」
「そんで、チョコチョコ線をつないでいけ(最初カクカクでもそのうち上手くなる)!!」
「そんで、数をこなせば、量産ペースを上げるために自然にいろんな方向に線を引ける様になる。」
「それ以上は、何事も慣れだな。」

僕が言えるのはそれだけ、、、


364:スペースNo.な-74:02/08/13 21:29:00:00

最近、自分の線にメリハリがないのが悩みです
入り抜きの色っぽい線が引けません、引けないというか、
どこで入りにしてどこで抜けば良いかが解らないと言った方が正しいかも
なんか、学ぶのに良いものは無いでしょうか?


366:スペースNo.な-74:02/08/14 00:17:00:00

>>364
『快描教室』あたりに書いてある。読んでみるべし
でも
「入り」、「抜き」なんぞ気にせずとも良いとも書かれている


365:スペースNo.な-74:02/08/13 22:27:00:00

どんどん試す。
下描きを描いたら、トレス台にのせて、ペン入れの練習をしまくる。
他人の絵をみてそのまま真似ばかりしていたら、自分の
線を見失ってしまうから注意してがんばれよ。


367:364:02/08/14 03:50:00:00

365-366
アリガトウ。
がんばってみまつ。


393:スペースNo.な-74:02/08/19 10:12:00:00

結局手首は机につけていいんですか?ダメなんですか?
手首(手の腹か)がついていると肘・肩は使えない気がしまつ。


396:スペースNo.な-74:02/08/19 12:37:00:00

>>393
短い線→手首をつけてかく
ちょっと長い線→肘でかく
長い線→肩も意識してかく

ってことじゃないの?
良いも悪いもないっしょ


394:スペースNo.な-74:02/08/19 11:57:00:00

できるけど、別に年中、肘・肩使って描くわけじゃないし。肩凝っちまうよ。
慣れれば、肘、肩を使って描かなきゃならない線を描こうとすると無意識に
手首を持ち上げるように浮かせて描くようになるんだな、これが。

ただ、手首つけてても、摩擦が小さくなるように工夫すれば肘も肩も支えるよ。
手の下に紙ひいたり手袋するとかね。
乾燥肌の人はこれらをしなくても出来る。

俺が周りの連中を見た限りでは、こんな感じだな。


401:スペースNo.な-74:02/08/19 18:48:00:00

>>394
そんな感じだよな。ヒジを使って描くとしても、ほんのちょっとは手首が紙に触れてる気がする。
手首っていうか、小指の付け根?紙をなでるように。その方が安定するような。


448:スペースNo.な-74:02/08/23 22:46:00:00

線が一番細く自然に描けるの
ってどの種類のが一番いいんだ?
相当ガイシュツだけど誰か教えてくれ!!!!


454:スペースNo.な-74:02/08/24 09:09:00:00

>>448
丸ペンと、おろしたてのGペン。

ただし、おろしたてのGペンで全然力を入れないで描くのは
本当に細くて、しかも柔らかく綺麗な線が書けるけど
力入れないで描くと黒が薄くて印刷に出ないので
墨汁やゾルのような真っ黒なインクを使わないといけない、という罠。


529:スペースNo.な-74:02/08/30 19:48:00:00

別スレから誘導されてきました。質問です。

当方筆圧が大変強く(習字が長かったため)、細い線が欲しいのですが
どうしても線が太ってしまいます。
タチカワ丸ペン・ゼブラ丸ペンを裏返して使用していますが
紙にひっかかってしまい、目だった効果がありません。

私のように筆圧が強い人間が細い線を出すのに
いい方法はあるのでしょうか?
やはり描き慣れるのが一番でしょうか。
別ブランドのペン先で細い線が描けるものがあるのでしょうか?

よろしくお願いします。


531:スペースNo.な-74:02/08/30 19:56:00:00

>>529
イパーン的には、ニッコーの方が細い線が引けるといわれてます。
Gも丸も。特に丸はホントに細い。

結局のところは、慣れだと思うけど。


532:スペースNo.な-74:02/08/30 20:10:00:00

ゼブラのタマペンを紙にホント「置く」様に引いたらほっそい線が描けるけど。


533:スペースNo.な-74:02/08/30 20:26:00:00

よくわからないけど、線の太さは筆圧と直結してると思うので、
ペンを使ってる限り、筆圧が高いまま細い線を引くというのは無理なんでは?
筆圧をコントロールすることを身につけないと、どちらにしろペンで思った通りの線を引くのは難しいんじゃないかな。


535:スペースNo.な-74:02/08/30 20:45:00:00

筆圧が高い場合、線の太さは
Gペン>丸ペン>さじペン>スクールペン
って感じじゃないかな。
丸は筆圧かけないと超細いけど筆圧あるとかなり
ぶっとくなる。


539:スペースNo.な-74:02/08/31 00:03:00:00

俺は丸ペンがいちばん細く引けるな。
確かに、筆圧に線の太さが影響を受けるペンではあると思う。
やっぱり、すごく細い線を引く時は、インクもなるべく黒いものを使った方がいいのかな?


541:スペースNo.な-74:02/08/31 01:10:00:00

インクによっても細さ変わるし
俺が試した中で一番細かったのは
開明ドロイングゾル水性+ニッコーの丸ペン(焼き無し)
丸ペンに筆圧かかるならゼブラのスクール
耐水性はどんなインクでも線が太るヨ


601:スペースNo.な-74:02/09/16 06:15:00:00

まだ不馴れでペンを動かす速度がとても遅いのですが、
(パスの方が早い)
普通はそんなにゆっくり引かないものでしょうか?

以前誰ピカで浦沢直樹のペン入れを見た時は
シャッシャッて感じだったな。。。


602:スペースNo.な-74:02/09/16 11:30:00:00

>>601
いきなりあんなベテランと比べたらアレだけど、
結構早く描くもんだよ。シャッシャッと。

最初は正確に描けないかもしれないけど、そこは練習。


603:スペースNo.な-74:02/09/16 16:54:00:00

やっぱりすんげえゆっくりと描くよりは、
シャーと描いた方がキレイに仕上がりますかね?


604:スペースNo.な-74:02/09/16 18:19:00:00

>>603
たぶんゆっくり描いてるヤツはいないと思う。


611:スペースNo.な-74:02/10/03 14:00:00:00

習字と似てるよね。
ハネとかハライが必要なところは、
ゆっくりやってたら綺麗に出来ないし。


613:スペースNo.な-74:02/10/03 19:59:00:00

勢いよくやったらやったで悲鳴が出るくらいずれる罠。


614:スペースNo.な-74:02/10/03 20:02:00:00

握力鍛えれ。
腺が震えなくなる(マジ)


617:スペースNo.な-74:02/10/03 20:30:00:00

どーしてもキレイに書きたいなら、下書き忠実になぞれるミリペン使え。

鉛筆と付けペンは違うことを念頭に入れろ。
鉛筆で出せるタッチが全てつけペンで出せるわけねーだろ。


619:スペースNo.な-74:02/10/03 21:26:00:00

むかしはふにゃふにゃじゃないけど、ふわふわした線描いてたけど
だんだんかっちり綺麗な線をひくようになってきた。
同時に筆圧があがって同じ枚数描いても手の疲れが格段とアップ…
(線の数が増えたというのもあるだろうけど)

握力鍛えるのは上達と疲れ対策双方に効果あるかもね。


670:スペースNo.な-74:02/10/08 19:47:00:00

あの、ペン入れ苦手な方ぜひいろんなペン先とペン軸をつかてみて下さい。
七年間たくさんペン入れしてきたのにいつもダメで
ヤッパ才能だとおもてたけど
最後の掛けだとおもて使ったことないペン先やペン軸買いまくって
自分に合ったの見つけました。
いきなり鉛筆で書くようにすらすらかけました。
うれしかったけど、これまでの七年はなんだったんだともおもた。。。。


671:スペースNo.な-74:02/10/08 19:53:00:00

おめでとう。
おそらく七年間の修行の成果が実ったものと思われ。
で、どれがベストマッチしたの?


673:スペースNo.な-74:02/10/08 22:11:00:00

>>671
 そう言って頂けるとうれしいでつ。。
 合ったのはゼブラ丸ペンEタイプ。ペン軸はゼブラかタチカワ両用。
 でもそれ以外は今だに使えないです。。。
 Gペンでキレイに描けるのにあこがれる。。。


678:スペースNo.な-74:02/10/14 19:01:00:00

>>673
ゼブラのEタイプか~~。
私はそれでつまづいたクチなので、やっぱり相性ってあるんだなと実感。
インクが下りてこなくて、泣きそうだった。。。
今はタチカワの丸でつ。スラスラ描けて大満足。


674:スペースNo.な-74:02/10/09 15:06:00:00

ペン軸もけっこう重要ですね。
私は、太いタイプにしたら線が安定しました。
つけペン、もうだめぽ・・・と思っていたけど、案外簡単に解決。ほっ。


675:スペースNo.な-74:02/10/10 10:23:00:00

私もペン入れ下手だったんですけど、
タチカワからでてる「新ペン先」っていう万年筆っぽいのを使ってみたら、
すごく綺麗に書けてビックリ。
邪道かもしれないけど、おすすめです。


676:スペースNo.な-74:02/10/10 12:29:00:00

ペンに邪道など無い


689:スペースNo.な-74:02/10/17 09:03:00:00

ペン入れの練習初めて結構経つんですが、いまだにどの線を太くしてどこを細くするべきかが分かりません。
どこで入ってどこで抜けばいいのか、プロの作品を見たりしても、今ひとつ法則性がつかめません。
知ってる方ご教示ください!


690:スペースNo.な-74:02/10/17 09:15:00:00

>>689 ガイシュツ。過去ログくらい読め。


691:スペースNo.な-74:02/10/17 10:17:00:00

>>690
しかしいまだこれといった結論が出ないという罠


692:スペースNo.な-74:02/10/17 10:30:00:00

結論が出ないのが結論なんじゃない?
光が当たってるところは細くとか、頬は太くとか、色々セオリーはあるだろうけど、そんなのたかが知れてると思われ


693:スペースNo.な-74:02/10/17 11:42:00:00

線と線は抜きで繋ぐとプロっぽいと言うか立体感が出る。
甲斐秒教室には「丸みがある部分は細く、支える所を作る」とか書いてあったな。
投稿して複製原稿とか入手できれば一番いいんだけど…。
縮小前だからどこが太くて細いかも分かり易いし、
線をどこで継ぎ足してるかまで見えるしね。
できるだけ印刷のキレイな雑誌を参考にして原寸で模写。これ最強。
コミックスは小さ過ぎて目が寄っちまうからやめとけ。


694:スペースNo.な-74:02/10/17 12:41:00:00

でかい画集とか買ってじっくり分析しよう


700:スペースNo.な-74:02/10/17 20:50:00:00

700ゲト!
いいスレ見つけたなあ!今日は赤飯よ!


713:クリンミセス:02/10/28 22:35:00:00

自分の絵の描き方~
1・線がやたら多くてゴチャゴチャしてる下書きをコピー用紙に書く~。
2・1にペン入れすると、どの線にペン入れしたら正しい形になるのか
  迷ってすごいデッサン狂うので、1の上にコピー用紙を重ねて、シャーペンで
  線を整理しながらトレース。
3・2の上に原稿用紙を重ねてトレースしてやっとペン入れ~。

という手順を踏んでるんですが、「3」の線より「2」の線のほうが
ふんわりしていい線なんですよ。
「3」の線はきれいだけど硬質で冷たい感じの線で…。

こういう場合は、「2」の線を取り込んでトーンカーブでいじって原稿にしたほうが
いい?(・∀・)
それとも、もっとペン入れを鍛錬すべき?


714:スペースNo.な-74:02/10/28 22:52:00:00

>>713
2)の線は「絵を描くための線」だけど、3)の線は「下描きに合わせる為の線」。
3でも「絵を描く」という意識でないと、良い絵にならないと思われ。
特に下描きにきっちりあわせてペンをいれようとすると、絵が死ぬ。


715:スペースNo.な-74:02/10/28 23:29:00:00

ペン線には外側と内側があるよな。
内側の線に納めるようにするんだ。

…我ながら意味が分からん。
ベタ、トーンやると線の生き死になんて錯覚に思えるよな。


845:スペースNo.な-74:02/11/26 05:44:00:00

マジレスすると、よく聞く「ひたすら練習」ってのは間違い。
本来人間の手はかなり精密な作業ができるものなので、ある程度練習しても上達
しない場合は「キレイに引けない原因」が必ずある。それを解明して矯正しない
限り、「ひたすら練習」しても徒労に終わる。
そればかりか、自分が描き続けた「不自由な線の絵」のイメージが知らず知らず
のうちに固着してしまい、絵そのものの上達をも阻害するおそれがある。
闇雲な練習はオススメできない。なにか原因があるはずなので、先ずはそれを
特定するのが先だ。・・・で、以上をふまえた上でカンタンなハナシ。

ペンの持ち方がヘンなヤツは即刻矯正しろ(w そりゃ引けなくて当たり前だ。
筆圧が強いタイプのヒトに多いが、指の腹で強く握りこみ、ペン軸を人差し指
と親指の又に噛み込ませるようにする持ち方は間違っている。「指先でつまむ
ように」持たないとペンはコントロールできない。

次にペン先、ペン軸、インク、紙等の道具を疑う。道具を替えたらイキナリ解決、
というのはよくあるハナシだ。自分にあったモノを探す。「上手なアノ人がアレ
をつかってたから」というのは鵜呑みにしてはいけない。なんでも片っ端から
試してみるといい。
特に注意しなければならないのは、ペン先、インク、紙等の劣化する類のモノだ。
その品質、性能を保っているかどうかを常に確認する必要がある。

これらをチェックしつつ、「練習の絵」ではなく「原稿」を描く。本番の集中力を
もって描いたほうが絶対実になる。

技術については、いろんな意見がでてるので、ひとつだけ。
筆圧が強すぎて上手く引けない人、入りぬきが上手く出来ない人は筆ペンを練習
しましょう。空中でペンをコントロールする感覚が養われ、押し付けなくても
手が動くようになります。


848:スペースNo.な-74:02/11/26 10:47:00:00

>>845
神。


850:スペースNo.な-74:02/11/26 16:16:00:00

>>845
すげえ参考になった、アリガ㌧。

筆ペン綺麗な人はペンも綺麗だもんなーうん。


862:スペースNo.な-74:02/11/30 11:53:00:00

>>845
根本的原因は才能な訳だが…。


868:スペースNo.な-74:02/12/01 15:58:00:00

>>862
「才能」なる言葉を持ち出すほどおおげさなハナシはしていない。

例えば、光源・立体・画の押し出し・白黒のバランス等を考慮した線の強弱その他の
表現技法、いわゆる「ペンタッチ」のハナシならば画力そのものに関わってくる問題だ。
つまり、「どのようなペンタッチで引くべきか」というのは難しい問題だ。各人が自分の
表現したいイメージを具現化すべく実験、考察して技術を積み重ねるしかない。

しかし、その問題にとりかかる以前に「意のままにペンをコントロール」できなければ余計
なつっかかりをするハメになる。

自分が言いたいのは「つけペンは、たしかに誰もがいきなりスラスラ線を引ける代物ではない
が、正しく操作すれば十分にコントロール可能な画材だ」という単純なハナシだ。絵のハナシ
をしているのではない。

整理すると、

・つけペンの特性を引き出す効率的な操作方法というものがある。
・そしてその習得は難しくない。
・間違った操作が原因で上手く使えないのなら、正しい操作を訓練すべきだ。


870:スペースNo.な-74:02/12/01 15:59:00:00

余談。
ペンのストロークは旋回運動が基本だ。正しい持ち方をした場合、大きな旋回軸は肘と手首。
微調整や細かな描画をする「小さな旋回軸」は、指先以外にペン軸が接する点。
すなわち人差し指の側面~付け根関節付近にかけて、になる。

良くない持ち方の一例として>>845 で「筆圧が強いタイプのヒトに多いが、指の腹で強く握り
こみ、ペン軸を人差し指と親指の又に噛み込ませるようにする持ち方は間違っている。」と
書いたが、この持ち方をすると「小さな旋回軸」の旋回運動が出来ない。どうしても「引っ張り
込み運動」になってしまう。旋回軸が固定されずに、グラグラと不安定にスライドする。
これが線がよれる大きな原因だ。「持ち方がヘンでもキレイな線を引く人」というのは、一応
「小さな旋回軸」あるいはペン全体が固定された状態にあり、旋回運動を行なうことができる
持ち方をしているものと思われる。そうでなかったとしたらその人は「器用な人」だ。ここで
はじめて才能のハナシになる(w


849:スペースNo.な-74:02/11/26 16:03:00:00

もち方変でも綺麗な線を描く人はいるけどな


852:スペースNo.な-74:02/11/26 20:03:00:00

>>849
多分その人はそれがジャストフィットなんだろう。
でも大多数の人に合うのは普通に綺麗な持ち方だから、まずは
試してみて損はないと思われます。


869:スペースNo.な-74:02/12/01 15:58:00:00

続き。
つけペンの「クセ」に馴染めず「こんなぶにゃぶにゃガリガリヨレヨレしたもんでどうやって
線なんぞ引くんじゃ!?」とウンザリしてる人、ちょっとヒントになると思うので試してみて。

人差し指と中指の又にペン軸を挟み込み、この二本の指と親指でペンを握る。
この持ち方で白い原稿用紙に野放図に線を引いてみる。驚くほどキレイに引けるはずだ。
ゆっくり引こうが速く引こうが線はまったくビビらない。
まるでボールペンのようにぐるぐると渦巻き模様すら描けると思う。
これは、ほとんど力を込めなくても完全にペン先の角度が固定されるためだ。
リキまないから腕のストロークが素直に反映され、筆圧の入り抜きも腕で簡単にコントロール
できる。つけペンの特性を把握するのには良い実験だと思う。


876:845:02/12/01 20:04:00:00

>>869に書いてあるように、キレイ
に引ける理由が明快だ。何度でも再現できる。ペン先が紙に接地する感覚など、
少しでも「コツ」を知る手がかりになれば幸いだ。

疑うべきは「才能不足・努力不足」ではなく、「道具の相性・特性・操作方法」だ、
というのが自分が学習した結論です。努力はモチロン必要だが、余計な苦労は誰にも
してほしくないと思う。

>っていうか、845さんのアドバイスどおりにペンを持ったら
>タブレットで線を描くのも描きやすい!!!!

そうやってタブレットで描くことが、実はつけペンの訓練にもなるよ。


871:スペースNo.な-74:02/12/01 18:00:00:00

869さん=845さん1?

今、人差し指と中指の間にペンをはさむ持ち方をしてみましたが

びっくり!! この持ち方、本当にスラスラかける…。
(はい、つけペンはガリガリフニャフニャで描きにくいキ~!!
 と思っていた人間です。筆圧も強いです。
 親指と人差し指でグッと握るようにしてペンで描いてました。
 訓練で「POPやポスターを手で描くときのマーカー」と
 「デッサン用の鉛筆」は、それぞれの特性にあった正しい持ち方が
 できるようになりましたが、つけペンだけは変な持ち方じゃないと全く描けないし
 かといって変な持ち方だとヘタレ線になっていたのです)

あの、ほかの筆記具でもこの持ち方、応用できます?


876:845:02/12/01 20:04:00:00

>>871
それ、面白いっしょ?(w
自分もつけペンはイロイロ試行錯誤した。アホみたいな実験も。コレはその研究結果を
一般化するための実証実験のひとつです。ヒントにはなると思う。このまま実用できる
かどうかは知らない(スマン・・・

とにかく基礎訓練は辛い。気が遠くなる。余計なつっかかりせずに早く習熟するに
越したことは無い。とにかく、「自分の手がスラスラ線を引く」という体験をすると
希望が持てると思う。

例えば、闇雲にたくさん引いているうちに「お、今の当たり」と思っても、何が
良かったんだか解らない場合は再現できない。結局手探りで膨大な反復練習をする
ハメになる。気が遠くなる。しかし、この方法は>>869に書いてあるように、キレイ
に引ける理由が明快だ。何度でも再現できる。ペン先が紙に接地する感覚など、
少しでも「コツ」を知る手がかりになれば幸いだ。

疑うべきは「才能不足・努力不足」ではなく、「道具の相性・特性・操作方法」だ、
というのが自分が学習した結論です。努力はモチロン必要だが、余計な苦労は誰にも
してほしくないと思う。

>っていうか、845さんのアドバイスどおりにペンを持ったら
>タブレットで線を描くのも描きやすい!!!!

そうやってタブレットで描くことが、実はつけペンの訓練にもなるよ。


872:スペースNo.な-74:02/12/01 18:35:00:00

845さんのレスを参考に、ちょっと持ち方を矯正してみたりしている。
微妙に絵柄が変わったような気が・・・
私の場合、繊細なタッチになった。


873:871:02/12/01 19:07:00:00

っていうか、845さんのアドバイスどおりにペンを持ったら
タブレットで線を描くのも描きやすい!!!!

うはぁ。

(いや、二十数年間酷い持ち方で生きてきたのを矯正するには
 1ヶ月~半年は苦労しなくちゃいけないもんだと
 思ってたのに、さきほど845さんのレスを読んでやってみたら
 一発で描き易かったんだよ。マジで。

 ちなみにマーカーやカッターは
 職場で矯正するように厳しく言われて、1ヶ月かかって直したよ)







【関連動画】






kanren_line.png


ペン入れのコツと奇麗な線を引く練習方法


kanren_line_end.png


快描教室プラス(+) (Comickersテクニックブック)快描教室プラス(+) (Comickersテクニックブック)
菅野 博之,唐沢 よしこ

美術出版社
売り上げランキング : 20482

Amazonで詳しく見る






はてなブックマークに追加する つぶやく

[ 2011/10/25 11:00 ] お絵描きテクニック | CM(10) | このエントリーのはてなブックマーク数 はてなブックマーク - ペン入れの上達方法と、ペンの持ち方 | |








おすすめ記事








この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング





コメント

170 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/10/25(火) 19:08:38


こんばんは、綺麗なペン入れが目下の課題なのでとても助かります。

845さんが仰る『道具は自分にあったものを正しく使うこと』という一連の書き込み、非常に勉強になりました。ただ、845さんが>>869で、正しい道具の使い方として
>人差し指と中指の又(股?)にペン軸を挟み込み、この二本の指と親指でペンを握る。
と仰っているのですが、私の国語力不足か、どう持ってよいのかわかりません。
私がやると野球のフォークボールの握りになってしまいます。

最近、動画サイトなどでプロの先生方がペン入れの様子を公開なさっていますが、
(森薫先生など、話題になりましたね。参考 ttp://www.youtube.com/watch?v=rKyzS1sGjjY)
皆さん、特別な持ち方でなく、字を書くときと同じようにペンを持っていらっしゃいます。
私もこの持ち方なのですが、正しくないのでしょうか?


171 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/10/25(火) 19:29:55


>>170

人差し指と中指の間にペンをはさむ持ち方
ttp://cumacuma.jp/2007/0701/57/
ttp://stjofonekorea.blog6.fc2.com/blog-entry-293.html

こういうことじゃないかな?
普通の持ち方は。


172 : お絵描き初心者 管理人さん 投稿日:2011/10/25(火) 19:55:45


>>170

コメントありがとうございます。

>人差し指と中指の又(股?)にペン軸を挟み込み、この二本の指と親指でペンを握る。

確かに、文章だと難しいと思いましたので、
動画を追加致しました。
こちらを参考にされると良いと思われます。

>皆さん、特別な持ち方でなく、字を書くときと同じようにペンを持っていらっしゃいます。
>私もこの持ち方なのですが、正しくないのでしょうか?

おそらくですが、現状の持ち方で問題ないと思われます。
今回の最後の動画のような、ダメ例のような持ち方をされていると問題かもしれません。

私はそう理解しているのですが、間違っていた場合は指摘して頂けると助かります。

これからも宜しくお願い致します。


173 : 170ですさん 投稿日:2011/10/26(水) 00:17:53


>>171
>>172
返信ありがとうございます。170でコメントした者です。

>>171様
とてもわかりやすい具体例をあげて頂き、非常に助かりました。
また普段を気にしていなかった小指の使い方など、新しい発見もありました。
これからそれらを意識して線を引こうと思います。

>>172 管理人様
丁寧な対応、恐れ入ります。
私の理解力の無さから、余計なお手数をお掛けして申し訳ありません。
追加された動画、大変勉強になりました。
良い例と悪い例を比べると、分かり易くていいですね。

>おそらくですが、現状の持ち方で問題ないと思われます。
もしかしたら、自分は845さんが仰る所の"無駄な努力"をしていたのではないか、と不安でしたが、そう仰って頂き安堵しました。

お二方ともありがとうございました。良い線が引けるようより一層励もうと思います。


174 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/10/26(水) 02:00:27


すごく為になりました!!いつも更新お疲れ様です!


216 : ああああさん 投稿日:2011/10/30(日) 18:50:38


さじペンが紙にひっかからないようにするにはどうすればいいんでしょう
誰か教えてください!


218 : お絵描き初心者さん 投稿日:2011/10/31(月) 02:49:40


> さじペンが紙にひっかからないようにするにはどうすればいいんでしょう
> 誰か教えてください!

コメントありがとうございます。
もう見られていないかもしれませんが、コメントさせていただきます。

私はアナログで描かないため分からないのですが
色々調べたら、2ch掲示板に以下のコメントがありました。
参考になるかどうかわかりませんが・・・。

---------------------------------------------------------------------------
300: _ねん_くみ なまえ_____ 2009/10/19(月) 06:13:41 ID:??? [sage]

初めてGペン買ってみたんだけど紙に引っかかって書きにくい。
こんなもん? それとも研いだりとかしないとダメ?

301: _ねん_くみ なまえ_____ 2009/10/19(月) 11:31:14 ID:yBeAOxCx []

>>300
こんなもん。
少し使うと先が開きやすくなってなめらかになる。
ただ、紙が合わない可能性もある。上質紙ならあまりハズレはないかと。

個人的にはおろしたてのかたいやつが好きなんだけど、この辺は人それぞれだろうな。

328: 288 2009/12/18(金) 16:53:43 ID:??? [sage]

亀レス失礼
>>298
自身はブラウゼの木軸をつかっています。
>>300
Gは描画用だから。文字用のペン先(日本字ペンとか、かぶらペンのクロームとか?)はそんなに引っかからない。



391 : ナーさん 投稿日:2011/11/20(日) 16:39:27


Gペンなどの手入れの仕方を教えてください


394 : さん 投稿日:2011/11/20(日) 17:27:24


このコメントは管理人のみ閲覧できます


396 : お絵描き初心者さん 投稿日:2011/11/21(月) 15:04:32


> Gペンなどの手入れの仕方を教えてください

コメントありがとうございます。
調べた中では

-----------------------------------
【Gペンの手入れ方法】
使用後は、水で軽く洗い流して、ティッシュでふき取っておけば大丈夫です。
手入れをおこたると、インクがこびりついてペンの寿命が短くなります。安いとは言えないので大切に。
使いはじめの頃のような線が引けなくなったり、線が太くなってしまった場合は、捨てて、新しい物に取り替えましょう。
-----------------------------------
【ウエットティッシュを使う】
ペンの中央の穴っていうか、その下にインクの塊ができてしまって、
ペン先が開いてしまう現象が起こってしまうので、未然に防ぐために大活躍。
普通にペン先を洗うのにもいい感じ。軽く延命処置。

…でも、耐水性の高いインクとか乾くのが早いのでどうしても塊ができてしまうケースが。

そんときはライターであぶります。
インクがコゲた匂いがしてきたらOK。
やけどをしないようにティッシュ等で力強く擦れば、乾燥してパリパリになったインク塊が取れるのです♪

まぁ火を使うので気をつけてください。
ペン軸も焦がさないように!


これをやらないと、原稿5枚でもGペン1本持たない位のペースで先が死んでしまうのでね…(;´Д`)みんな同じことやってるのかな…。
-----------------------------------
【参考URL】
ttp://snzkstudio.seesaa.net/article/102336627.html
ttp://www.manga-seikatu.net/gazaidougu.php


との事です。

参考になりましたでしょうか?
これからも宜しくお願い致します。



コメントの投稿

*コメントは承認制です。反映されるには時間がかかります。
 他人を不快にする言葉はお控えください。
 禁止ワードが多い場合はIP規制され閲覧が出来なくなりますのでご了承ください。
 httpは禁止ワードに設定しています。






















画力向上講座集(#1)しぐさ(#2)たこ焼き(#1)肘(#1)練習方法(#2)画材(#1)練習(#2)炎(#1)LivePainting(#1)あたり(#3)陰(#1)Tab-Mate(#1)bot(#2)ボブ・ロス(#1)液タブ(#1)目(#6)エアブラシ(#1)幸せな瞬間(#1)もやしもん(#1)脚(#2)QUMARION(#1)スクールペン(#1)海外サイト(#1)ウサギ(#1)健康法(#1)民族衣装(#1)狼(#1)練習法(#3)ハンコ(#1)資料(#3)重心(#1)構図(#4)線(#1)線画(#4)書籍紹介(#1)萌え絵(#4)背景の描き方(#1)ワキ(#1)Photoshop(#12)手の描き方(#1)スランプ(#1)髪型(#1)水彩(#6)鳥(#2)オリジナル(#1)ペンタブ(#15)png(#1)枠(#1)アプリ(#1)なかよし(#3)プロ(#10)アタリ(#2)リアル絵(#1)日記(#3)セルシス(#12)模様(#2)iPad(#1)唇(#1)骨格(#1)動画サイト(#1)お題絵(#1)フォント(#2)おもしろ(#2)モチベーションアップ法(#1)シワ(#1)ふかん(#1)下着(#1)色塗り(#51)光(#2)就職(#1)鳥居(#1)上達(#1)Pixlr(#1)プリキュア(#3)良くない構図(#1)カード(#1)絵柄(#1)カラーハーフトーン(#1)お絵かきスレ(#1)模写(#5)レース(#1)イメージで描く!(#1)赤ペン(#2)下着メーカー(#1)ジャンプ(#1)図書館(#1)眼鏡(#1)トランスフォーマー(#1)カラーリング(#1)上達書籍(#1)疲れ目(#1)ツイッター(#2)パース(#4)Pixiv講座(#2)赤ペン先生(#14)アナログ(#6)Drawing(#1)ベタ(#1)感情表現(#1)青ペン先生(#2)背景(#13)上達法(#23)肩こり(#1)コツ(#1)レビュー(#1)芸術(#2)イラスタ(#1)ポケモン(#3)安価(#30)ドローイング(#1)漫画家(#4)Wacom(#11)wacom(#1)まとめ(#10)リフレッシュ(#1)ロボット(#4)Intuos5(#2)Adobe(#10)大友昇平(#1)ネーム(#2)塗り(#12)スカート(#3)redjuice(#1)GIMP(#2)補助デバイス(#1)袴(#1)インタビュー(#1)任天堂(#1)空間把握(#1)Gペン(#4)笑い話(#1)丸ペン(#1)おもちゃ(#1)ボット(#1)髪の毛(#1)筋肉の描き方(#5)しまむらくん(#1)テーマカラー(#1)ペンタブレット(#1)足(#1)花柄(#1)ツール(#11)胸(#1)絵コンテ(#1)骨の描き方(#4)動画(#9)メガネ(#1)木(#1)4コマ漫画(#1)浮世絵(#1)書籍(#4)パステル(#1)メイキング動画(#6)フリーソフト(#1)お絵描きあるある(#2)ブラシ設定(#2)悩み(#1)ニュース(#15)GIF(#1)俯瞰(#2)ペンの持ち方(#1)つけペン(#3)ワンピース(#1)FireAlpaca(#1)アニメ(#5)RPG(#1)理由(#1)水(#2)ポートフォリオ(#1)ジブリ(#1)特徴(#1)お絵かき用道具(#2)男(#1)しょこたん(#1)ハイライト(#1)影(#2)Pixiv(#92)配信(#1)人体(#4)CGHUB(#1)AKIRA(#1)色彩(#1)マウス(#2)Phtoshop(#1)イラストレーター(#1)顔の描き方(#17)海外講座(#1)創作(#1)胴(#2)ストーリーの考え方(#1)影の付け方(#1)擬人化(#2)宇宙(#1)イラスト投稿サイト(#1)絵師(#2)販売(#1)妖怪(#1)リアル(#1)解剖学(#1)CLIPSTUDIO(#2)モンスターハンター(#1)同人誌(#3)テクニック(#127)アンケート(#2)イラスト(#7)頭骸骨(#1)猫(#3)色の塗り方(#1)あるある(#1)リアリズム(#1)パンツ(#3)レイヤー(#1)髪(#6)年賀はがき(#1)作業場(#1)上半身(#1)ペイントソフト(#7)動物(#3)おやつ(#1)ペン入れ(#2)右脳(#1)素材(#4)デッサン(#8)マンガ(#2)お絵描き支援ツール(#4)蝶(#1)龍(#1)ワコム(#3)クリスタ(#3)タブレット(#3)記号(#1)メイキング(#82)ストレッチ(#1)グリザイユ(#3)参考書(#5)雑談(#3)CLIP_STUDIO(#1)ブックスタンド(#1)服のしわの描き方(#1)描き方(#12)ソーシャル(#1)アート(#3)塗り絵(#1)塗(#3)デッサン人形(#5)CLIPPAINT(#1)ステンドグラス(#1)リメイク(#5)相場(#1)OpenCanvas(#1)エロゲー塗り(#1)SMS(#1)正月(#1)疑問(#1)武器(#1)宮崎駿(#1)3DS(#2)フリー素材(#11)落書き(#2)世界観(#1)PIXIA(#1)今と昔の比較(#2)サイト(#3)体(#7)比率(#1)メンズ(#1)配色(#5)お絵描きスレ(#5)筆ペン(#2)Intuos(#1)向上法(#40)装飾(#1)ペイント(#1)肩(#2)資料サイト(#2)フィルター(#1)お絵描き上達法(#1)ホビージャパン(#2)準備体操(#1)アングル(#1)ルーミス(#1)フリル(#1)講座(#106)口(#1)顔(#17)神社(#1)ポーズ(#5)ちびキャラ(#1)ご挨拶(#1)Suimy(#1)トレース(#2)腕(#1)ポーズ集(#3)お勧めHP(#1)アニメーター(#3)漫画(#39)SNS(#6)創造(#1)鼠(#1)眼(#1)リフレッシュ法(#1)発光(#1)質問(#1)和風(#1)講座集(#1)コミスタ(#3)Controller(#1)首(#2)東方(#5)犬(#1)行進絵(#1)デジタル(#2)しわ(#2)萌え(#1)勉強法(#3)参考書籍(#12)GIMP(#1)耳(#1)仕事(#3)プリンストン(#4)腱鞘炎(#1)カフェアート(#1)お絵描き用道具(#3)印鑑(#1)テクスチャ(#10)人の描き方(#46)遠近法(#1)講座動画(#1)お勧め(#12)クリスマス(#1)おっぱい(#2)質問と答え(#1)グロー(#1)ナイフ(#1)同人(#1)和紙(#1)Pixiv(#1)まどかマギカ(#1)ドット絵(#2)男性(#2)ブラシ(#6)お題(#6)参考HP(#13)色鉛筆(#11)デザインドール(#2)ドラゴンクエスト(#1)コミケ(#1)塗り方(#1)青ペン(#1)gif(#1)体の描き方(#8)漫画の描き方(#3)筋肉(#14)表情(#2)ラフ(#1)線の引く練習(#1)花(#1)顎(#1)和服(#2)アイドルマスター(#1)尻(#1)ゲーム(#3)立体把握(#1)らくがき(#1)鼻(#1)考え方(#70)面白(#1)モンスター(#1)鉛筆(#2)水彩色鉛筆(#1)キャラクター(#1)CLIP(#4)着色テクニック(#1)イベント(#1)大友克洋(#1)靴(#1)勉強(#5)岸田メル(#3)制作現場(#1)切り絵(#2)画力上達書籍(#1)厚塗り(#8)設定(#1)ドラゴン(#2)コピック(#3)お絵描き向上法(#3)お絵描き素材(#1)デフォルメ(#5)SAI(#8)アンケート結果(#1)馬(#1)着物(#3)カラー(#1)骨(#7)コンテスト(#2)言い訳(#1)拡張子(#1)製作過程(#1)モニタ(#1)目標(#2)
人気ブログランキングへ