【お絵描き初心者達が思う疑問】萌え系イラスト書くのにデッサン力って必要なの? はてなブックマーク - 【お絵描き初心者達が思う疑問】萌え系イラスト書くのにデッサン力って必要なの?


萌えキャラクターの描き方 顔・からだ編




1:ノービス:2008/12/06(土) 20:35:43 ID:82KLY/u10

三次に興味ないから出来れば人物デッサンの練習したくないけど
二次の練習だけじゃイラストの腕前も限界がありますか?

教えて下さい


2:デッサン:2008/12/06(土) 20:47:24 ID:S+nSvq9+0

基礎は必要だろ


4:同人:2008/12/06(土) 21:24:18 ID:lgkpMm0I0

限界はあるけど必要ではないよ
とらドラの原作者の絵とかひでえけどあれで売れてるし


5:ノービス:2008/12/06(土) 21:35:09 ID:NeBcfPfYO

やっぱり練習した方が良いんですね・・・

>>4
そうなんですか!
希望の光が見えました


俺はデッサンの練習しなかったけど大丈夫だったよって人います?


6:デッサン:2008/12/06(土) 21:36:01 ID:RermfKxn0

何もしないでも立体感が出せるなら必要ないんじゃね?
そうじゃないならいずれ壁にぶち当たるだろうけど
そのときに後悔しないでいられるなら絵なんて楽しく描けりゃそれでいいと思う
描いてるうちに勝手に覚えることもあるしな


9:デッサン:2008/12/06(土) 21:49:13 ID:ZJ3jJsrG0

デッサンてのは萌えうんぬん関係なく絵に説得力を持たせる「近道」だからな
急く必要がないのならべつになくてもなんら問題はない


11:デッサン:2008/12/06(土) 22:19:13 ID:279nAFUJO

ある程度のデッサン力は必要だと思う。
人体の構造や比率を理解してのデフォルメと、フィーリングのデフォルメは全然違う。
「デフォルメだからデッサンなんていらねーよ」ってのは、お遊びの範囲内。まずプロにはなれないと思えってことだ。


17:デッサン:2008/12/07(日) 07:44:02 ID:NXELYn/N0

デッサン云々関係ない個性と魅力が有るならいいけど
基本的にはデッサン力あるに越したことないよな
美大入れるほど頑張れともいわないけど

デフォルメするにしても
10しか描けない奴の10と
100描ける奴の10は違うし


19:ノービス:2008/12/07(日) 11:16:13 ID:UK8Ix5/vO

>>17
なるほど・・・このスレでデッサンの必要性が少し分かりました


18::2008/12/07(日) 08:00:59 ID:mPHIic9vO

長くデッサン無し独学で絵をかいてきたけど自然な体の動きを表現するのに困ってルーミス本で勉強はじめたわ。
デッサン無しで続けてもいいけど勉強したほうがいいかなと思ったら「難しそう」と躊躇せずに練習はじめるといい。


28:でっさ:2009/01/16(金) 20:37:03 ID:SA7SmhwEO

マジレスすると、デッサンpgrだった自分が真面目にやってみたところ、突然画力が上がった

漫画絵とかなら多少崩れてても大丈夫なはず
デフォルメなんだし


54:スペースNo.な-74:2009/07/13(月) 22:02:35

確かにデッサンが通用するのは現実に存在するものだけなんだろうな。
ドラゴンとか架空の生き物を描く場合は想像で描くしかないわけだし。


55:スペースNo.な-74:2009/07/13(月) 22:05:31

空想の産物でも立体構成までうそではほんとうらしく見えないナリよ


56:スペースNo.な-74:2009/07/14(火) 12:56:45

ヲタ界隈でいうデッサン力って
面を取れるかとか質感出せるかとか空気を見せれるかとかじゃなくて
機械的なパースの理解と、骨と肉の仕組みの知識を持ってるかどうかってことだからな

結局、フィクションの物体描くにはどっちも必要だし
どっちか意識して練習してればもう片方もある程度ついてくるけど


62:スペースNo.な-74:2009/07/18(土) 16:52:21

描きたいものだけ描いている人の萌え絵と、絵を勉強してる人の萌え絵は月とすっぽん程違いがあるよな


65:スペースNo.な-74:2009/07/19(日) 19:16:20

問題は「デッサンなんていらない」って言っちゃってる点だろ
片方だけでも描けるようになるかもしれないが両方やるにこしたことはない


87:スペースNo.な-74:2009/07/28(火) 19:25:20

結論から言わせてもらえば、デッサン力は必要だな
萌えとデッサンを両立できれば最強だろう


93:スペースNo.な-74:2009/07/29(水) 00:35:40

>>87
最終的にはデッサン力は必要だろうけど
この世界じゃ大手でデッサンがところどころおかしい奴がゴロゴロいるから
(たぶんそういう奴はデッサンよりプロの描いた絵の模写やトレスで繰り返し練習して上達したんだろう)
取り敢えず多くの人をある程度ごまかせる程度の画力があればデッサン力なんて必要ないんじゃね


120:スペースNo.な-74:2009/07/30(木) 21:41:22

あんまりログ読まずに書くけど

ある程度は必要だけど、
逆に言えばある程度あればあとは塗りやかわいいデフォルメの追求に時間を費やしたほうがいい、
てのが持論だな。
萌え絵に限って言えばデッサン力自体、あればあるほどいいのかも疑問。


121:スペースNo.な-74:2009/07/30(木) 22:34:30

まぁあまりにもデッサン力が無さ過ぎる萌え絵師も考えものだがな
顔が可愛くても骨折まみれで肉付きもおかしい女の子なんて萎えるだけだし

デッサン力というか、絵を描く上でのバランス感覚?とかいう物を身につけて欲しい。せめて
アンバランスは気持ち悪いだけ


122:スペースNo.な-74:2009/07/31(金) 00:20:58

萌え系の絵に関していえば
デッサン修養をやっとくとモノの形を正確にインプットする助けにはなるかもしれない
それをデフォルメなりデザインしてアウトプットするのとはちょっと局面が異なる気がする
デッサン力がつけば萌え系の絵が即描けるようになるっていうものでもなさそうだが


133:スペースNo.な-74:2009/08/01(土) 01:55:41

というか、デッサンってマンガデッサンか石膏デッサンみたいな何時間もかける
やつかどっちなの?


137:スペースNo.な-74:2009/08/01(土) 08:14:23

>>133
「デッサン学入門」によれば広義のデッサンには現代ドローイングも含まれる
となればマンガデッサンも含まれるだろう
そしてここで語られるのは「萌え絵デッサン」ということになる


138:スペースNo.な-74:2009/08/01(土) 10:07:22

>>137
なら話は簡単だな。 



自己満足のためだけならデフォルメから入ってもいい、ただしプロには
なれない、よほど運(自分の作品が他人にウケルかどうか)がない限りは・・・。
上手くなりたかったら遠回りすべし

と思うよ


140:スペースNo.な-74:2009/08/01(土) 10:31:26

>>138
うん、そうだな。

自分が満足いくまで絵を描きたいならデッサン、デフォルメをした方がいい。
そうした行為が自分を絵のプロにする。
プロであれば、自分が好きな絵、他人にウケル絵、どんな絵でも描ける。
上手くなりたかったら遠回りすべし。


178:スペースNo.な-74:2009/08/02(日) 12:04:11

絵を描く事に関する様々な感覚を養おうと思ったら
いろんな面を刺激できるデッサンが便利ってだけで
他の方法で自分の描きたい絵に達成できるなら
それはそれで良いかと。


301:161:2009/08/03(月) 17:39:30

なにが無駄とかそんなの考える前に描くの好きだったら全部挑戦するでしょ
木炭デッサン(静物)も鉛筆デッサンも経験したし水彩もクロッキーもやった
解剖学も少し勉強した。どれも楽しかったよ、下手だったけどね。そして
まぁ現在に至るわけだけど描いてる時とか結構昔やったこと思い出すし。
昔って言っても1年前だけどねww   なんつーか




無駄なことなんてない、紙の上は自由なんだから好きなもん描けばいいんだよ
無駄無駄言ってる暇があったら描け


304:カミカゼ ◆DsGFCj9jkQ :2009/08/03(月) 18:54:31

>>301
そりゃラクガキ描いてるだけなら楽しいだろうな


306:161:2009/08/03(月) 19:06:39

>>304
そう!それだよ!楽しいって感じたらすべてよし。楽しくない絵なんて描いてたら
面白くないだろ?!・・・ってこれは個人の問題か、俺は描くこと自体が楽しいから
一応一通りやったけど萌絵しか楽しく描けない人にはきついかもねー


302:161:2009/08/03(月) 17:42:40

ていうか萌絵描いててそのもとである人間の骨格とか筋肉ってどんな仕組みに
なってるんだろう?ってならないの?

あ、めんどくさい?そうですかそうですか


303:スペースNo.な-74:2009/08/03(月) 17:55:58

萌え絵の範疇に入る絵柄は筋肉や骨格の影響が少ないんだよね
丸々としてるから、ポーズによって筋肉の動きが・・・とかならないんだよ
どんなポーズしてても丸っぽくやわらかく描いてたらそれなりに見えてしまう


305:161:2009/08/03(月) 19:03:43

>>303
萌絵だけしか描けなくなってもいいのならいいんじゃない?というかそういう
感じの絵柄って苺ましまろとかその辺でしょ?まあ、確かにヤヴぁいくらい絵柄が
俺の好みw あの可愛さは異常。ああいう感じの絵柄が描けたら満足って人はそれ
でいいと思うよ?個人の勝手だもんね。でも・・・俺は少しくらいは解剖学かじっ
といた方がいいと思う。筋肉の名前覚えるんじゃないぞw大体でいいから形覚えたら
完璧。





ああーなんか意味不なこと言ってるわ俺。流し読みしといて
俺がいいたいのは基本は絵すべてに直結してるってこと・・・


464:スペースNo.な-74:2009/10/01(木) 14:55:14

デッサン力というのはイコール描写力のことだからな。
萌え絵にも描写力は要るだろ。

・正確な形状把握
・陰影
・適正な構図
がデッサンの三大要素だ。
どれもこれも、萌え絵にも必要だと思うけどね。


488:スペースNo.な-74:2009/12/15(火) 22:39:25

デッサン力は描写力
モチーフをキャンバス上に構築する力

特に練習しなくても日常生活の中である程度理解している人もいるし
なんとなく絵を描いてるうちに自然に習得している場合も結構ある
意識して習得するならデッサン練習が必要になるよね


472:スペースNo.な-74:2009/10/24(土) 06:02:43

人によりきりだけど、デッサンはオススメするよ

もし自分に合わなくても二時間、三時間絵に向かうだけで集中する訓練になるし
上にでてるように形を取る、陰影、色を意識する。まとめて
言うなら「絵にする力」ってのができるよ


一番オススメなのは一通り練習を試して
今の自分に必要な練習を模索することだね






kanren_line.png

デッサンって、そんなに大事なのか?

kanren_line_end.png

萌えキャラの上手な描き方―美少女やデフォルメキャラを生き生き描くためのノウハウを満載! (漫画の教科書シリーズ (No.02))萌えキャラの上手な描き方―美少女やデフォルメキャラを生き生き描くためのノウハウを満載! (漫画の教科書シリーズ (No.02))
神吉,くろば,白玉団子

誠文堂新光社
売り上げランキング : 15510

Amazonで詳しく見る






はてなブックマークに追加する つぶやく

[ 2011/11/05 18:30 ] お絵描きの考え方・上達法 | CM(3) | このエントリーのはてなブックマーク数 はてなブックマーク - 【お絵描き初心者達が思う疑問】萌え系イラスト書くのにデッサン力って必要なの? | |








おすすめ記事








この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング





コメント

238 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/11/06(日) 01:54:51


前の記事にもあったけど基礎だから勉強するべき

> 一番オススメなのは一通り練習を試して
> 今の自分に必要な練習を模索することだね

まったくその通りだなw


239 :   さん 投稿日:2011/11/06(日) 06:43:46


「どうせデフォルメするからデッサンは不要」って
デッサンで基礎を覚えておかないと、デフォルメする時点で崩しようがない。

それと、デッサンやると絵柄が没個性になるからヤダ、とか言ってる人が
いるがこれもウソ。

デッサンは絵の形やら構図やら根本的な層の話しで、絵柄はその上に乗っかる層。
だからデッサンと絵柄じゃ、要求される項目、条件が全然違う。


12430 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/09/29(月) 02:13:37


ただしデッサンのやり方間違えるとひどい事になるがな…

ちなみにデッサンとは模写の事ではないので正確に描く必要はない…といえば
嘘になるけど正確に描こうとする事ではない。
人物に関して言うなら、体に対しての手足の比率がおかしくないように描けたり
骨や筋肉が入ってるように見える事が無くなったり。
あと立体感。



コメントの投稿

*コメントは承認制です。反映されるには時間がかかります。
 他人を不快にする言葉はお控えください。
 禁止ワードが多い場合はIP規制され閲覧が出来なくなりますのでご了承ください。
 httpは禁止ワードに設定しています。






















炎(#1)青ペン先生(#2)FireAlpaca(#1)おもちゃ(#1)絵コンテ(#1)下着メーカー(#1)口(#1)アイドルマスター(#1)Wacom(#11)動画(#9)ストレッチ(#1)お勧め(#12)ブラシ(#6)首(#2)トレース(#2)画力上達書籍(#1)創造(#1)発光(#1)お絵描き上達法(#1)メンズ(#1)お題(#6)上達書籍(#1)構図(#4)拡張子(#1)上半身(#1)芸術(#2)和服(#2)良くない構図(#1)プリンストン(#4)任天堂(#1)質問(#1)参考書(#5)デザインドール(#2)しわ(#2)ポーズ(#5)4コマ漫画(#1)漫画家(#4)ステンドグラス(#1)神社(#1)しぐさ(#2)レイヤー(#1)セルシス(#12)妖怪(#1)ドラゴンクエスト(#1)iPad(#1)笑い話(#1)リメイク(#5)体(#7)書籍紹介(#1)イラストレーター(#1)ウサギ(#1)ペン入れ(#2)スランプ(#1)LivePainting(#1)リフレッシュ法(#1)GIMP(#1)筆ペン(#2)リアリズム(#1)理由(#1)絵柄(#1)色鉛筆(#11)Pixlr(#1)図書館(#1)解剖学(#1)顔の描き方(#17)塗り絵(#1)龍(#1)線(#1)胸(#1)面白(#1)補助デバイス(#1)背景(#13)向上法(#40)尻(#1)配信(#1)胴(#2)着物(#3)ジブリ(#1)マンガ(#2)グリザイユ(#3)動画サイト(#1)ブックスタンド(#1)講座(#106)大友克洋(#1)おっぱい(#2)お絵描き素材(#1)悩み(#1)色塗り(#51)上達法(#23)ロボット(#4)フォント(#2)サイト(#3)資料サイト(#2)日記(#3)疲れ目(#1)鉛筆(#2)スカート(#3)筋肉の描き方(#5)Adobe(#10)目標(#2)海外サイト(#1)ラフ(#1)唇(#1)3DS(#2)ポートフォリオ(#1)狼(#1)トランスフォーマー(#1)特徴(#1)ベタ(#1)表情(#2)耳(#1)背景の描き方(#1)練習(#2)資料(#3)お絵描き向上法(#3)画材(#1)猫(#3)グロー(#1)疑問(#1)設定(#1)馬(#1)俯瞰(#2)GIF(#1)カラーリング(#1)着色テクニック(#1)リフレッシュ(#1)デフォルメ(#5)モンスター(#1)カード(#1)Phtoshop(#1)眼(#1)配色(#5)アンケート(#2)比率(#1)もやしもん(#1)赤ペン(#2)モニタ(#1)リアル絵(#1)たこ焼き(#1)陰(#1)正月(#1)頭骸骨(#1)脚(#2)スクールペン(#1)同人誌(#3)あたり(#3)マウス(#2)おもしろ(#2)販売(#1)Gペン(#4)お絵描き用道具(#3)ドラゴン(#2)ワンピース(#1)wacom(#1)光(#2)あるある(#1)鳥(#2)つけペン(#3)タブレット(#3)創作(#1)レース(#1)Intuos5(#2)花柄(#1)フリーソフト(#1)参考書籍(#12)影の付け方(#1)雑談(#3)就職(#1)メイキング動画(#6)枠(#1)レビュー(#1)ルーミス(#1)服のしわの描き方(#1)テクスチャ(#10)カラー(#1)ソーシャル(#1)重心(#1)蝶(#1)カフェアート(#1)線の引く練習(#1)CLIPSTUDIO(#2)描き方(#12)コミケ(#1)上達(#1)パンツ(#3)色の塗り方(#1)肩こり(#1)ボット(#1)お絵かきスレ(#1)SNS(#6)厚塗り(#8)水彩(#6)リアル(#1)フリル(#1)安価(#30)フィルター(#1)Pixiv(#1)靴(#1)メガネ(#1)切り絵(#2)和風(#1)しまむらくん(#1)講座集(#1)アタリ(#2)東方(#5)製作過程(#1)水彩色鉛筆(#1)プロ(#10)右脳(#1)人の描き方(#46)青ペン(#1)線画(#4)講座動画(#1)ドローイング(#1)パース(#4)髪の毛(#1)ワコム(#3)ふかん(#1)世界観(#1)手の描き方(#1)塗(#3)Photoshop(#12)おやつ(#1)ポケモン(#3)ハイライト(#1)下着(#1)ペイント(#1)年賀はがき(#1)ペンタブレット(#1)花(#1)デジタル(#2)インタビュー(#1)和紙(#1)相場(#1)ペンタブ(#15)RPG(#1)らくがき(#1)漫画の描き方(#3)ジャンプ(#1)素材(#4)Pixiv(#92)骨の描き方(#4)勉強(#5)Tab-Mate(#1)感情表現(#1)袴(#1)イラスト(#7)今と昔の比較(#2)ペイントソフト(#7)OpenCanvas(#1)ペンの持ち方(#1)デッサン人形(#5)絵師(#2)犬(#1)ワキ(#1)人体(#4)bot(#2)ホビージャパン(#2)落書き(#2)アンケート結果(#1)腱鞘炎(#1)ツール(#11)エアブラシ(#1)画力向上講座集(#1)Controller(#1)髪型(#1)宮崎駿(#1)記号(#1)健康法(#1)png(#1)モチベーションアップ法(#1)GIMP(#2)パステル(#1)髪(#6)お絵かき用道具(#2)立体把握(#1)ネーム(#2)CLIPPAINT(#1)顎(#1)gif(#1)鳥居(#1)お絵描きあるある(#2)足(#1)鼠(#1)影(#2)カラーハーフトーン(#1)シワ(#1)木(#1)イラスタ(#1)宇宙(#1)模写(#5)体の描き方(#8)書籍(#4)ツイッター(#2)肘(#1)ナイフ(#1)空間把握(#1)クリスタ(#3)イベント(#1)メイキング(#82)CGHUB(#1)行進絵(#1)武器(#1)岸田メル(#3)勉強法(#3)装飾(#1)エロゲー塗り(#1)水(#2)お勧めHP(#1)アングル(#1)アート(#3)顔(#17)ストーリーの考え方(#1)仕事(#3)SMS(#1)アニメ(#5)CLIP(#4)ドット絵(#2)redjuice(#1)塗り(#12)プリキュア(#3)液タブ(#1)鼻(#1)印鑑(#1)目(#6)フリー素材(#11)コピック(#3)男(#1)ボブ・ロス(#1)Suimy(#1)質問と答え(#1)ポーズ集(#3)骨格(#1)モンスターハンター(#1)まどかマギカ(#1)デッサン(#8)キャラクター(#1)言い訳(#1)幸せな瞬間(#1)擬人化(#2)アプリ(#1)色彩(#1)AKIRA(#1)大友昇平(#1)動物(#3)丸ペン(#1)練習方法(#2)クリスマス(#1)準備体操(#1)ニュース(#15)コツ(#1)アニメーター(#3)模様(#2)筋肉(#14)テクニック(#127)Intuos(#1)遠近法(#1)テーマカラー(#1)腕(#1)萌え(#1)骨(#7)肩(#2)練習法(#3)お絵描き支援ツール(#4)SAI(#8)イメージで描く!(#1)参考HP(#13)萌え絵(#4)QUMARION(#1)CLIP_STUDIO(#1)ハンコ(#1)考え方(#70)オリジナル(#1)海外講座(#1)ちびキャラ(#1)コンテスト(#2)しょこたん(#1)同人(#1)塗り方(#1)お題絵(#1)浮世絵(#1)ゲーム(#3)なかよし(#3)民族衣装(#1)ブラシ設定(#2)イラスト投稿サイト(#1)Pixiv講座(#2)お絵描きスレ(#5)作業場(#1)制作現場(#1)アナログ(#6)漫画(#39)Drawing(#1)まとめ(#10)ご挨拶(#1)赤ペン先生(#14)コミスタ(#3)PIXIA(#1)眼鏡(#1)男性(#2)
人気ブログランキングへ