【絵が下手な理由】完成品を描かないから下手 はてなブックマーク - 【絵が下手な理由】完成品を描かないから下手


touch(タッチ) Vol.6 【デジ絵の全行程を見る&学ぶ・イラスト上達マガジン】 (100%ムックシリーズ)




1:スペースNo.な-74:2006/12/16(土) 20:02:50

「昔の人は画材が高価で、描き直しのできない一発勝負だったから
習作を重ねたけど現代は完成品を描き続ける事が、モチベーションと
緊張感を保つ上でベストだ。」

「何の為に最初から習作と油断して描くのか。本番だと思って練習しないから
うまくならないんだ。」


今日アトリエでこんな事を言われてしまいました。


4:スペースNo.な-74:2006/12/16(土) 20:50:10

そりゃあるな。適当な殴り書きはディテールまで煮詰めないから。
芸術(or昔の人)ならディテール問わない場面は多々あるが、
漫画や殊イラストはディテール誤魔化すとヘタレ呼ばわりされるからな。
雰囲気表現するのは殴り書きしてる奴の方が上だったりするがw


8:スペースNo.な-74:2006/12/16(土) 22:02:40

一枚の絵に時間かけて取り組んで、
手は動いてなくても悩んでる時間とというのが一番大事だったりするので、
服着せて背景も小物も全部描いて色も塗って中身の濃い練習しろって事だな。

全部の要素を練習出来て効率いいじゃん。
とりあえずザクッと広めに経験積んでるうちに
基本の必要性が自分で理解出来るから、骨だの筋肉だのはそれからでいい。
ああいうのは自分に必要な部分を分かった上でやらないと意味ない。


13:スペースNo.な-74:2006/12/16(土) 22:28:16

そういえば最近は最後まで完成させないで投げてるな。
下書きだけで色塗らないとか。もっと酷いと線画さえも途中で投げてる。
ここ1年何やってたんだ自分。どんどん退化している気がする。


14:スペースNo.な-74:2006/12/16(土) 22:31:30

まあ漫画にしたってそうだと思う。
下手でも最後まであげて初めて見える欠点もある。
クロッキー1万枚書くより漫画100作仕上げた方が断然うまくなる。


16:スペースNo.な-74:2006/12/16(土) 22:37:51

漫画描けんから
一枚絵描きまくろ
納得いくとこまで


26:スペースNo.な-74:2006/12/17(日) 20:15:47

要するに描けば描くほど上手くなるけど
仕上げを描かんから仕上げはいつまでたってもヘタレ。だからヘタレ。
てことね。


27:スペースNo.な-74:2006/12/17(日) 21:03:07

普段から実戦のつもりでやっておかないと
いざ本番にいきなり完成品仕上げるなんてできないもんな


30:スペースNo.な-74:2007/07/31(火) 23:21:20

結構心理をついてるスレなのに盛り上がりませんね


31:スペースNo.な-74:2007/08/08(水) 17:22:39

心理をついてるからこそ何も言えないんだべ
目をそむけてると


32:スペースNo.な-74:2007/08/22(水) 11:19:08

ラフ描きで上手い上手いとおだてられ、自分は上手いと勘違いしている奴をさっき見た


33:スペースNo.な-74:2007/08/24(金) 00:29:55

ラフは上手く見えるんだよな…
完成品を見ないと真の実力は見えてこない。

500枚スレとかも無意味ではないと思うがどうだかな…
達成感はありそうだけどラフで500枚なら完成品50枚仕上げた方が実力つきそう


34:スペースNo.な-74:2007/08/26(日) 22:03:09

所詮ラフはラフなんだよな
下手なうちからでも完成品を描かないとダメだ


35:スペースNo.な-74:2007/09/08(土) 04:43:22

ラフだと自分を甘やかしてしまう
それが最悪
自分の弱点を自覚できない練習に何の意味があるのかと
無闇に自虐的になる必要はないけど甘やかすのは何より良くない


36:スペースNo.な-74:2007/09/12(水) 00:17:09

今までラフってかラクガキしか描いてこなかったんだが、
このスレ見てから目が覚めて最近はボチボチ完成させてるんだ。
しかし仕上げの作業に全く慣れてないから時間がかかりすぎる('A`)

ラフマジックってすげーな…俺ちょっといい気になってたよ
むしろ仕上げた絵見たら下手すぎて泣きそうだよ…
もっと描けてると思ってたのにorz


37:スペースNo.な-74:2007/09/13(木) 20:15:33

プリンタで出力するとさらにヘコむぞ


40:スペースNo.な-74:2007/09/26(水) 00:07:23

ちょっと前まではラフと完成後の違いが酷くて、ペン入れ=\(^o^)/になるのがデフォだった。
でも最近はペン入れ前もペン入れ後もそこまで大差無くなって来て、下手な塗りながらも色塗って完成させるのが楽しくなって来たよ。

やっぱりラフや落書きで終わらせないで完成させる事は大事だな


41:スペースNo.な-74:2007/09/26(水) 01:52:27

これは心に突き刺さる良スレ。


51:スペースNo.な-74:2007/11/05(月) 14:23:16

何を以って完成とするかだよ。
自分の定義した完成ビジョンに即しているなら
殴り書きだろうがなんだろうがおk

無理に線をパスで引きなおすとか、
端々まで色で埋め尽くすとか、
「背景がないと完成じゃないのかな」的な気分で無理に付け足した背景は
まったく無意味どころか有害。

もちろん、書くべき物を技術不足やメンドクサイで逃げるのは論外だが。


53:スペースNo.な-74:2007/11/06(火) 06:59:43

>>51
言いたい事は良く分かるが、下手な奴は
その論外との差がごちゃ混ぜなんだよ。
だから下手のままなんだけどなーw


54:スペースNo.な-74:2007/11/06(火) 15:55:16

ここでいわれているように、完成品の練習(?)がもっとも大事だと思うが、
それとは別に細部の練習、構図の練習などが必要だと思うんだ
たとえば、いろんなアングル、形で手を描く練習とかな
そういうのを500枚スレなりなんなりで練習しないと本番描いてて行き詰る
要は練習の目的別に書き分けるのも重要かなっと思ったのですた


62:スペースNo.な-74:2007/12/14(金) 00:29:07

このスレに出会い目が覚めたように完成品を描く毎日。
画力はメキメキ上がる。もう半年前とは別人のレベル。
今では思い通りの絵が描けるよ!



そうなってるはずだった…('A`)
完成させる前に飽きるしダレるし……
完成品を描ける人はどうやってモチベーション意地してるんだ


63:スペースNo.な-74:2007/12/14(金) 19:43:21

モチベーション維持するのも能力のうち
多分
よっぽどヘタレじゃない限り半年ぐらいじゃ変わりませんぜ
年単位で見ていかないと


64:スペースNo.な-74:2007/12/21(金) 02:24:15

ダレるなら模写完成させてろ
カラーとか背景とか全部
それも駄目なら手が遅いんだろ


65:スペースNo.な-74:2008/01/06(日) 00:15:36

野菜切るのを練習したり、料理の本を読んだ所で
一発で完璧に理想の料理が作れるわけなんて無いんだよ。
味付け、火加減、手際のよさ、盛り付けのセンス・・・
どれも実際に何度も料理を作っていくうちに上達していくわけだ。

「作ってみたけど美味しくできなかった・・・」
と言って作るのが怖くなって逃げ出し、、包丁さばきばかり磨いたり、レシピ本を片っ端から読んだって
いつになっても美味しい料理を作ることはできない。


82:スペースNo.な-74:2008/11/24(月) 18:18:19

>>65
私の目を覚まさせてくれてありがとう
漫画描いてくる


97:スペースNo.な-74:2009/01/04(日) 14:10:16

>>65

しかし個個の練習もしないといつまでたっても
はりぼてのようなまずい料理しかできないだろ。


完成品を作るのも必要だし習作野菜切る練習だって時には必要
って考えにならないのが不思議。

一年たって考えが変わってるかな。


77:スペースNo.な-74:2008/02/18(月) 03:17:58

最近ほんの少し完成品が増えてきた。
ちょっとだけ画力が上がった気がする!

どこが描けててどこが駄目かが丸解りになるからいいのかもしれんな。
完成品描くのは。


94:スペースNo.な-74:2008/12/22(月) 08:57:47

ラフの勢いが完成品で死ぬのは仕方ない
というかラフはラフ、仕上げは仕上げというか。
自分は完成品だけ書いててもダメだな
完成品も習作もラフも模写もやることで
各々の練習のこつがわかるよ


125:スペースNo.な-74:2009/01/12(月) 00:57:08

最近完成品をボチボチ描いてるんだけど、確かに妥協って大事だね。
完璧を目指すと無駄に時間費やすし、精神的にも結構疲労する。
一枚を完璧になるまで頑張ってた時より、
ある程度妥協して完成品何枚か描いた方が画力も上がる感じがした。

ただ顔、特に目は妥協しない方がいいみたいだな…。
身体→背景→顔の順で進行してたら力尽きて顔が少し手抜きになっちゃったんだけど、
どんなに他のところで頑張ってても顔が駄目だと魅力がごっそり減る。


126:スペースNo.な-74:2009/01/12(月) 01:27:53

勉強になるなー


128:スペースNo.な-74:2009/01/13(火) 05:50:47

まずは一枚仕上げないとな


150:スペースNo.な-74:2010/08/06(金) 00:06:20

練習と称して延々落書き続けてた自分に愕然とした
とりあえず、これから先は完成品しか描かないようにするわ







「桂正和×TIGER&BUNNY 原画&ラフ画集成」 (愛蔵版コミックス)「桂正和×TIGER&BUNNY 原画&ラフ画集成」 (愛蔵版コミックス)
桂 正和

集英社

Amazonで詳しく見る by AZlink





はてなブックマークに追加する つぶやく

[ 2011/11/14 12:00 ] お絵描きの考え方・上達法 | CM(12) | このエントリーのはてなブックマーク数 はてなブックマーク - 【絵が下手な理由】完成品を描かないから下手 | |








おすすめ記事








この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング





コメント

328 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/11/14(月) 13:11:15


イラストは、途中段階で評価してはいけない

下書き 線画 色塗り エフェクト 調整

これらを全て終わらせて初めて評価対象となる
部分部分練習するのも良いけど、全体的に挑戦していかないと
駄目って事だな

料理の例えがそれ


329 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/11/14(月) 13:17:04


>> 65
料理の例えが上手すぎる


331 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/11/14(月) 15:37:51


ラフと完成品作り両方やればいいんじゃね?って思うけどw

完成品用はじっくり進めて、疲れたら適当なラフ描いてまた完成品づくりに戻れば良さそうだけど


332 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/11/14(月) 19:24:33


下手な人ほど、このまとめで上がってるような絵についての持論を語る傾向。
掲示板やSNSやtwitterとを色々見てるとホントそう思う。


333 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/11/14(月) 19:32:53


俺が下手なのは完成させてないからなのか


337 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/11/14(月) 19:37:26


完成させないと分からない事はあるからな


675 : 名無しさんさん 投稿日:2012/01/08(日) 19:05:44


完成させるのに大事な事は締め切りで、それには同人誌作るのが一番だ


1046 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/02/11(土) 09:18:54


ラフだけ繰り返して中断する初心者多いよね、まだ全工程の10%くらいなのに。

完成品を何点かちゃんと作った人は、初心者の陥る上達法どうこうの悩みは解決してる
どの工程が弱点で、次の完成品で上達すべき点か見つかるから


3416 : 名無しさん@ニュース2ちゃんさん 投稿日:2012/08/16(木) 02:10:33


関係ないけど
クロッキー1万枚と漫画100作なら

どちらにしろ漫画の方が作業量多いだろ


7129 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/05/03(金) 13:02:09


ツール頼みで綺麗にエフェクトかける時間を線画とかに回した方がいいと思うけど


8974 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/10/09(水) 05:33:37


線画しっかり描いて、色塗っても満足出来なかったら本当の完成にはならないんじゃないかって思います
だからもう全部練習として基礎から完成までの全部の工程を何回も何回も練習すれば良いんじゃないですか


13576 : 名無しの絵師さん 投稿日:2016/06/15(水) 12:15:33


何?ジョジョ、自分の絵が下手でモチベが続かないって?
逆に考えるんだそのクオリティが今出せる最大限の実力だと考えるんだ
現実の能力を鑑みず身の程知らずのゴールを設定する事、それを即ち敗北というのだ



コメントの投稿

*コメントは承認制です。反映されるには時間がかかります。
 他人を不快にする言葉はお控えください。
 禁止ワードが多い場合はIP規制され閲覧が出来なくなりますのでご了承ください。
 httpは禁止ワードに設定しています。




















男性(#2)ストーリーの考え方(#1)狼(#1)プリンストン(#4)グリザイユ(#3)カード(#1)アイドルマスター(#1)お絵描きあるある(#2)日記(#3)練習(#2)神社(#1)言い訳(#1)コツ(#1)CLIP(#4)仕事(#3)デッサン人形(#5)メイキング動画(#6)立体把握(#1)色鉛筆(#11)同人(#1)らくがき(#1)おもちゃ(#1)上達書籍(#1)パステル(#1)準備体操(#1)尻(#1)練習法(#3)勉強法(#3)お題絵(#1)講座動画(#1)背景の描き方(#1)宮崎駿(#1)テクスチャ(#10)水彩(#6)感情表現(#1)CLIPPAINT(#1)カラーリング(#1)インタビュー(#1)鼻(#1)クリスマス(#1)フィルター(#1)資料サイト(#2)勉強(#5)萌え(#1)創作(#1)フリー素材(#11)素材(#4)腱鞘炎(#1)3DS(#2)任天堂(#1)リフレッシュ(#1)解剖学(#1)iPad(#1)リアル絵(#1)キャラクター(#1)おもしろ(#2)ストレッチ(#1)厚塗り(#8)あたり(#3)肩(#2)顎(#1)ドット絵(#2)筋肉の描き方(#5)世界観(#1)テクニック(#128)妖怪(#1)お勧め(#12)ホビージャパン(#2)お絵描きスレ(#5)PIXIA(#1)Controller(#1)胸(#1)目(#6)胴(#2)質問と答え(#1)顔(#17)和風(#1)販売(#1)下着(#1)アート(#3)下着メーカー(#1)炎(#1)お絵描き素材(#1)資料(#3)落書き(#2)絵柄(#1)サイト(#3)馬(#1)gif(#1)FireAlpaca(#1)ベタ(#1)カフェアート(#1)RPG(#1)東方(#5)目標(#2)まとめ(#10)男(#1)上達法(#23)面白(#1)参考HP(#13)ポケモン(#3)マウス(#2)メイキング(#83)ちびキャラ(#1)肩こり(#1)装飾(#1)ハイライト(#1)和服(#2)水彩色鉛筆(#1)塗り方(#1)CLIP_STUDIO(#1)ネーム(#2)コミスタ(#3)ドラゴンクエスト(#1)ワンピース(#1)モニタ(#1)講座(#107)構図(#4)描き方(#12)ボブ・ロス(#1)骨(#7)動画(#9)モンスターハンター(#1)悩み(#1)遠近法(#1)俯瞰(#2)青ペン(#1)リアル(#1)赤ペン先生(#14)着物(#3)フォント(#2)SNS(#6)海外サイト(#1)デザインドール(#2)お絵描き向上法(#3)龍(#1)お絵描き支援ツール(#4)クリスタ(#3)髪型(#1)ペンの持ち方(#1)就職(#1)記号(#1)配色(#5)GIMP(#2)あるある(#1)しわ(#2)特徴(#1)ペイントソフト(#7)袴(#1)まどかマギカ(#1)ナイフ(#1)髪の毛(#1)漫画(#39)ラフ(#1)ゲーム(#3)ペイント(#1)液タブ(#1)耳(#1)骨の描き方(#4)イメージで描く!(#1)理由(#1)ペン入れ(#2)蝶(#1)良くない構図(#1)コピック(#3)制作現場(#1)口(#1)Drawing(#1)CLIPSTUDIO(#2)大友昇平(#1)ブラシ(#6)唇(#1)浮世絵(#1)相場(#1)眼(#1)補助デバイス(#1)質問(#1)今と昔の比較(#2)お絵かき用道具(#2)参考書籍(#12)鳥(#2)ポーズ集(#3)たこ焼き(#1)エロゲー塗り(#1)筋肉(#14)もやしもん(#1)重心(#1)塗り絵(#1)上達(#1)年賀はがき(#1)鳥居(#1)レビュー(#1)骨格(#1)イベント(#1)書籍(#4)靴(#1)枠(#1)顔の描き方(#17)画力上達書籍(#1)お絵描き上達法(#1)首(#2)影(#2)イラスト投稿サイト(#1)しぐさ(#2)モチベーションアップ法(#1)ジャンプ(#1)wacom(#1)ニュース(#15)プリキュア(#3)上半身(#1)疲れ目(#1)Gペン(#4)ブックスタンド(#1)グロー(#1)服のしわの描き方(#1)お勧めHP(#1)AKIRA(#1)犬(#1)空間把握(#1)雑談(#3)エアブラシ(#1)製作過程(#1)トランスフォーマー(#1)おっぱい(#2)デジタル(#2)イラストレーター(#1)しょこたん(#1)猫(#3)redjuice(#1)アニメーター(#3)イラスト(#7)色塗り(#51)陰(#1)ハンコ(#1)スランプ(#1)手の描き方(#1)GIMP(#1)プロ(#10)パンツ(#3)イラスタ(#1)鼠(#1)漫画家(#4)赤ペン(#2)書籍紹介(#1)マンガ(#2)スカート(#3)つけペン(#3)ロボット(#4)模写(#5)岸田メル(#3)アングル(#1)体の描き方(#8)配信(#1)切り絵(#2)Phtoshop(#1)Tab-Mate(#1)健康法(#1)宇宙(#1)青ペン先生(#2)カラー(#1)タブレット(#3)絵コンテ(#1)Photoshop(#12)動画サイト(#1)足(#1)鉛筆(#2)擬人化(#2)着色テクニック(#1)腕(#1)Suimy(#1)塗(#3)ボット(#1)比率(#1)正月(#1)パース(#4)同人誌(#3)講座集(#1)動物(#3)Pixiv(#1)ツイッター(#2)塗り(#12)行進絵(#1)ポーズ(#5)お絵かきスレ(#1)LivePainting(#1)アプリ(#1)png(#1)シワ(#1)スクールペン(#1)カラーハーフトーン(#1)ツール(#11)Intuos(#1)画材(#1)おやつ(#1)考え方(#70)Pixiv講座(#2)デフォルメ(#5)フリーソフト(#1)丸ペン(#1)ドローイング(#1)フリル(#1)ポートフォリオ(#1)水(#2)ソーシャル(#1)線の引く練習(#1)肘(#1)参考書(#5)向上法(#40)しまむらくん(#1)絵師(#2)なかよし(#3)人の描き方(#46)影の付け方(#1)ペンタブ(#15)テーマカラー(#1)トレース(#2)アンケート結果(#1)光(#2)民族衣装(#1)疑問(#1)4コマ漫画(#1)アンケート(#2)アナログ(#6)Pixlr(#1)拡張子(#1)頭骸骨(#1)図書館(#1)色彩(#1)ご挨拶(#1)コミケ(#1)安価(#30)芸術(#2)筆ペン(#2)線画(#4)レース(#1)笑い話(#1)線(#1)漫画の描き方(#3)髪(#6)ステンドグラス(#1)表情(#2)ワコム(#3)花柄(#1)発光(#1)モンスター(#1)ドラゴン(#2)ペンタブレット(#1)和紙(#1)Intuos5(#2)背景(#13)ジブリ(#1)アニメ(#5)練習方法(#2)リフレッシュ法(#1)SMS(#1)レイヤー(#1)脚(#2)印鑑(#1)メンズ(#1)模様(#2)Pixiv(#93)武器(#1)SAI(#8)Adobe(#10)デッサン(#8)お絵描き用道具(#3)bot(#2)花(#1)アタリ(#2)オリジナル(#1)OpenCanvas(#1)QUMARION(#1)コンテスト(#2)幸せな瞬間(#1)お題(#6)リアリズム(#1)ウサギ(#1)海外講座(#1)右脳(#1)セルシス(#12)人体(#4)ブラシ設定(#2)木(#1)GIF(#1)大友克洋(#1)体(#7)眼鏡(#1)創造(#1)作業場(#1)CGHUB(#1)設定(#1)ふかん(#1)Wacom(#11)リメイク(#5)画力向上講座集(#1)メガネ(#1)萌え絵(#4)色の塗り方(#1)ルーミス(#1)ワキ(#1)
人気ブログランキングへ