服のシワの描き方 参考になる講座まとめ はてなブックマーク - 服のシワの描き方 参考になる講座まとめ


写真を見て描くリアルな質感表現 服のシワ




1:スペースNo.な-74:2005/10/11(火) 14:16:54

誰でも衣服のシワの描き方に悩むことはあるでしょう。
そんな人たちが情報交換をするスレです。


4:スペースNo.な-74:2005/10/11(火) 14:29:14

服のシワを勉強するのによいサイトか本ってある?


5:スペースNo.な-74:2005/10/11(火) 14:40:28

写真集とかそういうのもありだよな
最近はネット上の写真なんか見ててもお、これ使える(絵の参考に)とか思って
見てもあまり興奮しなくなった俺ガイル


6:スペースNo.な-74:2005/10/11(火) 14:42:07

人描くサイト
かなぁ。

大きな鏡買って自分の服のしわを見たり、
大きな布買って、いろんな物にかぶせてみたりして、
パターンを何個かつくっちまうのが早い気がする


7:スペースNo.な-74:2005/10/11(火) 15:00:20

基本は圧縮量に比例するということ
曲げた箇所では内角を頂点にした放射線状に発生する


17:スペースNo.な-74:2005/10/12(水) 02:15:00

シワの多さは生地の薄さと密着間に比例する
生地の質感はシワの数よりエッジ(袖口)の表現を上手く書いた方が説得力がある
やたらにシワを描きまくっている人より、さらっと特長掴んだシルエットを描いた方が上手く見えるよ。


26:スペースNo.な-74:2005/10/13(木) 22:23:51

最初のうちは面倒でも、実物の布を描きたい絵と同じような状態にして
それを見ながら描くといいと思うよ。
そうすれば自分の中のシワのパターンがだんだん増えてきて
実物を見なくてもだいたいの想像がつくようになる。



40:スペースNo.な-74:2005/10/15(土) 16:56:19

結局「上手く書けない」って人の多くは「アタマで書きすぎ」なんだよね。
別にデッサン房じゃないけど、
写真とか資料とか集めて参考にすれば
案外簡単に書けるよ、

服のシワなんて。
最低限の知識を持たずに試行錯誤だけ繰り返しても煮詰まってしまうのは当然じゃないかなあ?
料理人が材料もないのに調理法だけでウマイ料理を作ろうとするのと同じだよ。名コックなら話は別だけど


139:スペースNo.な-74:2007/06/08(金) 15:21:55

裸体はそこそこ描けるようになってきたが、服を上手く着せれない
服着た写真とかを模写しまくるのが一番かなぁ・・・


140:スペースNo.な-74:2007/06/13(水) 09:15:36

それでいいんでない?
というかなにを描くにも、
やはり

1:色々模写→
2:自己流で描く→
3:描けない部分やポーズがわかる→
4:描けない部分を重点的に練習(&模写)→
5:2に戻る

という 「自分の弱い部分をはっきりさせ、潰していく」 という行程の繰り返しは効く。
イメージ力とかそういう根本の部分も「自己流で描く」の部分を四苦八苦してると
段々ついてくるもんだし。


14:スペースNo.な-74:2007/12/02(日) 11:20:13

どこがふくらんでてどこがへこんでるのか分かればそう難しくないような気がする
線を入れるのはへこんでる所に
・・・といっても、それだけじゃないんだろうけど


16:スペースNo.な-74:2007/12/02(日) 13:34:33

>>14
俺は膨らんでるところに線入れるけど


206:スペースNo.な-74:2008/01/13(日) 20:13:51

なんか言葉遊びになってきてるような。
ダメな絵描きを論じたいなら専用スレ立ててやればいい。

っていうか>>14
>どこがふくらんでてどこがへこんでるのか分かればそう難しくないような気がする
と答えが既に出てるよ。
描けない!描き方がわからん!って人はシンプルな
膨らんだ布、へこんだ布を、まず自由自在に描けるか試せばよい。
で、描けなかったら→基礎力不足、基本に戻って練習だ!
描けたら→服に応用すれ、あとはもう自分でできるよね!
でいいんじゃマイカ。


17:スペースNo.な-74:2007/12/04(火) 09:28:07

つか、膨らんでからへこむときにできる境界線をなぞるだけじゃん?
膨らみの断面図の頂点は明るくなるから普通の場合線は引かない
…まあ例外はあるかもね


19:スペースNo.な-74:2007/12/05(水) 10:54:38

散々既出だけど、はじめのうちは
ファッション誌のモデルなんかを参考にしたら良いと思う。
本当に役立つ。
ポーズによって服の皺や影の出来方が違うから色々助かってる…。
それとスレ内容とは関係ないかもだけど、同時に構図や男性・女性の人体の大まかな造りが分かって描き分けが出来るようになるよ。


34:スペースNo.な-74:2007/12/20(木) 18:23:35

実際今着てる服の皺を見るとわかると思う
皺によって高さが出てるとこは明るめの色(光が当たってるから)
低くなっているところは暗く塗る それだけ


35:スペースNo.な-74:2007/12/20(木) 22:29:04

それをうまくイメージ出来ないから困ってる。
あと現実の服そのまま描くとどうしてもグロくなりすぎる。
もっとかわいく、さらっとしてて、さわやかな感じにデフォルメしたいんだよ。
どうすりゃいいんだ?


38:スペースNo.な-74:2007/12/21(金) 15:52:02

>>35
通販カタログの服の写真のシワを
ペンで片っ端からなぞると
服のシワの成り立ちや流れが分かりやすくなる…
と思う。
自分のやった練習方法。


39:スペースNo.な-74:2007/12/21(金) 19:09:53

>>38
トン。写真を直接なぞるってやりかたすごい良さそう。
デッサンみたいに気合い入れなくても気軽に出来るし。


63:スペースNo.な-74:2008/01/12(土) 15:23:50

書き方 と 描き方 は別
服のシワの書き順 なんてないし
影の書き順 なんてものもない


人体も服も背景も小物もすべて物体として
空間に存在している以上、漢字のような書き順はない
あるのは立体を平面にするときの一定のルールだけ
それをどう表現するかで個性が出るだけの話

その一定のルールってのがデッサンだったりパースだったりなだけ
デッサンやパースは人体だけに存在するルールじゃねーよ


75:スペースNo.な-74:2008/01/12(土) 16:12:00

つまり、
服のシワやら影が上手く描けないってのは
たんじゅんに観察不足ってワケだ



76:スペースNo.な-74:2008/01/12(土) 16:12:13

う~ん、確かにそれはいえるかも
しわの描き方が分からないってレス読んでると
見てないんじゃないかと思うことが多いし
動かないものじゃないから大きな原則はあっても
これが正解というのは無いし






【講座まとめ】

■しわ


















■パンツしわ





■フリル















写真を見て描くリアルな質感表現 服のシワ写真を見て描くリアルな質感表現 服のシワ
トミイ大塚,アローグプランニング

誠文堂新光社
売り上げランキング : 87761

Amazonで詳しく見る


服のシワの描き方マスターブック (ナツメ社Artマスター)服のシワの描き方マスターブック (ナツメ社Artマスター)
ハードデラックス

ナツメ社
売り上げランキング : 1167

Amazonで詳しく見る


写真と図解でわかる 衣服のシワ上達ガイド (廣済堂マンガ工房)写真と図解でわかる 衣服のシワ上達ガイド (廣済堂マンガ工房)
ゴーオフィス

廣済堂出版
売り上げランキング : 74432

Amazonで詳しく見る by AZlink






はてなブックマークに追加する つぶやく

[ 2011/12/01 17:00 ] 服のシワの描き方 | CM(6) | このエントリーのはてなブックマーク数 はてなブックマーク - 服のシワの描き方 参考になる講座まとめ | |








おすすめ記事








この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング





コメント

470 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/12/01(木) 18:28:48


だれかクリムゾンに見せてやれよ


471 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/12/01(木) 18:39:56


まとめ乙~


472 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/12/01(木) 18:40:42


知らないのが結構あるな


473 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/12/01(木) 20:51:54


東方キャラってヒラヒラいっぱいあるから大変だわ


10861 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/02/12(水) 17:42:13


描きたいものに萌えるのが大事
服のしわたん萌えええええええってなったら描けるマジで


11275 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/03/15(土) 21:16:36


3番目のパンツはいくらなんでももっこりしすぎだなこれじゃ男の娘やで



コメントの投稿

*コメントは承認制です。反映されるには時間がかかります。
 他人を不快にする言葉はお控えください。
 禁止ワードが多い場合はIP規制され閲覧が出来なくなりますのでご了承ください。
 httpは禁止ワードに設定しています。






















画力向上講座集(#1)しぐさ(#2)たこ焼き(#1)肘(#1)練習方法(#2)画材(#1)練習(#2)炎(#1)LivePainting(#1)あたり(#3)陰(#1)Tab-Mate(#1)bot(#2)ボブ・ロス(#1)液タブ(#1)目(#6)エアブラシ(#1)幸せな瞬間(#1)もやしもん(#1)脚(#2)QUMARION(#1)スクールペン(#1)海外サイト(#1)ウサギ(#1)健康法(#1)民族衣装(#1)狼(#1)練習法(#3)ハンコ(#1)資料(#3)重心(#1)構図(#4)線(#1)線画(#4)書籍紹介(#1)萌え絵(#4)背景の描き方(#1)ワキ(#1)Photoshop(#12)手の描き方(#1)スランプ(#1)髪型(#1)水彩(#6)鳥(#2)オリジナル(#1)ペンタブ(#15)png(#1)枠(#1)アプリ(#1)なかよし(#3)プロ(#10)アタリ(#2)リアル絵(#1)日記(#3)セルシス(#12)模様(#2)iPad(#1)唇(#1)骨格(#1)動画サイト(#1)お題絵(#1)フォント(#2)おもしろ(#2)モチベーションアップ法(#1)シワ(#1)ふかん(#1)下着(#1)色塗り(#51)光(#2)就職(#1)鳥居(#1)上達(#1)Pixlr(#1)プリキュア(#3)良くない構図(#1)カード(#1)絵柄(#1)カラーハーフトーン(#1)お絵かきスレ(#1)模写(#5)レース(#1)イメージで描く!(#1)赤ペン(#2)下着メーカー(#1)ジャンプ(#1)図書館(#1)眼鏡(#1)トランスフォーマー(#1)カラーリング(#1)上達書籍(#1)疲れ目(#1)ツイッター(#2)パース(#4)Pixiv講座(#2)赤ペン先生(#14)アナログ(#6)Drawing(#1)ベタ(#1)感情表現(#1)青ペン先生(#2)背景(#13)上達法(#23)肩こり(#1)コツ(#1)レビュー(#1)芸術(#2)イラスタ(#1)ポケモン(#3)安価(#30)ドローイング(#1)漫画家(#4)Wacom(#11)wacom(#1)まとめ(#10)リフレッシュ(#1)ロボット(#4)Intuos5(#2)Adobe(#10)大友昇平(#1)ネーム(#2)塗り(#12)スカート(#3)redjuice(#1)GIMP(#2)補助デバイス(#1)袴(#1)インタビュー(#1)任天堂(#1)空間把握(#1)Gペン(#4)笑い話(#1)丸ペン(#1)おもちゃ(#1)ボット(#1)髪の毛(#1)筋肉の描き方(#5)しまむらくん(#1)テーマカラー(#1)ペンタブレット(#1)足(#1)花柄(#1)ツール(#11)胸(#1)絵コンテ(#1)骨の描き方(#4)動画(#9)メガネ(#1)木(#1)4コマ漫画(#1)浮世絵(#1)書籍(#4)パステル(#1)メイキング動画(#6)フリーソフト(#1)お絵描きあるある(#2)ブラシ設定(#2)悩み(#1)ニュース(#15)GIF(#1)俯瞰(#2)ペンの持ち方(#1)つけペン(#3)ワンピース(#1)FireAlpaca(#1)アニメ(#5)RPG(#1)理由(#1)水(#2)ポートフォリオ(#1)ジブリ(#1)特徴(#1)お絵かき用道具(#2)男(#1)しょこたん(#1)ハイライト(#1)影(#2)Pixiv(#92)配信(#1)人体(#4)CGHUB(#1)AKIRA(#1)色彩(#1)マウス(#2)Phtoshop(#1)イラストレーター(#1)顔の描き方(#17)海外講座(#1)創作(#1)胴(#2)ストーリーの考え方(#1)影の付け方(#1)擬人化(#2)宇宙(#1)イラスト投稿サイト(#1)絵師(#2)販売(#1)妖怪(#1)リアル(#1)解剖学(#1)CLIPSTUDIO(#2)モンスターハンター(#1)同人誌(#3)テクニック(#127)アンケート(#2)イラスト(#7)頭骸骨(#1)猫(#3)色の塗り方(#1)あるある(#1)リアリズム(#1)パンツ(#3)レイヤー(#1)髪(#6)年賀はがき(#1)作業場(#1)上半身(#1)ペイントソフト(#7)動物(#3)おやつ(#1)ペン入れ(#2)右脳(#1)素材(#4)デッサン(#8)マンガ(#2)お絵描き支援ツール(#4)蝶(#1)龍(#1)ワコム(#3)クリスタ(#3)タブレット(#3)記号(#1)メイキング(#82)ストレッチ(#1)グリザイユ(#3)参考書(#5)雑談(#3)CLIP_STUDIO(#1)ブックスタンド(#1)服のしわの描き方(#1)描き方(#12)ソーシャル(#1)アート(#3)塗り絵(#1)塗(#3)デッサン人形(#5)CLIPPAINT(#1)ステンドグラス(#1)リメイク(#5)相場(#1)OpenCanvas(#1)エロゲー塗り(#1)SMS(#1)正月(#1)疑問(#1)武器(#1)宮崎駿(#1)3DS(#2)フリー素材(#11)落書き(#2)世界観(#1)PIXIA(#1)今と昔の比較(#2)サイト(#3)体(#7)比率(#1)メンズ(#1)配色(#5)お絵描きスレ(#5)筆ペン(#2)Intuos(#1)向上法(#40)装飾(#1)ペイント(#1)肩(#2)資料サイト(#2)フィルター(#1)お絵描き上達法(#1)ホビージャパン(#2)準備体操(#1)アングル(#1)ルーミス(#1)フリル(#1)講座(#106)口(#1)顔(#17)神社(#1)ポーズ(#5)ちびキャラ(#1)ご挨拶(#1)Suimy(#1)トレース(#2)腕(#1)ポーズ集(#3)お勧めHP(#1)アニメーター(#3)漫画(#39)SNS(#6)創造(#1)鼠(#1)眼(#1)リフレッシュ法(#1)発光(#1)質問(#1)和風(#1)講座集(#1)コミスタ(#3)Controller(#1)首(#2)東方(#5)犬(#1)行進絵(#1)デジタル(#2)しわ(#2)萌え(#1)勉強法(#3)参考書籍(#12)GIMP(#1)耳(#1)仕事(#3)プリンストン(#4)腱鞘炎(#1)カフェアート(#1)お絵描き用道具(#3)印鑑(#1)テクスチャ(#10)人の描き方(#46)遠近法(#1)講座動画(#1)お勧め(#12)クリスマス(#1)おっぱい(#2)質問と答え(#1)グロー(#1)ナイフ(#1)同人(#1)和紙(#1)Pixiv(#1)まどかマギカ(#1)ドット絵(#2)男性(#2)ブラシ(#6)お題(#6)参考HP(#13)色鉛筆(#11)デザインドール(#2)ドラゴンクエスト(#1)コミケ(#1)塗り方(#1)青ペン(#1)gif(#1)体の描き方(#8)漫画の描き方(#3)筋肉(#14)表情(#2)ラフ(#1)線の引く練習(#1)花(#1)顎(#1)和服(#2)アイドルマスター(#1)尻(#1)ゲーム(#3)立体把握(#1)らくがき(#1)鼻(#1)考え方(#70)面白(#1)モンスター(#1)鉛筆(#2)水彩色鉛筆(#1)キャラクター(#1)CLIP(#4)着色テクニック(#1)イベント(#1)大友克洋(#1)靴(#1)勉強(#5)岸田メル(#3)制作現場(#1)切り絵(#2)画力上達書籍(#1)厚塗り(#8)設定(#1)ドラゴン(#2)コピック(#3)お絵描き向上法(#3)お絵描き素材(#1)デフォルメ(#5)SAI(#8)アンケート結果(#1)馬(#1)着物(#3)カラー(#1)骨(#7)コンテスト(#2)言い訳(#1)拡張子(#1)製作過程(#1)モニタ(#1)目標(#2)
人気ブログランキングへ