絵が上達したと実感できた練習方法 はてなブックマーク - 絵が上達したと実感できた練習方法


14歳のおんなのこ描きかたろぐ




4:名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/22(木) 14:03:08 ID:oTyATqCH

練習しないといつまでたっても下手。

描くという行為は、

手首や指先を自分の考える通りに正確に動かすってこと。

絵のうまい人は「手ぶれ補正」にたよらなくてもきれいに書けるだろ?


12:名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/23(金) 19:59:48 ID:0Le7a3+v

デッサンは

描くことより見ること、把握することのが重要

そこんとこ勘違いしてる奴はいつまでたっても伸びない
なぞるだけなら誰でもできるわけで、あらかじめ完成図が見えてれば描ける道理


13:名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/25(日) 08:44:54 ID:kaQ9fZV+

3DCGをやりはじめたら絵が上手くなった
というか描きやすくなったよ。
物を立体的に頭の中で組み立てられるようになったおかげだと自分では思ってるけど。


31:名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 02:58:01 ID:6I1oTr7i

巧くなる方法を自分自身で模索して初めて上達する
んだと思う


人から言われた上達法を実戦するより断然身に付くんじゃないかな

絵の巧い人全員が同じ上達過程を辿ってきた訳じゃないんだし
今足掻いた分後々にきっと役に立つよ


33:名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 12:09:46 ID:wzwBdNH6

基本的に無駄な努力はないと思うんだけど、

理解しないでダラダラ描くのはよくない

って気はする。

身体的に不調のときとか、脳が疲れてるときとかも非効率かな。


34:名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 12:23:18 ID:v9Ak4otH

ひとつ描く間に、

何を表現したくて

何を学んで

何が慣らされるのか

把握していると効率良いと思う。

この把握の感覚を自分で掴めるようになるためには、
非効率の試行錯誤と苦い経験が必要だと思うけど。


37:名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:57:26 ID:fmEEgkBN

絵描く→上手い人の絵見まくる→自分の絵見る
これやると自分の絵のだめなところとか浮き彫りになって涙目だけど効果的


38:名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 14:10:23 ID:pzU8QoMr

本で読んだけど、デッサンは上達する人としない人が居るらしい
デッサンをすると確かに人間は描けるけど漫画絵は上手くならない人とか

だから、目の前の物を「イラスト」にして描く練習してみたり
粘土で立体作ったりする方が上達する人も居る
まあ、

楽しく描ける練習法を見つけなさい

って事だ


59:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/24(土) 14:31:28 ID:rZDPXwM9

一枚の絵に

常に課題を設けて描くこと

が俺の中の上達法かな。
どんな落書きでもいいから。


69:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/19(木) 23:22:19 ID:UO0JEwNj

俺も>>66に同意

最後まで描くことが大事
しっかり仕上げた1枚と落書きの100枚では貰える経験値が全然違う



75:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/22(日) 19:58:38 ID:PMmweaMu

量より質ってのはわかるけど
30秒ドローイングは力つくと思った
描いたことないポーズばっかり出てくるからな


96:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/29(日) 15:55:49 ID:A0jOD7Lz

漠然と絵の上達と言った場合
ほとんどが

破綻の無い立体になってるか、 正確な人体構造を把握できてるか

ってことをさすから質重視でやれっていうのは正しい


模写クロッキーでの質より量の練習は
少ない手数で描くことによって
絵として成立させるために必要な最重要ポイント
「ぱっと見」で人を引き付けるのに肝心な部分はどこか
っていうのを見つけ出す力を養うため
にするんだと思う

この力があると、自分の作品を作るときに
魅力の核となる部分がブレないから
偶然いい感じなるまで修正し続けて迷走したり
無駄に描き込んでアピールポイントがボヤけたりしなくなる


作業時間の短縮によって生産性の向上と練習時間の確保もできる


108:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/05(日) 19:11:01 ID:mrKP5uRa

最初の頃はノウハウを吸収したいがために必死に参考書を買い漁ってたな。
漫画の描き方とか漫画デッサンとかの本。
しかし何故か馬鹿高いうえに業界からハジかれたような技術がハンパ者ばかりが
参考書を作っててあんまり参考にならない。
で、やっと最近気付いたんだが、
完璧な先生は一番近くにいたんだな。
それは古本屋の女性週刊誌や自分の手足など
こんなに最強の学ぶべき対象が近くにあったなんて恥ずかしながら
今さら気付いた。
本物を模写するとどんどん今までの絵の矛盾点が気付かされていく、
結局イメージや記号的に描いてたんだと分かってくる。
服のシワ、光と影、骨格、どんどん吸収してる。
もっと早くに気付いてれば良かった。


174:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/16(木) 05:25:29 ID:y3LqqXeW

ただのトレースも、

線の練習になる

上手い人がどれくらいの密度で線を引いてるかもはっきりわかる
だから無駄じゃないとは思うけど
模写の代替にはならないよ

トレスしても、自分で考えて引いた線は一つも無いわけじゃない?
描こうとする対象がどんな形をしてるか理解して(想像して)
それを二次元に表す為に最も適当と思われる線を導き出す
それが的確にできる人間が絵の上手い奴なんじゃないか?


模写っていうのは、

具体的な対象に対する解答例を見ながら
自分で同じように問題を解いてみることで
問題を解くコツを覚える行為

(だと思う)

これはこれでやらなきゃいけない
トレスでは得ることができない体験だから


176:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/16(木) 06:56:36 ID:LMChoq0w

個人的にトレース

絵を始めるきっかけとしては十分価値がある

と思う。


今の実力では逆立ちしても描けない結果が得られて、楽しかったからね。
みんな最初は
「絵が描けない」んだけどトレスにより「絵が描ける」自分を幻視出来る。
逆に最初から模写に挑戦すると「絵が描けない」自分を再確認するだけになり、鬱々真っ盛りに突入する。



179:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/16(木) 12:08:56 ID:iUiw2oyR

絵を想像で描こうと思うと
物の形状を記号化
していかないといけない。


そういう意味で最初は初心者講座であるような
「体はコンニャクとし考えろ」
とか
「手はブロックとして考えろ」
とかを
練習した方が良い。

実写をトレースすると骨格や服のシワから光源まであまりにも複雑になりすぎて
頭の中で混乱をきたし絵を想像で描く時の妨げになってしまう。


181:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 12:05:18 ID:G+Mn9neG

ここをROMしてると、為になる情報とか気付きをもらえてありがたいよ。

俺の最近の気付き。何度も模写とかスケッチしてて量やってる割に為になってないような気がしてたのだが、
まず練習をするなら

練習のどこに意識を向けるかが非常に重要。

筋トレで例えると、どこの筋肉を鍛えてるのか意識しながらやる。

自分が何を吸収しようとしてるのか意識しながら練習すると、
そうでない場合の何倍かの効果があると思う。


何年も人体を練習して、未だに骨と筋肉を丸暗記できてない事に気付き、
まず覚えようとしてなかった事に更に気づいたわけさ。


183:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/17(金) 21:20:36 ID:rMI8Pwcg

ただ漠然と模写ばっかやっていたときはたいしてうまくならなかったけど、
骨や筋肉をある程度覚えてから模写したらかなり違ったな


200:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/24(金) 10:36:33 ID:D3b3Vptl

描きたいものの構造を覚える


201:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/04/24(金) 12:49:24 ID:T8mXAjO0

>>200
それ重要だよね。

ただ模写するだけでもダメ、
描かずに資料見て分かったつもりになるのもダメ。


特に2番目は罠だと思う。
描く事と見るだけは「かなり」大きな開きがある。



292:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/13(水) 01:48:42 ID:K0Xr2W+i

昔読んだ漫画養成講座みたいな奴で、とにかく上手くなるまで作品を描かないって人がいるんだと。
潔癖症になってしまって、練習だけやってて本番やらないんだって。

俺もそういう傾向あって、気付くと何にも作らず練習ばかりしてる。当然、面白いわけがない。
時間は有限であり、10年後に作る作品の為に毎日腕を磨くのは、けっこうバカらしい事なのではないかと。

練習はぜったいしたほうがいいけど、
まず作品製作ありきという事を強く意識する必要があると思ったんだ。
今の腕が気に喰わなくても、資料をながめ、立体物を眺め、自分の限界まで力を出して本番を作ったらどうか。
それなら、練習もできて結果、作品も仕上がる。

本番(完成品)を描く事で、作品製作を通して

自分が足りないもの、欲しい能力が明確になる

んじゃないかな。


302:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/13(水) 22:58:29 ID:AOHEFhuH

目をつぶって実際に描かずに頭の中だけで試行錯誤すると
理解してない部分が分かる


303:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/14(木) 00:21:39 ID:ATK8vIpN

>>302
それなんとなく分かるわ。
見て模写してる瞬間は、答えが目の前にあるから分かったつもりになってるよね。


331:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/16(土) 13:08:26 ID:a7DFdvpk

「効率よく」というしばりがそもそも辛いな
「急がば回れ」で地道なのが一番近道だと思うし
なんとか地道な練習をさけて上達する方法を探そうとするからつっこみ入るんだと思う
おまえが避けて通ろうとしている道が一番の近道だよ
っていう


413:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/09(火) 05:43:41 ID:tU1hcd58

毎日描いてんのになんか今日は妙に絵が下手だな…
と思うときはチャンス

下手で描くのが嫌になりそうになるけど、そこで踏ん張ると
明らかに画力がワンランクアップする、その前触れ。


画力なんて普段はじりじりとしか伸びていかないけど
こういうときは大きく伸びる

多分、下手な記号化して済ませたり手癖だけで書いてた要素が
自分の中でもっと対象に誠実な形に再構築されてんじゃないかと思う
そのとき記号や手癖が一度崩壊するので、そこで一時的に下手になる


という、俺の経験則と憶測


414:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/09(火) 05:55:03 ID:mppgyjMt

>>413
それさ、今まで主観的に、甘めに自分の絵を評価していた時期が終わって
自分の絵を客観的に見れるようになったってことだと思うよ。
そうなると自分の絵のあらが見えるようになるんだよ。
ここにくれば次のレベルにいけるようになる。今までの絵の修正するべきところが見えるから。
俺もそういう経験はよくある。


415:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/09(火) 10:38:22 ID:Hkvl7183

>>414
 マジかそれ ちょうど今、自分の絵が嫌になって投げ出してたんだが。
俺もうちょっとがんばってみる ㌧です


566:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 04:31:18 ID:2MrXophs

考える時間>描く時間
にすること

ポイントとかダメなところを意識できるか否かが
効率に関わると思う


567:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/05(日) 10:31:24 ID:IEfb78Q3

度合いにもよるぜ
とりあえず1枚書いて不自然に感じたりしたら何がダメだったか
考える癖をつけるだけでもいいと思う


618:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 20:42:06 ID:Wc8KxBDb

やっぱり昔から先人の絵描き達が言ってる
使い古された言葉
「よく物を見ること」
これなんだよな。
まあ興味のないものはよく見たくないんだけど
女の顔描くのだけ上手いやつは女の顔に興味があってよく見れるから
上手く描けるんだろうし
でも体は描けないのは表面の美しさだけ見て
中の骨格や筋肉の仕組みなんてものは見たくないからなんだろうな
犬が好きな人は犬描くの上手いし
車好きな人は車描くの上手いだろうし
やっぱ色んなものに興味持ってリアルに触れて勉強したりする
そういう人が上手くなるんだろうな


647:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/16(木) 16:28:25 ID:gR7f1ahy

色塗りは、
自分の一番大好きなプロの書いた画集を買ってきて
一番、書くのがめんどくさそうな、背景ぎっちりの絵を完全模写する

人によっては軽く300レイヤー超える可能性もあるし、
フォトショのブラシを徹底的にカスタマイズして、どんどんプリセット保存していかないと、
とうてい同じように描けない場合もある
そのかわり、自分の限界を突破できるかも


681:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/19(日) 23:29:26 ID:wtfYbUGK

人物を裸から描くようにしたらデッサンの狂いとか少なく成ったような気がする
筋肉とか骨格とか意識しながらな


844:まとめのようなもの:2009/08/02(日) 16:27:52 ID:yjI/NwjA

------------------------------------「上手い絵」を描こうとしない
何をどう描きたいかを常に自分の中に持っておく
描く対象や描く行為自体を好きになる
下手でも最後まで描く
練習の合間にちょくちょく本番も挟む
ある程度上達しても満足せずに描くことを楽しむ

----------------------------------------------対象を理解する
自分のレベルを確認する
  流行の画風や技術の進歩に気を配る
  各所から厳選した絵を数百枚集めてトップクラスの絵を学ぶ
  トップクラスの絵と自分の絵を並べて表示してみる
  書く前に実物をイメージして想像できない部分を確かめる
  ある程度時間をおいてから描いた絵を見直してみる
立体を把握する
  3DCGを作ってグルグル回す(六角大王・blender等)
  粘土でできるだけ大きくてリアルな人形を作る
  既成の模型を使わずにフィギュアを作る
  フィギュア状のアタリ線(清書前)をひたすら模写する
  特定の対象・ポーズ・アングルを一つずつ極めていく
  物体の形状を部品化して考える(手はブロック化して考える等)
  アニメを作る
人体構造を理解する
  解剖学や比率を学んで描く(骨格の動きや筋肉の収縮等)
  骨から描く・裸から描く
光源を理解する
  シンプルな立体で直接光と反射光を練習する
  シンプルな立体を組み合わせて複雑な立体で考える
  ガラス瓶をデッサンする
遠近法を理解する
資料を見ただけで「わかった気」にならない


845:まとめのようなもの:2009/08/02(日) 16:28:45 ID:yjI/NwjA

------------------------------------------------考えながら描く
一枚の絵に常に課題を設けて描く(表現したいもの・学びたいもの等)
なんのための練習なのかを漠然とさせない
描こうとする絵を緻密に具体的にイメージしてから描き始める
先入観で描かない
「考えながら描いている気になっているだけ」にしない
良く見て常に些細な発見をするように心がけて描く
覚えた筋肉や骨格を意識しながら描く

-------------------------------------------------ひたすら描く
反復練習をする
描きたい線を正確に描く動作を身体に覚えさせる
質を上げるために量をこなす・質があがると量があがる
何も考えずに枚数をこなすうちに気づくものもある

-------------------------------------------------------トレス
上手い人の線の引き方を意識する
写真から効果的な線を抽出する訓練をする
立体を意識しながらポーズのアタリだけをトレスする

--------------------------------------------------------模写
苦手な絵でも最後まで必死に描く
自分の絵との違いを考えながら描く
何を描いているか意識して一つの手本として記憶する
髪などで隠れている部分を想像して描いてみる
記憶から自分なりのアウトプットを模索する
背景までぎっちりの絵をフルカラーで模写して塗りを学ぶ


846:まとめのようなもの:2009/08/02(日) 16:30:12 ID:yjI/NwjA

-----------------------------------------------------デッサン
先入観をすべて捨てて印象をとらえて描く
鉛筆で濃淡をつけながら実物を模写する
見た目だけでなく匂いや触感等が伝わるように描く
静物デッサンで小物の描き方を勉強する
ディテールをきっちり描ききることを意識してみる

-------------------------------------------少ない線で表現する
シンプルな模写をする
クロッキーなど滅茶苦茶早く描く
○秒以内と時間を制限する
一部分のディテールにとらわれず全体のバランスをとる

------------------------------------------------------漫画絵
実物を理解してからデフォルメする練習をする
漫画を参考にしてセンスやデフォルメの仕方を学ぶ
そのキャラクターのすべてを愛しながら描く
同じ場面をまったく違う視点で描く

---------------------------------------------30秒ドローイング
準備体操になる
色んなポーズが出てくるので便利

-------------------------------------------------右脳を鍛える
左手で描く(右手で描いていた時と違う何かに気づくかも)
逆さ模写(理性や記憶に囚われない絵が描けるかも)

--------------------------------------------------------見本
 自分 身の回りの実物 女性週刊誌
 海外のVFXアーティストが作った人体模型
 フィギュア フィギュアの写真(色んな角度) その辺の漫画やCG


847:まとめのようなもの:2009/08/02(日) 16:31:14 ID:yjI/NwjA

--------------------------------------------------------道具
アナログかデジタルかは好みの問題
楽しく使えるもの・身の丈に合ったものを使う
タブレットやペイントツールを使いこなす
線画用のブラシ設定は重要
ワイド・マルチディスプレイが快適
大切なのは「紙と鉛筆さえあれば描ける」という気持ち

------------------------------------------------------参考書
役に立つものはごく一部
だいたいはネットで調べられる

--------------------------------------------モチベーション維持
環境を整える
  PCの電源を切るかLANを抜く
  好きな音楽をかける・かけない
  ドラマ等を見ながら描く
批評をもらう
  ほめてもらえるところに投稿する
  的確な助言をくれる絵仲間を作る
  あえて厳しい意見やアンチの声を聞いて闘志を燃やす
  無反応よりマシと考え受けた批評を真摯に分析する
喜んでもらう
  祖父母に似顔絵を描いてプレゼントする
  ヲタの恋人に相手が好きなキャラの絵をあげる
自分を追い込む
  絵で食べていく
  人に見られる場所で描く
  好きな子に似顔絵をプレゼントすると約束する
  ストップウォッチで純粋な作業時間を計測する
  あえてゲームにはまり時間の大切さを実感する


848:まとめのようなもの:2009/08/02(日) 16:33:00 ID:yjI/NwjA

気分を変える
  スレで出た方法を日替わりでやる
  立方体や円錐などシンプルな形を練習する
  文字を綺麗に書いてみる
  いつもと違う手法で描く
  タイマーをセットして作業と休憩をテンポ良く切り替える
  やろうと思ったことは今すぐやる
  モチベーション関係なく身体を動かすと脳がついてくる
  気分が乗らないときは頑張るとランクアップできるチャンス
  自分を足止めさせる正論は捨て前に進める詭弁を取る
  自分の目標を毎日紙に書いて思い出す
  ネガティブ思考の言葉には最初から耳を貸さない
  成功法則系の本を読んで自分もできるという気持ちになる
  「やる前から心が勝ってる」イメージトレーニングをする
  自作の絵を使ってゲームを作る
  優れた娯楽を楽しんで創作意欲を養う
  目の運動をする



自分に合うと思った行だけ参考にするのがいいと思う






14歳のおんなのこ描きかたろぐ14歳のおんなのこ描きかたろぐ
クリエンタ

ソフトバンククリエイティブ 2011-12-21
売り上げランキング : 166532

Amazonで詳しく見る






はてなブックマークに追加する つぶやく

[ 2011/12/03 19:30 ] お絵描きの考え方・上達法 | CM(7) | このエントリーのはてなブックマーク数 はてなブックマーク - 絵が上達したと実感できた練習方法 | |








おすすめ記事








この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング





コメント

502 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/12/03(土) 20:53:51


更新乙。

模写とトレースって
この記事読んで、何を練習しているか分かったわ
なるほどね


503 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/12/03(土) 20:54:40


個人的には、長期的にモチベーションを維持することがまず大切だと思う。


1737 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/04/07(土) 22:58:23


とても参考になりました!
ばんばん描こう…!
管理人さんありがとう~


6196 : 名無しの絵師さんさん 投稿日:2013/02/20(水) 04:22:43


※503
同意
楽しんで描ける人はすごいよね


7337 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/06/01(土) 16:05:24


>>66 どこだよ


7491 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/06/27(木) 13:27:01


「大人の塗り絵」を買い込んで植物画を100枚ぐらい色鉛筆とカラーインクで塗ったら
デジタル塗りも綺麗になったし
塗りしかやってないのになぜかデッサン面の悪い癖も治ったことがある


7775 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/07/17(水) 11:27:19


フィギュアを参考にするって書いてあったけど、稼働するタイプは避けた方が無難かな
重心とか把握してないと、それを参考にした所でなんだか不安定な絵になっちゃうからね

※7491
色塗りをしている間に、物を立体的にとらえる事ができるようになったからかもしれないね
私も今度やってみよう



コメントの投稿

*コメントは承認制です。反映されるには時間がかかります。
 他人を不快にする言葉はお控えください。
 禁止ワードが多い場合はIP規制され閲覧が出来なくなりますのでご了承ください。
 httpは禁止ワードに設定しています。




















デジタル(#2)首(#2)Wacom(#11)キャラクター(#1)カラーリング(#1)鳥居(#1)デッサン人形(#5)お絵描き支援ツール(#4)お題(#6)Phtoshop(#1)パステル(#1)メイキング動画(#6)青ペン先生(#2)体(#7)線の引く練習(#1)龍(#1)デザインドール(#2)レビュー(#1)耳(#1)SNS(#6)ハイライト(#1)3DS(#2)髪型(#1)グロー(#1)CLIP_STUDIO(#1)日記(#3)表情(#2)メガネ(#1)セルシス(#12)テクニック(#129)フリル(#1)お絵かきスレ(#1)書籍(#4)Controller(#1)漫画家(#4)リアリズム(#1)塗り(#12)ブラシ(#6)任天堂(#1)お題絵(#1)PIXIA(#1)お絵描き向上法(#3)設定(#1)絵師(#2)プロ(#10)イベント(#1)ポーズ(#5)アタリ(#2)お絵描きあるある(#2)赤ペン先生(#14)ワンピース(#1)LivePainting(#1)講座(#108)炎(#1)ちびキャラ(#1)肩こり(#1)ルーミス(#1)眼鏡(#1)コンテスト(#2)ジブリ(#1)絵柄(#1)ポーズ集(#3)宇宙(#1)手の描き方(#1)しょこたん(#1)ウサギ(#1)ベタ(#1)色塗り(#51)線画(#4)ふかん(#1)雑談(#3)補助デバイス(#1)印鑑(#1)練習法(#3)あたり(#3)アナログ(#6)製作過程(#1)エアブラシ(#1)リアル(#1)ネーム(#2)OpenCanvas(#1)Adobe(#10)青ペン(#1)Drawing(#1)言い訳(#1)上達法(#23)イラスタ(#1)しわ(#2)髪の毛(#1)胴(#2)アンケート(#2)4コマ漫画(#1)トランスフォーマー(#1)まどかマギカ(#1)コピック(#3)空間把握(#1)海外講座(#1)拡張子(#1)良くない構図(#1)男(#1)水彩(#6)俯瞰(#2)動物(#3)和風(#1)らくがき(#1)影の付け方(#1)カード(#1)モニタ(#1)正月(#1)素材(#4)参考HP(#13)トレース(#2)記号(#1)パース(#4)ホビージャパン(#2)イメージで描く!(#1)腕(#1)ドラゴン(#2)GIMP(#2)東方(#5)リフレッシュ法(#1)アニメーター(#3)CLIPSTUDIO(#2)Intuos(#1)イラスト投稿サイト(#1)ナイフ(#1)犬(#1)笑い話(#1)オリジナル(#1)発光(#1)厚塗り(#8)袴(#1)お勧め(#12)右脳(#1)下着(#1)お絵描き素材(#1)QUMARION(#1)参考書籍(#12)考え方(#70)模様(#2)フリーソフト(#1)ワコム(#3)下着メーカー(#1)ジャンプ(#1)Pixiv講座(#2)幸せな瞬間(#1)スランプ(#1)もやしもん(#1)ラフ(#1)GIMP(#1)構図(#4)練習(#2)上達書籍(#1)鉛筆(#2)ストーリーの考え方(#1)お絵描き用道具(#3)SAI(#8)勉強(#5)ポケモン(#3)装飾(#1)塗り方(#1)アート(#3)配色(#5)浮世絵(#1)靴(#1)枠(#1)リアル絵(#1)仕事(#3)ポートフォリオ(#1)つけペン(#3)タブレット(#3)大友昇平(#1)あるある(#1)書籍紹介(#1)しぐさ(#2)アングル(#1)Suimy(#1)レース(#1)今と昔の比較(#2)おもしろ(#2)行進絵(#1)芸術(#2)人の描き方(#46)筋肉の描き方(#5)Photoshop(#12)ゲーム(#3)ペンタブ(#15)画力向上講座集(#1)着物(#3)メンズ(#1)悩み(#1)png(#1)モンスターハンター(#1)顔の描き方(#17)上半身(#1)準備体操(#1)ハンコ(#1)ご挨拶(#1)丸ペン(#1)馬(#1)ブラシ設定(#2)口(#1)服のしわの描き方(#1)エロゲー塗り(#1)しまむらくん(#1)狼(#1)なかよし(#3)特徴(#1)画力上達書籍(#1)サイト(#3)海外サイト(#1)筋肉(#14)尻(#1)動画サイト(#1)創造(#1)おっぱい(#2)漫画(#39)スクールペン(#1)プリンストン(#4)目標(#2)花(#1)動画(#9)SMS(#1)民族衣装(#1)テクスチャ(#10)陰(#1)カフェアート(#1)Pixlr(#1)ストレッチ(#1)redjuice(#1)おもちゃ(#1)鼻(#1)参考書(#5)描き方(#12)男性(#2)Tab-Mate(#1)線(#1)向上法(#40)アンケート結果(#1)テーマカラー(#1)アプリ(#1)講座動画(#1)カラーハーフトーン(#1)シワ(#1)ペイント(#1)Pixiv(#1)人体(#4)武器(#1)塗り絵(#1)モチベーションアップ法(#1)マンガ(#2)質問(#1)図書館(#1)ブックスタンド(#1)グリザイユ(#3)解剖学(#1)ツール(#11)GIF(#1)リフレッシュ(#1)フィルター(#1)岸田メル(#3)感情表現(#1)ニュース(#15)髪(#6)パンツ(#3)同人(#1)まとめ(#10)水彩色鉛筆(#1)世界観(#1)上達(#1)立体把握(#1)ソーシャル(#1)蝶(#1)顔(#17)影(#2)目(#6)液タブ(#1)ペンタブレット(#1)木(#1)wacom(#1)ワキ(#1)CLIP(#4)和紙(#1)肘(#1)相場(#1)資料(#3)光(#2)ドット絵(#2)コミスタ(#3)鼠(#1)フォント(#2)レイヤー(#1)唇(#1)画材(#1)お絵描きスレ(#5)色の塗り方(#1)ペイントソフト(#7)イラストレーター(#1)おやつ(#1)カラー(#1)ドローイング(#1)AKIRA(#1)配信(#1)年賀はがき(#1)猫(#3)RPG(#1)クリスマス(#1)色鉛筆(#11)アイドルマスター(#1)Gペン(#4)和服(#2)質問と答え(#1)デフォルメ(#5)胸(#1)作業場(#1)神社(#1)眼(#1)練習方法(#2)FireAlpaca(#1)妖怪(#1)リメイク(#5)gif(#1)絵コンテ(#1)水(#2)マウス(#2)フリー素材(#11)コミケ(#1)色彩(#1)ステンドグラス(#1)背景の描き方(#1)創作(#1)Pixiv(#94)萌え(#1)ボット(#1)スカート(#3)iPad(#1)就職(#1)イラスト(#7)ボブ・ロス(#1)背景(#13)モンスター(#1)着色テクニック(#1)重心(#1)たこ焼き(#1)肩(#2)脚(#2)クリスタ(#3)頭骸骨(#1)メイキング(#84)アニメ(#5)ツイッター(#2)ドラゴンクエスト(#1)塗(#3)ペン入れ(#2)講座集(#1)足(#1)擬人化(#2)顎(#1)骨(#7)bot(#2)Intuos5(#2)CLIPPAINT(#1)落書き(#2)ロボット(#4)販売(#1)同人誌(#3)花柄(#1)お勧めHP(#1)萌え絵(#4)鳥(#2)勉強法(#3)骨の描き方(#4)健康法(#1)疲れ目(#1)骨格(#1)模写(#5)赤ペン(#2)プリキュア(#3)面白(#1)筆ペン(#2)比率(#1)漫画の描き方(#3)体の描き方(#8)制作現場(#1)コツ(#1)疑問(#1)大友克洋(#1)切り絵(#2)インタビュー(#1)ペンの持ち方(#1)CGHUB(#1)お絵かき用道具(#2)宮崎駿(#1)安価(#30)理由(#1)デッサン(#8)遠近法(#1)腱鞘炎(#1)お絵描き上達法(#1)資料サイト(#2)
人気ブログランキングへ