フリーソフトで印刷用CMYK形式に変換する方法 はてなブックマーク - フリーソフトで印刷用CMYK形式に変換する方法


CMYK.png RGB.png



皆さんは、同人誌を出していたりするでしょうか?

私はまだ出した事は無いのですが、
少し同人誌について調べていた時に
勉強になったのでメモ代わりとして
記事にしたいと思います。

同人誌を出す場合は、自分で印刷する場合もありますが
印刷所にデータを渡して印刷する事が多いようです。

大抵の場合は、CMYK形式のデータで受け付けているようです。


良く分からない人向けに説明すると、


■CMYKとは
CMYK(またはCMYKカラーモデル)は色の表現法の一種で、
シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4種から成る。
CMYKは

シアン(Cyan)
マゼンタ(Magenta)
イエロー(Yellow)
・キー・プレート(Key Plate)


の頭文字1字を取ったものです。

CMYK.png

CMYK Wiki



これとは別にRGB形式というものがあります。
基本イラストなどで使っているソフトなどでは、
RGB形式で保存しています。


■RGBとは
RGB(またはRGBカラーモデル)は色の表現法の一種で、

赤 (Red)
緑 (Green)
青 (Blue)


の三つの原色を混ぜて幅広い色を再現する加法混色の一種で、
RGBは三原色の頭文字です。

ブラウン管(CRT)や液晶ディスプレイ(LCD)、
デジタルカメラなどで画像再現に使われています。

RGB.png

RGB Wiki



さて、このCMYKは
塗料(絵具)ではRGB形式で全ての色の表現が出来ない為、
印刷する場合はCMYK形式への変換作業が必要になります。




RGBで印刷する事も可能なのですが、
RGBとCMYKそれぞれの補色の波長が一致していない事などから、
印刷結果は全く期待通りとならない物になる(変色する)ようです。

ですので、
自分で作成したイラスト(RGB形式)を
見栄えのいいようにCMYK形式で調整して
CMYK形式で印刷所に出せば良いわけですが
このCMYK変換機能を持っているペイントツールは

・Photoshop
・Illustrator
・Comicstudio
・IllustStudio
・CLIP STUDIO PAINT PRO

などの、市販されているものが多いです。




では、フリーソフトでCMYK変換機能を持っているもは
ないか調べてみた所、

フリーソフトのGIMPにCMYK変換用のプラグインが公開されていました。
GIMP2のダウンロードはこちらから

プラグインの名前は「Separate+」というもです。
Separate+のダウンロードはこちらから





【Separate+のインストール方法】

少しプラグインを入れるには難しいので解説しておきます。

ダウンロードサイトの一番下にある
「separate+-0.5.8.zip」をダウンロードします。
Separate00.jpg

ダウンロードして解凍します。
解凍されたフォルダの中にある
「separate+-0.5.8」→「bin」→「win32」の全ファイル
Separate01.jpg

を、
C:\Program FilesにあるGIMP2プラグインフォルダに
全てコピーします。
「GIMP-2.0」→「lib」→「gimp」→「2.0」→「plug-ins」

次に、日本語化します。

先ほど解凍したSeparate+プラグインフォルダ
「po」→「ja.gmo」
Separate02.jpg

を、

「GIMP-2.0」→「share」→「locale」→「ja」→「LC_MESSAGES」
にコピーします。

コピーした「ja.gmo」を「gimp20-separate.mo」に名前を変更しすればOKです。

一度、GIMPを起動してみてください。

GIMPのメニューバーの「画像」→「Separate」があるか確認してください。

Separate03.jpg

「Separate」を選択して、

Separate04.jpg

があればプラグインのインストール成功です。


分かりにくい方は、インストール動画もあるのでこちらを参考に
してください。

【インストール動画】
・Separate+の導入(Windows向け)




【Adobe ICCプロファイルのインストール方法】

こちらも、インストールしておく必要があります。

手順は、動画がありましたので参考にしてください。

・Adobe ICCプロファイル
ICCファイルのダウンロード







【Separate+の使い方】

CMYK変換の方法は、 3つのステップが必要です。

1.色分解
2.色校正
3.書き出し

一つずつ見ていきましょう!

1.色分解

まず、CMYKは4つの色情報からなっていましたよね。
その4種類の色情報にまず分解する必要があります。

手順は、
「画像」→「Separate」→「色分解」を選んでください。
Separate05.jpg 
選ぶ事で、「色分解ウインドウ」が表示されます。

Separate06.jpg 

この色分解ウインドウの設定によって、
印刷される時の色が決定するようです。
ここの部分に関しては、専門的な知識が必要なようです。
現状一例として、このように設定しておきました。

※Separate+のReadmeの使用方法から抜粋
「ソースカラースペース」には
画像のプロファイルを指定
(埋め込みプロファイルがある場合は「埋め込みプロファイルを優先」にチェックを入れておけばOK)

「変換先カラースペース」
には印刷条件に合ったCMYK出力プロファイルを指定してください。
大抵は「Japan Color 2001 Coated」で良いのですが、
不明な点があれば印刷業者に問い合わせましょう。

レンダリングインテントは
「知覚的」または「相対的な色域を維持」のいずれかを選択します
(どちらがいいかは分解結果を見て判断してください)。
また、
「黒点の補正を使用」はチェックを入れておいた方が良いでしょう。



OKボタンをおすと、

Separate07.jpg Separate08.jpg

のように、白黒の画像が出来あがります。
レイヤーの状態を見てもらうと分かりますが
CMYK別の4つのレイヤーが出来ていると思います。

Separate09.jpg 

これで、一つ目の色分解は終わりです。



2.色校正


次は、色分解が上手く出来ているか確認をします。
この色校正は正確に見えるわけではないです。
あくまでも、目安として使いましょう。

手順は、
「画像」→「Separate」→「色校正」を選んでください。
Separate10.jpg 

選ぶと色校正ウインドウが出ます。

Separate11.jpg 

モニタのカラーベースは、色分解した時に選んだものと
同じ物にしてください。


※Separate+のReadmeの使用方法から抜粋
「モニタのカラースペース」には
お使いのモニタのプロファイルを指定します。

プロファイルを確認したい場合は、
画像ウインドウのメニューより、
表示->ディスプレイフィルタ...を選択し、
ダイアログが開いたら「色管理」フィルタをクリックしてください。
するとダイアログの下半分にモニタプロファイルの名称が表示されます
(なしになっている環境ではカラーの確認はできません)。

「分解画像のカラースペース」は
分解のときに変換先カラースペースとして指定した
プロファイルを選択します。
通常は分解に使用されたプロファイルの情報が
(分解結果の画像に)記録されていますので、
「分解時のプロファイルを優先」にチェックを入れておけばよいでしょう。

「モード」については、どれが最適というのは難しいのですが、
Photoshopではデフォルトで「通常」を選んだときと同様の表示をするので、
それに慣れている方は「通常」を選択してください。



OKボタンを押すと、
印刷された時の目安となる色で画像が表示されます。

【左:元画像 右:色校正】
Separate07.jpg Separate12.jpg

こんな感じになります。
もし問題が無ければ、次のステップに行きましょう。
問題があるのであれば、
色分解の設定をやり直した方が良いと思います。

確認が終わったら、色校正をした画像は閉じても構いません。



3.書き出し

最後は、色分解したデータの書き出し方法です。
手順は、
「画像」→「Separate」→「書き出し」を選んでください。
Separate13.jpg 

選ぶと、書き出しウインドウが表示されます。

Separate14.jpg 
ファイル形式は、「TIFF」「JPEG」「PSD」がありますので、
印刷業者さんから指定されているもので保存してください。

これで、あとは印刷業者さんにデータを渡せば終了です。




とまあ、
フリーソフトでのCMYK変換は、こんな感じで出来ます。

個人的には
市販ソフトを使ってやる方が良いような気がします。

今度、発売される
CLIP STUDIO PAINT PRO」の価格は5,000円と
お手頃ですし、体験版も使い勝手も良かったです。

色々考えてみてはいかがでしょうか?

ではでは~。


【追記】
CMYK関連について面白い記事があったので追加しておきます。
あわせて読むと良いかもしれません。

CMYKについてあれこれ
Separate15.jpg


「GIMPでCMYK」に関連するあれやこれや
Separate16.jpg




kanren_line.png


社会人でも「Adobe製品」を最大8割引きで安く購入する方法

セルシス「CLIP STUDIO PAINT PRO」発売日と価格が決定!

「CLIP PAINT Lab」Ver0.8.2でイラストを描く レビュー

セルシスの最新ペイントツール「CLIP PAINT Lab」Ver0.8.2 レビュー

kanren_line_end.png


 




はてなブックマークに追加する つぶやく

[ 2012/04/26 19:30 ] お絵描き支援ツール・素材・サイト | CM(5) | このエントリーのはてなブックマーク数 はてなブックマーク - フリーソフトで印刷用CMYK形式に変換する方法 | |








おすすめ記事








この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング





コメント

1867 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/04/27(金) 12:03:08


GIMPのプラグイン作った人から間違ってるよってツイートされてるみたいなんで、訂正された方がいいかもしれませんよー


1869 : お絵描き初心者 管理人さん 投稿日:2012/04/27(金) 16:16:26


> GIMPのプラグイン作った人から間違ってるよってツイートされてるみたいなんで、訂正された方がいいかもしれませんよー

情報ありがとうございます。
色々訂正しました。

また、
インストール方法の動画、
CMYK関連の記事があったので追加しました。


1870 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/04/27(金) 18:24:42


gimp使ってたんだけどこれは知らなかった。
情報ありがとう!


6240 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/02/22(金) 16:05:41


OSが64bitならファイル名が長いzipから
(説明にある)exeをコピーしなきゃ動かない。


13662 : AgripinaTetlyさん 投稿日:2016/12/03(土) 07:27:33


Кто поможет? Где купить новый смартфон Xiaomi Redmi 3 Pro с хорошей скидкой?
-----------------------
02.12.2016 Agripina



コメントの投稿

*コメントは承認制です。反映されるには時間がかかります。
 他人を不快にする言葉はお控えください。
 禁止ワードが多い場合はIP規制され閲覧が出来なくなりますのでご了承ください。
 httpは禁止ワードに設定しています。






















模写(#5)アニメーター(#3)花(#1)ペンの持ち方(#1)胴(#2)コツ(#1)ペンタブ(#15)芸術(#2)配信(#1)液タブ(#1)イベント(#1)まとめ(#10)サイト(#3)和服(#2)耳(#1)FireAlpaca(#1)資料(#3)創作(#1)首(#2)LivePainting(#1)狼(#1)丸ペン(#1)メイキング(#78)画材(#1)岸田メル(#3)男(#1)OpenCanvas(#1)Wacom(#11)感情表現(#1)萌え(#1)講座動画(#1)お絵描きあるある(#2)レイヤー(#1)下着(#1)面白(#1)絵コンテ(#1)空間把握(#1)犬(#1)ラフ(#1)日記(#3)体の描き方(#8)顔の描き方(#17)ブラシ設定(#2)お題(#6)参考書籍(#12)ジャンプ(#1)良くない構図(#1)色彩(#1)グロー(#1)就職(#1)骨の描き方(#4)水(#2)しまむらくん(#1)イラスト(#7)鳥(#2)デザインドール(#2)塗り絵(#1)正月(#1)しぐさ(#2)蝶(#1)大友昇平(#1)AKIRA(#1)Intuos5(#2)ドローイング(#1)ニュース(#15)相場(#1)動画(#9)ペンタブレット(#1)服のしわの描き方(#1)コンテスト(#2)馬(#1)プリキュア(#3)ドラゴン(#2)クリスマス(#1)Pixlr(#1)人の描き方(#46)ネーム(#2)参考HP(#13)解剖学(#1)しょこたん(#1)素材(#4)水彩色鉛筆(#1)クリスタ(#3)キャラクター(#1)筋肉の描き方(#5)Controller(#1)脚(#2)練習法(#3)妖怪(#1)眼(#1)レビュー(#1)スクールペン(#1)同人(#1)パース(#4)まどかマギカ(#1)ボブ・ロス(#1)ワキ(#1)塗(#3)筋肉(#14)炎(#1)配色(#5)質問(#1)色鉛筆(#11)フリー素材(#11)GIF(#1)iPad(#1)お勧め(#12)アニメ(#5)宇宙(#1)宮崎駿(#1)ポケモン(#3)おもしろ(#2)カフェアート(#1)胸(#1)着色テクニック(#1)ルーミス(#1)Gペン(#4)画力向上講座集(#1)尻(#1)特徴(#1)背景(#13)人体(#4)インタビュー(#1)準備体操(#1)浮世絵(#1)マウス(#2)メイキング動画(#6)ボット(#1)タブレット(#3)作業場(#1)講座集(#1)モチベーションアップ法(#1)鉛筆(#2)モンスター(#1)イラスタ(#1)カラーハーフトーン(#1)トレース(#2)構図(#4)ハンコ(#1)GIMP(#1)カラー(#1)お絵かき用道具(#2)線画(#4)アプリ(#1)ご挨拶(#1)おやつ(#1)漫画家(#4)テクニック(#123)擬人化(#2)装飾(#1)色塗り(#51)腱鞘炎(#1)エアブラシ(#1)記号(#1)勉強法(#3)和紙(#1)比率(#1)落書き(#2)練習(#2)ゲーム(#3)4コマ漫画(#1)眼鏡(#1)デッサン(#8)設定(#1)Adobe(#10)図書館(#1)海外サイト(#1)笑い話(#1)Phtoshop(#1)シワ(#1)下着メーカー(#1)筆ペン(#2)Pixiv(#1)影の付け方(#1)立体把握(#1)理由(#1)東方(#5)デジタル(#2)青ペン先生(#2)ロボット(#4)疲れ目(#1)SAI(#8)製作過程(#1)セルシス(#12)動画サイト(#1)ポートフォリオ(#1)ウサギ(#1)ブックスタンド(#1)色の塗り方(#1)行進絵(#1)同人誌(#3)体(#7)今と昔の比較(#2)制作現場(#1)ドラゴンクエスト(#1)CLIPSTUDIO(#2)神社(#1)雑談(#3)創造(#1)メガネ(#1)言い訳(#1)らくがき(#1)重心(#1)パンツ(#3)靴(#1)袴(#1)男性(#2)線(#1)萌え絵(#4)お絵描き支援ツール(#4)書籍(#4)ソーシャル(#1)塗り(#12)顔(#17)右脳(#1)メンズ(#1)QUMARION(#1)補助デバイス(#1)資料サイト(#2)フィルター(#1)あるある(#1)あたり(#3)目(#6)動物(#3)リアル絵(#1)リフレッシュ法(#1)フォント(#2)イラストレーター(#1)アングル(#1)3DS(#2)お題絵(#1)GIMP(#2)遠近法(#1)ホビージャパン(#2)上半身(#1)足(#1)光(#2)龍(#1)画力上達書籍(#1)拡張子(#1)Photoshop(#12)口(#1)フリーソフト(#1)ストーリーの考え方(#1)切り絵(#2)仕事(#3)上達法(#23)販売(#1)RPG(#1)悩み(#1)ペイントソフト(#7)SMS(#1)ワコム(#3)SNS(#6)Drawing(#1)お絵描きスレ(#5)青ペン(#1)プリンストン(#4)イラスト投稿サイト(#1)ポーズ集(#3)アナログ(#6)リフレッシュ(#1)CLIPPAINT(#1)コミスタ(#3)お絵かきスレ(#1)おもちゃ(#1)Intuos(#1)ステンドグラス(#1)鼠(#1)花柄(#1)疑問(#1)リメイク(#5)bot(#2)肩(#2)アイドルマスター(#1)プロ(#10)厚塗り(#8)ペイント(#1)たこ焼き(#1)武器(#1)幸せな瞬間(#1)デッサン人形(#5)鼻(#1)リアル(#1)アンケート結果(#1)しわ(#2)コミケ(#1)PIXIA(#1)ドット絵(#2)和風(#1)gif(#1)ワンピース(#1)wacom(#1)唇(#1)リアリズム(#1)目標(#2)フリル(#1)ふかん(#1)お勧めHP(#1)猫(#3)健康法(#1)赤ペン先生(#14)アンケート(#2)髪(#6)テーマカラー(#1)お絵描き用道具(#3)赤ペン(#2)png(#1)模様(#2)世界観(#1)髪型(#1)漫画の描き方(#3)骨(#7)なかよし(#3)木(#1)カード(#1)肩こり(#1)顎(#1)肘(#1)CLIP(#4)お絵描き向上法(#3)デフォルメ(#5)頭骸骨(#1)絵柄(#1)線の引く練習(#1)ツール(#11)マンガ(#2)ペン入れ(#2)発光(#1)エロゲー塗り(#1)民族衣装(#1)講座(#102)ツイッター(#2)イメージで描く!(#1)手の描き方(#1)書籍紹介(#1)ストレッチ(#1)ポーズ(#5)ジブリ(#1)ナイフ(#1)ブラシ(#6)水彩(#6)おっぱい(#2)redjuice(#1)腕(#1)参考書(#5)Suimy(#1)レース(#1)グリザイユ(#3)コピック(#3)表情(#2)Pixiv(#88)お絵描き上達法(#1)上達書籍(#1)パステル(#1)背景の描き方(#1)大友克洋(#1)ちびキャラ(#1)質問と答え(#1)俯瞰(#2)練習方法(#2)ハイライト(#1)モニタ(#1)年賀はがき(#1)勉強(#5)CGHUB(#1)Pixiv講座(#2)Tab-Mate(#1)オリジナル(#1)トランスフォーマー(#1)スカート(#3)海外講座(#1)着物(#3)印鑑(#1)枠(#1)陰(#1)つけペン(#3)塗り方(#1)任天堂(#1)アート(#3)安価(#30)お絵描き素材(#1)描き方(#12)鳥居(#1)向上法(#40)考え方(#70)モンスターハンター(#1)影(#2)カラーリング(#1)スランプ(#1)ベタ(#1)アタリ(#2)絵師(#2)CLIP_STUDIO(#1)骨格(#1)髪の毛(#1)もやしもん(#1)漫画(#39)上達(#1)テクスチャ(#10)
人気ブログランキングへ