パルミー月謝制広告バナー_730_90_1

首を理解して描こう はてなブックマーク - 首を理解して描こう

首を理解して描こう_00



さて、今回は首についてだよ。
首ってどんな風になってるかな?

一緒に勉強しながら描こうね♪


まず、首ってどんな骨と、筋肉で出来ているか覚えよう!


首を理解して描こう_01

左から、骨、筋肉、皮膚を現した図で説明します。

覚えるべき骨と、筋肉を色分けしました。

首を理解して描こう_02

◇骨の図
 ・舌骨
 ・甲状軟骨


◇筋肉の図
 ・舌骨
 ・甲状軟骨
 ・胸鎖乳突筋
 ・僧帽筋


◇皮膚の図
 ・胸鎖乳突筋と僧帽筋による膨らみを表す線 

骨の名前を言い換えると
舌骨と、甲状軟骨喉仏
です。

まずは、色んな角度から首を観察して見てみましょう。
ここでの見所は、喉仏がどのように動き、どのように突き出るのかを意識してください。


■正面
首を理解して描こう_01
首を理解して描こう_02



■後ろ
首を理解して描こう_03



■正面から左右を見る姿勢
首を理解して描こう_04
首を理解して描こう_05



■横
首を理解して描こう_06
首を理解して描こう_07



■うつむいた状態
首を理解して描こう_08
首を理解して描こう_09



■見上げた状態
首を理解して描こう_10
首を理解して描こう_11

※喉仏は、見上げた時に一番突き出ます。




さて、色んな角度から首を観察できたかと思います。
では、お絵描きで首を描く時に意識するべき点を書いて行きます。

胸鎖乳突筋を表す線は、鎖骨に向かって描く
首を理解して描こう_12

胸鎖乳突筋は、鎖骨と繋がっていますので、覚えておきましょう。



胸鎖乳突筋を表す線は、耳の後ろ(顎の付け根)から描く
首を理解して描こう_13



■後ろから描く場合は、僧帽筋を主体として描く
首を理解して描こう_14

首を理解して描こう_15

後ろから見た場合は、僧帽筋が多く見えます。ただ、胸鎖乳突筋も見えるので、筋肉同士が重なる部分を意識しましょう。



■うつむいた時は、顎は胸に付かない
首を理解して描こう_16

少しぽっちゃりしている方は、脂肪で胸に付く事があります。
ですが、基本的に顎は胸に付くことはありません



■首は前と後ろで、長さが変わる
首を理解して描こう_17

前は短く、後ろは長くなります。



僧帽筋を忘れない
首を理解して描こう_18

僧帽筋が無いと変に見えます。



■首は最低限、正方形が入るイメージで描こう
首を理解して描こう_19

首の太さによらず、正方形が入るぐらいのイメージで描いた方が良いと思います。
好みにもよると思いますので、自分の絵柄によって変えましょう。



■首を傾げた時の稼動範囲を覚えよう
首を理解して描こう_20

よく勘違いされてしまうのが、耳が肩に付くので、首はそこまで傾げれると思いがちですが
それは間違いで、実際肩が上がっている状態です。
稼動範囲を間違うと首が折れてしまうので注意です。



■男性と女性で僧帽筋の大きさを変えよう
首を理解して描こう_21

女性は、僧帽筋が小さくなるので、男性と比べ
後ろ側の首のラインが長くなります。
その逆に、男性は僧帽筋が大きいので短くなります。



■男性と女性で、首の太さと喉仏の出っ張りを変えよう
首を理解して描こう_22

男性は、首を太くして喉仏を少し強調させましょう。
女性は、首を細くして喉仏は描かないようにしましょう。(女性にも喉仏はあるので自分のキャラに応じて変えようね)


■まとめ




お疲れ様でした。
だんだんと覚える事が増えてきたでしょう。
ですが、こういう内容は気になった時に見て意識する事が大切です。
全て覚えようとして、絵が嫌いになったら意味がありません。

気軽に、知識として入れておき
必要な時に活用していきましょう!





次へ
前へ






はてなブックマークに追加する つぶやく

[ 2011/07/31 13:56 ] 人間の描き方 | CM(2) | このエントリーのはてなブックマーク数 はてなブックマーク - 首を理解して描こう | |








おすすめ記事








この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング





コメント

13703 : 名無しの絵師さん 投稿日:2017/02/17(金) 20:54:35


参考にします(`・∀・´)


13814 : 名無しの絵師さん 投稿日:2017/10/04(水) 03:05:52


>>少しぽっちゃりしている方は、脂肪で胸に付く事があります。
>>ですが、基本的に顎は胸に付くことはありません。

>>よく勘違いされてしまうのが、耳が肩に付くので、首はそこまで傾げれると思いがちですが
>>それは間違いで、実際肩が上がっている状態です。
>>稼動範囲を間違うと首が折れてしまうので注意です。

顎の骨と鎖骨の胸骨端を薄皮一枚挟んでくっつけられるし
肩を下した状態で固定して
左右どちらでも首だけ傾けて耳を肩に付けられるわ

出来ない奴は首が短いんだろ

人体を理解する上で自分を参考にするのは基本中の基本だけど
それを過度に一般化して考えるのは大間違いの元だよ



コメントの投稿

*コメントは承認制です。反映されるには時間がかかります。
 他人を不快にする言葉はお控えください。
 禁止ワードが多い場合はIP規制され閲覧が出来なくなりますのでご了承ください。
 httpは禁止ワードに設定しています。




















ブラシ(#6)コピック(#3)製作過程(#1)ポートフォリオ(#1)人体(#4)キャラクター(#1)塗(#3)眼鏡(#1)比率(#1)蝶(#1)ポーズ(#5)言い訳(#1)コツ(#1)セルシス(#12)肩こり(#1)右脳(#1)陰(#1)厚塗り(#8)CGHUB(#1)就職(#1)ステンドグラス(#1)お絵描き素材(#1)アナログ(#6)光(#2)表情(#2)練習(#2)ゲーム(#3)ペンタブ(#15)おっぱい(#2)服のしわの描き方(#1)3DS(#2)花柄(#1)参考書(#5)肘(#1)解剖学(#1)大友克洋(#1)笑い話(#1)参考HP(#13)筋肉(#14)拡張子(#1)ドット絵(#2)ご挨拶(#1)サイト(#3)png(#1)首(#2)絵柄(#1)おもちゃ(#1)配信(#1)ペン入れ(#2)コンテスト(#2)お絵描き支援ツール(#4)GIMP(#1)書籍紹介(#1)着物(#3)なかよし(#3)重心(#1)上達書籍(#1)筋肉の描き方(#5)画力向上講座集(#1)講座(#111)青ペン(#1)面白(#1)Intuos(#1)下着(#1)スカート(#3)イベント(#1)プリキュア(#3)鼻(#1)補助デバイス(#1)カード(#1)装飾(#1)SAI(#8)模様(#2)動画サイト(#1)丸ペン(#1)馬(#1)メンズ(#1)グリザイユ(#3)宇宙(#1)創造(#1)肩(#2)鳥居(#1)コミケ(#1)青ペン先生(#2)GIMP(#2)パース(#4)髪(#6)ツール(#11)資料サイト(#2)海外講座(#1)腕(#1)行進絵(#1)トランスフォーマー(#1)骨(#7)シワ(#1)Pixiv講座(#2)色彩(#1)木(#1)お絵かきスレ(#1)影の付け方(#1)同人誌(#3)男(#1)鼠(#1)影(#2)赤ペン(#2)アンケート結果(#1)同人(#1)QUMARION(#1)まどかマギカ(#1)色塗り(#52)芸術(#2)大友昇平(#1)立体把握(#1)特徴(#1)モチベーションアップ法(#1)資料(#3)理由(#1)マンガ(#2)猫(#3)腱鞘炎(#1)上達(#1)FireAlpaca(#1)胴(#2)花(#1)プリンストン(#4)マウス(#2)コミスタ(#3)ルーミス(#1)ワコム(#3)イラスタ(#1)参考書籍(#12)俯瞰(#2)構図(#4)フォント(#2)もやしもん(#1)考え方(#70)ラフ(#1)Drawing(#1)悩み(#1)作業場(#1)レース(#1)萌え絵(#4)足(#1)相場(#1)スランプ(#1)背景の描き方(#1)武器(#1)鉛筆(#2)水(#2)たこ焼き(#1)動画(#9)質問と答え(#1)レビュー(#1)ニュース(#15)勉強法(#3)仕事(#3)フィルター(#1)ハンコ(#1)顎(#1)テクスチャ(#10)らくがき(#1)お絵描きあるある(#2)塗り(#12)しわ(#2)人の描き方(#47)ボブ・ロス(#1)しまむらくん(#1)wacom(#1)目標(#2)おもしろ(#2)モニタ(#1)トレース(#2)グロー(#1)体の描き方(#8)ジャンプ(#1)唇(#1)デザインドール(#2)図書館(#1)妖怪(#1)メガネ(#1)漫画家(#4)ペイント(#1)アタリ(#2)CLIPPAINT(#1)CLIP(#4)ドラゴン(#2)切り絵(#2)上達法(#23)ふかん(#1)準備体操(#1)神社(#1)模写(#5)線の引く練習(#1)デフォルメ(#5)あたり(#3)日記(#3)幸せな瞬間(#1)練習方法(#2)イラストレーター(#1)空間把握(#1)ブラシ設定(#2)色の塗り方(#1)Adobe(#10)デッサン(#8)モンスター(#1)お絵かき用道具(#2)狼(#1)書籍(#4)正月(#1)SNS(#6)Controller(#1)口(#1)お絵描き用道具(#3)水彩(#6)リアル絵(#1)世界観(#1)イラスト投稿サイト(#1)講座集(#1)袴(#1)健康法(#1)カフェアート(#1)販売(#1)メイキング動画(#6)耳(#1)配色(#5)創作(#1)Pixiv(#1)画力上達書籍(#1)フリー素材(#11)アングル(#1)龍(#1)上半身(#1)描き方(#12)塗り絵(#1)絵師(#2)アプリ(#1)画材(#1)LivePainting(#1)ポーズ集(#3)RPG(#1)髪の毛(#1)スクールペン(#1)任天堂(#1)SMS(#1)設定(#1)カラーハーフトーン(#1)プロ(#10)練習法(#3)Gペン(#4)お題絵(#1)素材(#4)鳥(#2)しぐさ(#2)疑問(#1)リアル(#1)今と昔の比較(#2)疲れ目(#1)筆ペン(#2)ネーム(#2)海外サイト(#1)雑談(#3)アニメ(#5)Phtoshop(#1)ちびキャラ(#1)タブレット(#3)GIF(#1)ペイントソフト(#7)エロゲー塗り(#1)アニメーター(#3)着色テクニック(#1)PIXIA(#1)redjuice(#1)髪型(#1)岸田メル(#3)向上法(#40)東方(#5)枠(#1)まとめ(#10)ナイフ(#1)漫画の描き方(#3)しょこたん(#1)水彩色鉛筆(#1)アート(#3)擬人化(#2)胸(#1)ジブリ(#1)線(#1)記号(#1)メイキング(#88)つけペン(#3)感情表現(#1)塗り方(#1)イラスト(#7)勉強(#5)テーマカラー(#1)遠近法(#1)下着メーカー(#1)bot(#2)お絵描きスレ(#5)頭骸骨(#1)背景(#13)お勧めHP(#1)あるある(#1)gif(#1)和風(#1)骨格(#1)Tab-Mate(#1)和服(#2)お題(#6)カラー(#1)フリーソフト(#1)顔の描き方(#17)ウサギ(#1)ワンピース(#1)ポケモン(#3)Suimy(#1)リアリズム(#1)印鑑(#1)ドラゴンクエスト(#1)エアブラシ(#1)萌え(#1)アンケート(#2)AKIRA(#1)ロボット(#4)浮世絵(#1)ソーシャル(#1)赤ペン先生(#14)脚(#2)ホビージャパン(#2)民族衣装(#1)Pixlr(#1)Photoshop(#12)顔(#17)目(#6)宮崎駿(#1)リフレッシュ法(#1)ボット(#1)レイヤー(#1)Wacom(#11)イメージで描く!(#1)パンツ(#3)講座動画(#1)クリスタ(#3)体(#7)ハイライト(#1)安価(#30)CLIP_STUDIO(#1)デッサン人形(#5)和紙(#1)お勧め(#12)炎(#1)ドローイング(#1)モンスターハンター(#1)ベタ(#1)4コマ漫画(#1)インタビュー(#1)お絵描き上達法(#1)アイドルマスター(#1)靴(#1)リフレッシュ(#1)テクニック(#131)発光(#1)お絵描き向上法(#3)CLIPSTUDIO(#2)液タブ(#1)動物(#3)ブックスタンド(#1)落書き(#2)リメイク(#5)良くない構図(#1)デジタル(#2)男性(#2)ペンの持ち方(#1)パステル(#1)年賀はがき(#1)犬(#1)iPad(#1)色鉛筆(#11)ストレッチ(#1)尻(#1)クリスマス(#1)Intuos5(#2)ストーリーの考え方(#1)ペンタブレット(#1)ワキ(#1)制作現場(#1)オリジナル(#1)骨の描き方(#4)フリル(#1)おやつ(#1)OpenCanvas(#1)カラーリング(#1)質問(#1)線画(#4)ツイッター(#2)絵コンテ(#1)漫画(#39)Pixiv(#98)眼(#1)手の描き方(#1)
人気ブログランキングへ