これは面白い!全身の筋肉を上手く意識した『稲妻型』アタリの描き方 はてなブックマーク - これは面白い!全身の筋肉を上手く意識した『稲妻型』アタリの描き方


thunder00.jpg



人間を描く時には、まずアタリを描く事が多いと思います。

皆さんは、
どんなアタリを描きますか?

さて、今回はちょっと変わった
面白いアタリの描き方の紹介です。



皆さんは見た事があると思いますが、
まず最初に人を描く為に勉強した
絵の勉強本で有名な

ジャックハムの

人体のデッサン技法
人体のデッサン技法

この中で『骨格』を勉強する為に描かれているのは
こんな感じです。

あたり例1



また、こちらも有名な
ルーミスの

やさしい人物画
やさしい人物画

で描かれている、
『骨格』の勉強する時のアタリ

あたり例2


などがあります。

この本を勉強した人は
『骨格』の部分を上手くアレンジして
アタリを描かれていると思います。


『骨格』を覚えた後に待ち構えているのは
『筋肉』です。

この筋肉が非常に複雑で
覚えにくいし描きにくいと思います。

そこで今回紹介するアタリの描き方
『稲妻型』のアタリです。

この描き方は、Youtubeで公開されている
スケッチの動画



の中にあるアタリの描き方が

稲妻形アタリ



稲妻のように描かれている所から来ています。



この稲妻には意味があり
苦手な『筋肉』を表わしています。

正確的には、

・肩
・二頭筋
・ふともも
・ふくらはぎ


の筋肉の膨らみです。


筋肉の参考はこちらから
肩を理解して描こう
腕を理解して描こう
脚を理解して描こう


腕や足などの筋肉が意識出来ない人には
とてもお勧めな描き方だと思いますので
一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。


また、Pixivの講座でも
描き方が紹介されていますので
こちらもお勧めです。




ではでは~。


kanren_line.png

おまえらの絵の途中経過とか見せてよ

初心者に分かりやすい『人の描き方』講座まとめ

kanren_line_end.png






やさしい人物画やさしい人物画
A・ルーミス,北村 孝一

マール社
売り上げランキング : 1299

Amazonで詳しく見る


人体のデッサン技法人体のデッサン技法
ジャック・ハム,島田 照代

嶋田出版
売り上げランキング : 898

Amazonで詳しく見る





はてなブックマークに追加する つぶやく

[ 2012/10/05 17:00 ] 人間の描き方 | CM(24) | このエントリーのはてなブックマーク数 はてなブックマーク - これは面白い!全身の筋肉を上手く意識した『稲妻型』アタリの描き方 | |








おすすめ記事








この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング





コメント

4089 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/10/05(金) 23:04:47


特に足のアタリが参考になった。ありがとー


4090 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/10/05(金) 23:37:44


これは良いな
思った以上に凄い


4091 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/10/06(土) 00:20:32


ルーミスの骨格なんかデスピサロっぽいなw


4092 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/10/06(土) 00:59:17


あんまり画期的なテクニックを絵の分野では見たことなかったがこれは凄い


4093 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/10/06(土) 02:54:01


これ超スゴイ
管理人さん、取り方教えてくれた方々、ありがとう


4095 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/10/06(土) 19:28:46


まるでだめだ、そもそも一番上の雷の画像ちゃんと見てみろ
カミナリは漫画みたいに稲光が上下しながら降りたりしてねえよ
これだけでもンなものが役に立つとか言ってるヤツがどんな
モノの見方をしているかが知れる

筋肉を上手く描きたいならマッスだよマッス


4096 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/10/06(土) 20:07:40


以前このアタリを見てから
ずっとこの資料探してた、ありがとう。


4098 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/10/07(日) 00:04:15


俺も昔学生の時コレだった、最近は円錐吊るし型


4101 :  さん 投稿日:2012/10/07(日) 13:56:17


なるほど。
稲妻型は初めから筋肉の流れや膨らみを加味した当たりを描くってことなんだね。
他の方法は腰の向きや上半身とのひねり具合や
腰とウエストの位置の変化等が加味されてる。

人体をデッサンする時鉛筆は止まらず一気にひと流れを描くのが良いって
教わったがこういう途中段階があった方がやりやすいかもね。

まず服を脱がし好みのポーズをなるべくリアルに頭に浮かべ
そこで抜かず禁欲し
筋肉の付き方や腰の向き肩の位置等全体像をできるだけ一度に加味しながら
一気に肩から爪先まで背中からかかとまで描き通すんだという意気込みで描くと
良い緊張感のある線が描けるようになる ってことらしいよ。

因みにこういうサイトの米見ていつも思うことは修作は
なるべく大勢の人と一緒にした方が上達が速いよ。
人との違いで勉強になる。長文失礼。


4102 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/10/07(日) 13:59:20


これで描ける人は当たりなくてもある程度描けると思う


4103 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/10/07(日) 16:38:24


これはクロッキーも同時に出来てる感じで
とてもいいんでないか


4104 : 名無しさんさん 投稿日:2012/10/07(日) 21:16:59


これはいいな。ラインでポーズを決めて肉付けしていけるから
無駄があまりないからササッといろんなポーズを試し描きするのに
向いてるかも。


4107 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/10/07(日) 22:41:11


試しに描いてみたんですがいいですねこれ。
一体描く時間が短縮できた気がします。


4111 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/10/07(日) 23:55:22


これは面白いけど 4102 の言うとおりだと思う
上手く描けない人向けじゃなくて
速く描けない人向け


4113 : 名無しさん@ニュース2ちゃんさん 投稿日:2012/10/08(月) 02:01:02


いつもアタリ描かない
というより描くと絵が固くなっちゃう


4119 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/10/09(火) 20:37:30


4102はポーマニについてでもよく聞かれる意見だな

ほかの描き方を何百通りも試して描き込んだ人なら
こんなあたりのとり方もできるってだけの話


4171 : 名無しさんさん 投稿日:2012/10/11(木) 15:44:11


これ良いね
ある程度筋肉勉強した人向けだけど


4340 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/10/21(日) 12:24:53


おもしろいねー


4579 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/11/06(火) 21:10:59


いちいちこんな面倒なあたりなんて描かねーよ


4600 : 名無しの絵師さん 投稿日:2012/11/08(木) 02:47:19


以前つべで見かけて、真似してみたけど
アメコミ風のマッチョな立ちポーズを描く時に便利だと思った。
手足のバランスと、筋肉のアウトラインが素早くイメージ出来るのがよさげ

でも、華奢な体系や、ひねりのあるポーズや丸まったポーズでは、あんまり使えんかった。


5778 : 名無しさんさん 投稿日:2013/01/29(火) 15:41:30


ああ、なるほど!
これは良いね!いつもアタリを描くと絵が固くなるんだけど
これで試して書いてみたら凄く良かった!自分の絵に合うようにしてみたらいけたよ
ありがとう!


5879 : 名無しさん@ニュース2ちゃんさん 投稿日:2013/02/09(土) 15:38:19


これは面白い!のとおりだね
おれは低レベルすぎて応用編のはチンプンカンプンだけど
分かる人からしたら面白いんだろうな


5968 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/02/11(月) 21:04:46


ある程度描ける人向けなのかな
イナズマのバランスが既にちゃんとしてるもの
描けない人にはイナズマがバランス良く描けないと思うんだ


6612 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/03/14(木) 20:35:23


描くるひと向けだね
でも面白い



コメントの投稿

*コメントは承認制です。反映されるには時間がかかります。
 他人を不快にする言葉はお控えください。
 禁止ワードが多い場合はIP規制され閲覧が出来なくなりますのでご了承ください。
 httpは禁止ワードに設定しています。






















画材(#1)配色(#5)お題絵(#1)厚塗り(#8)シワ(#1)フリーソフト(#1)メンズ(#1)RPG(#1)足(#1)スカート(#3)線画(#4)同人誌(#3)Adobe(#10)動物(#3)講座集(#1)フォント(#2)販売(#1)お絵かき用道具(#2)骨の描き方(#4)OpenCanvas(#1)おっぱい(#2)青ペン先生(#2)ドローイング(#1)宮崎駿(#1)お勧め(#12)参考HP(#13)理由(#1)顔の描き方(#17)作業場(#1)線の引く練習(#1)下着(#1)デフォルメ(#5)お絵かきスレ(#1)馬(#1)質問と答え(#1)レース(#1)参考書籍(#12)右脳(#1)SMS(#1)下着メーカー(#1)上達(#1)ソーシャル(#1)グリザイユ(#3)塗(#3)イラストレーター(#1)ツイッター(#2)描き方(#12)イメージで描く!(#1)イベント(#1)記号(#1)ホビージャパン(#2)プロ(#10)テクスチャ(#10)動画サイト(#1)任天堂(#1)準備体操(#1)相場(#1)ウサギ(#1)狼(#1)民族衣装(#1)デッサン人形(#5)陰(#1)まどかマギカ(#1)勉強(#5)SAI(#8)フリル(#1)トランスフォーマー(#1)疲れ目(#1)アングル(#1)空間把握(#1)特徴(#1)モンスターハンター(#1)画力上達書籍(#1)解剖学(#1)顎(#1)ご挨拶(#1)アプリ(#1)ボブ・ロス(#1)ロボット(#4)青ペン(#1)クリスタ(#3)Pixiv(#1)資料サイト(#2)Controller(#1)体の描き方(#8)フィルター(#1)萌え(#1)CLIP_STUDIO(#1)講座(#106)影の付け方(#1)レイヤー(#1)ペンの持ち方(#1)Suimy(#1)ネーム(#2)絵師(#2)岸田メル(#3)ポーズ集(#3)お絵描き用道具(#3)耳(#1)絵コンテ(#1)水彩色鉛筆(#1)男性(#2)遠近法(#1)装飾(#1)和風(#1)ベタ(#1)図書館(#1)背景(#13)同人(#1)Wacom(#11)肩こり(#1)bot(#2)拡張子(#1)セルシス(#12)水(#2)講座動画(#1)東方(#5)SNS(#6)インタビュー(#1)ニュース(#15)アナログ(#6)しわ(#2)Pixiv(#92)スランプ(#1)練習方法(#2)就職(#1)ストーリーの考え方(#1)コピック(#3)お絵描きスレ(#5)漫画(#39)イラスト(#7)妖怪(#1)ドット絵(#2)笑い話(#1)萌え絵(#4)資料(#3)メイキング動画(#6)男(#1)しまむらくん(#1)和紙(#1)レビュー(#1)ワキ(#1)ポーズ(#5)ポートフォリオ(#1)袴(#1)神社(#1)健康法(#1)書籍紹介(#1)ツール(#11)お題(#6)なかよし(#3)印鑑(#1)液タブ(#1)髪(#6)CLIP(#4)尻(#1)gif(#1)面白(#1)Intuos(#1)目標(#2)ペン入れ(#2)比率(#1)アニメーター(#3)色彩(#1)漫画家(#4)テーマカラー(#1)CLIPSTUDIO(#2)フリー素材(#11)創造(#1)切り絵(#2)コツ(#1)もやしもん(#1)服のしわの描き方(#1)しぐさ(#2)ボット(#1)キャラクター(#1)しょこたん(#1)疑問(#1)目(#6)CLIPPAINT(#1)唇(#1)補助デバイス(#1)立体把握(#1)人の描き方(#46)あたり(#3)モンスター(#1)GIMP(#1)悩み(#1)肘(#1)アート(#3)デジタル(#2)4コマ漫画(#1)丸ペン(#1)カラーハーフトーン(#1)GIF(#1)眼(#1)カラー(#1)擬人化(#2)正月(#1)芸術(#2)鳥居(#1)トレース(#2)カラーリング(#1)おもちゃ(#1)塗り方(#1)iPad(#1)Tab-Mate(#1)リアル絵(#1)イラスタ(#1)上半身(#1)コミスタ(#3)海外講座(#1)AKIRA(#1)プリンストン(#4)肩(#2)Intuos5(#2)勉強法(#3)素材(#4)ジャンプ(#1)ルーミス(#1)線(#1)サイト(#3)ハンコ(#1)安価(#30)イラスト投稿サイト(#1)お絵描きあるある(#2)水彩(#6)ペンタブ(#15)創作(#1)まとめ(#10)アタリ(#2)上達書籍(#1)Pixlr(#1)木(#1)宇宙(#1)アイドルマスター(#1)リアル(#1)鳥(#2)らくがき(#1)落書き(#2)向上法(#40)GIMP(#2)感情表現(#1)模様(#2)アニメ(#5)花柄(#1)ペイント(#1)たこ焼き(#1)人体(#4)パステル(#1)QUMARION(#1)幸せな瞬間(#1)言い訳(#1)胸(#1)メガネ(#1)マンガ(#2)仕事(#3)書籍(#4)お勧めHP(#1)クリスマス(#1)大友克洋(#1)3DS(#2)脚(#2)海外サイト(#1)アンケート(#2)ワコム(#3)良くない構図(#1)デザインドール(#2)ジブリ(#1)武器(#1)口(#1)頭骸骨(#1)エロゲー塗り(#1)塗り絵(#1)色の塗り方(#1)コンテスト(#2)おもしろ(#2)リメイク(#5)色塗り(#51)着物(#3)枠(#1)筋肉(#14)体(#7)コミケ(#1)背景の描き方(#1)俯瞰(#2)ワンピース(#1)製作過程(#1)首(#2)ペンタブレット(#1)パース(#4)漫画の描き方(#3)考え方(#70)お絵描き支援ツール(#4)龍(#1)鉛筆(#2)発光(#1)筋肉の描き方(#5)ドラゴンクエスト(#1)影(#2)LivePainting(#1)リアリズム(#1)プリキュア(#3)世界観(#1)タブレット(#3)メイキング(#82)参考書(#5)髪の毛(#1)アンケート結果(#1)デッサン(#8)wacom(#1)猫(#3)ポケモン(#3)制作現場(#1)あるある(#1)上達法(#23)色鉛筆(#11)表情(#2)PIXIA(#1)骨(#7)骨格(#1)ちびキャラ(#1)今と昔の比較(#2)お絵描き上達法(#1)手の描き方(#1)配信(#1)着色テクニック(#1)Pixiv講座(#2)スクールペン(#1)CGHUB(#1)日記(#3)大友昇平(#1)ペイントソフト(#7)Drawing(#1)カフェアート(#1)リフレッシュ法(#1)ふかん(#1)赤ペン(#2)Phtoshop(#1)絵柄(#1)年賀はがき(#1)鼻(#1)動画(#9)質問(#1)顔(#17)ブラシ設定(#2)ゲーム(#3)エアブラシ(#1)炎(#1)眼鏡(#1)ハイライト(#1)マウス(#2)構図(#4)FireAlpaca(#1)蝶(#1)腕(#1)練習(#2)お絵描き素材(#1)ストレッチ(#1)腱鞘炎(#1)redjuice(#1)つけペン(#3)練習法(#3)胴(#2)パンツ(#3)ブラシ(#6)浮世絵(#1)髪型(#1)ドラゴン(#2)モニタ(#1)リフレッシュ(#1)グロー(#1)光(#2)重心(#1)おやつ(#1)設定(#1)赤ペン先生(#14)Gペン(#4)ナイフ(#1)お絵描き向上法(#3)筆ペン(#2)png(#1)テクニック(#127)ラフ(#1)行進絵(#1)Photoshop(#12)オリジナル(#1)花(#1)和服(#2)ステンドグラス(#1)塗り(#12)靴(#1)モチベーションアップ法(#1)ブックスタンド(#1)犬(#1)カード(#1)模写(#5)画力向上講座集(#1)雑談(#3)鼠(#1)
人気ブログランキングへ