人気ジャンプ漫画「ニセコイ」の古味直志 先生に学ぶ漫画の描き方テクニック はてなブックマーク - 人気ジャンプ漫画「ニセコイ」の古味直志 先生に学ぶ漫画の描き方テクニック


ニセコイ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)



皆さんは、雑誌「週刊少年ジャンプ」を読んでいますか?

実は、このジャンプには漫画を描く上で
とても勉強になるコーナーがあるのをご存知でしょうか?


漫画だけを読んでいる人は読み飛ばしてしまっている可能性があるので
ご紹介したいと思います。

その勉強になるコーナーは

「JUMPトレジャー新人漫画賞募集」

です。

このコーナーでは、名前の通り
ジャンプの新人漫画賞について書かれているのですが

現在ジャンプで活躍中の人気漫画家の先生たちが
新人漫画賞に応募する人達の為に、
漫画の描き方やテクニック、アドバイスをしています。


とても貴重な情報が描かれていますので
お手元にあるジャンプを見てみてはいかがでしょうか?




例えば、
・2013 1 週刊少年ジャンプ 416P
・2013 2 週刊少年ジャンプ 408P
・2013 3 週刊少年ジャンプ 395P
・2013 4・5 週刊少年ジャンプ 160P
をお手元にあれば見てください。

こちらでは、
人気漫画「ニセコイ」

ニセコイ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

古味直志 先生を交えた
漫画を描く上で大切な基礎知識がされています。

※言い回しや一部省略していたりしますので
 間違って意図が伝わる可能性がありますがご了承ください。
 全て読みたい方は、ジャンプで確認しましょう。




『第一回』
・2013 1 週刊少年ジャンプ 416P

■表情は雄弁に語りましょう

「ニセコイ」を例にして、表情の描きわけによる
効果的なキャラ演出や心情描写を紹介です。
物語においてセリフに勝るとも劣らないキャラの表情の大切さを学びましょう。


■キャラの表情は十人十色

表情0表情1

4つの絵では、それぞれのキャラがラブレターを渡す瞬間が描かれてます。
同じシチュエーションでも
それぞれの「キャラの個性」が細かな表情のちがいで
巧みに表現されているのが分かると思います。
また、真っ直ぐに微笑む小野寺の表情には素直で一途な女の子らしさが、
普段は勝気な千棘が不安げに照れている姿には
意外な乙女らしさが描かれており
表情によって、「キャラの演出」がされています。
デザインやセリフと同様にキャラを演出する上で
表情は重要な要素だと心得ましょう。


■心情をピッタリと描き分けよう!

「笑顔」と一言にいっても様々な笑顔があります。
「キャラの表情は十人十色」で学んだように人それぞれに違うし、
また同じ人でもその時の心情や相手によって笑顔も変化する。
例えば、この二枚の千棘の微妙な違いに注目してください。
このようにその時々の心情の機微やキャラ同士の関係性も
表情で表現できます。

笑顔千棘1

笑顔千棘2


上は小野寺に笑いかける千棘
下は楽に誕生日プレゼントをもらい喜ぶ千棘


【まとめ】

「豊かな表情」はそのキャラに共感したり、愛着を持つきっかけとなり、
キャラ自体の個性にもなります。
また、表情は物語においてセリフにも劣らない重要な要素です。
キャラの表情の細部にまで気を配り、
そのキャラらしい表情やその時の心情をピタリと描き当てられれば
物語の魅力も倍増します。
表情の細部まで気を配る意識を忘れないでいましょう!





『第二回』
・2013 2 週刊少年ジャンプ 408P

■何気ないセリフでキャラを見せましょう!
細かなセリフへの気配りで効果的にキャラを演出する方法を紹介します。
何気ないセリフの一つ一つでキャラの魅力を引き出す技術を学びましょう。


■何気ないセリフがキャラの印象を作る!

台詞0

上の絵では千棘と小野寺が
それぞれ風邪を引いた楽のためにお手製のお粥を作ってあげている。
ここで二人のセリフに注目!
男の子に手料理を披露するという場面でも、
元気で勝気な千棘と、控えめで女の子らしい小野寺ではセリフが全く違います。
こうした些細なセリフの違いを利用して二人を対比することで、
巧みにキャラの印象を演出しています。
前回の表情の描き分け同様、
些細なセリフの使い分けがキャラの印象を作ります。


■細かいセリフで見せるキャラの心情

台詞1

上の絵は前のに続き、風邪を引いた楽のもとに
お見舞いに来た千棘が家へ上がり込む場面。

ここでも、なぜお見舞いに来たか答える千棘に
お何気ないセリフに注目してください。
短い会話の中に強気な千棘のキャラが
一貫して巧みに表現されています。

さらに、照れ隠しをする千棘の心情や可愛らしさが
細かいセリフから伝わってきます。
このように何気ないセリフでも細部にまで気を配れれば
キャラの印象のみならず心情まで表現できます。


【まとめ】

セリフはキャラの個性・魅力を表現する上で最も重要な要素の一つです。
このキャラはこんな時どう反応して、どんなセリフを言うのか。
決め台詞に限らず何気ないセリフの細部にまで想像力を働かせて描ければ、
ありふれたやりとりもキャラの
個性・魅力を表現するチャンスにできます。
皆さんもセリフ一つ一つまで大切にしましょう。




『第三回』
・2013 3 週刊少年ジャンプ 395P

■読者に愛されるキャラ作りのコツ
 弱点を武器にするキャラ作りについて


■千棘の弱点
美人、運動神経抜群、勉強も得意でお金持ち。
まさに彩色兼備ですが、一見完璧にみえる彼女にも
実は暗い所や幽霊等が苦手な「怖がり屋さん」という弱点があります。
そして、この弱点こそが完璧&気の強いのに千棘が下見しやすい理由です。

弱点1
弱点0



■小野寺の弱点
優しくて、可愛くてクラスのマドンナ的存在の完璧美少女ですが
「水泳が苦手」「料理も苦手」という弱点があります。
しかし、隙のない普段とのギャップや苦手な事に一生懸命な姿も
魅力的です。

弱点3
弱点2


【まとめ】

あえてキャラの「弱点」を描く事で読者が下見やすく、
共感できる隙やギャップを作る事が出来ます。
今回は、それを利用した
「魅力的なキャラ作り」のテクニックを例に紹介しました。
キャラ作りでは、弱点すら魅力に変えられます。
皆さんも自分なりの魅力的なキャラ作りを模索してください。





『第四回』
・2013 4・5 週刊少年ジャンプ 160P

■古味 先生インタビュー


Q.キャラを作る・描く際に気を付けている事を
  教えてください。


A.作る時に一番に考えるのは、
  そいつの事を自分も含め読者が好きになれるかどうかです。
  描く時に考えるのは、キャラが喋っているセリフ以外に、
  その時にどんな事を考えていて、思っていて、感じているか。
  それをなるべく正確に捉えた上で表情や仕草を描くように努めています。






Q.画力向上の為に取り組んでいたことがあれば
  教えてください。


A.自分の場合、ひたすら落書きをしていましたね。
  好きな作家さんの絵をとにかく真似してましたが、
  「この絵のこの部分が欲しい!」とか
  「この雰囲気の可愛さを出したい!」とか、
  要素を絞って狙って吸収しに行ってた気はします。

  多分、肥やしになっています。





Q.可愛い女の子を描くコツはありますか?

A.僕が知りたいです。
  それはさておき最近思うのは、
  とても基本的に思われるかもしれませんが、
  女の子を構成する線はやはり、極力曲線的な方が良いという事です。
  そして仕草が大事。
  あと、ゆったりした服を着せるというのも、
  簡単に出来るコツの一つかと思います。






Q.最後に漫画を描いている皆さんに一言

A.今描いている原稿が世に発表されて、
  大人気を博する瞬間を全力で妄想しながら描いてほしいです。
  どれだけ不安で自信が無くても、
  自信満々のつもりで描いて下さい。

  そして、最後の瞬間まで、今より少しでも面白く出来ないかを
  模索してほしいと思います。






ここでは、古味直志 先生だけを紹介しましたが、
「ナルト」の 岸本斉史 先生や
「ブリーチ」の 久保帯人 先生、
「バクマン」の 大場 つぐみ 先生など
様々な人気漫画家のアドバイスやインタビューも載っていたりしますので
ジャンプを買われている人は、読み飛ばさず必ずチェックしましょう。

あとこのコーナーを印刷してためておけば、
漫画を描く時に役立つと思いますよ。


ではでは~。



kanren_line.png


これは凄い!効率よく簡単に漫画を描く方法

漫画家 荒木飛呂彦 先生が教える!キャラクター作りのコツ

漫画家 矢吹健太朗 先生 が教える 魅力的な女の子の描き方ポイント

【美大卒の漫画家が教える!画力上達の為の練習法】

これは凄すぎる!もはや芸術!?
 漫画家・村田雄介先生の3Dツイッター漫画


ピクサー・アニメーション・スタジオが教える
 魅力的な物語を書くための22の法則




kanren_line_end.png





ニセコイ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)ニセコイ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
古味 直志

集英社

Amazonで詳しく見る





はてなブックマークに追加する つぶやく

[ 2013/06/08 19:00 ] 漫画の描き方・上達法 | CM(25) | このエントリーのはてなブックマーク数 はてなブックマーク - 人気ジャンプ漫画「ニセコイ」の古味直志 先生に学ぶ漫画の描き方テクニック | |








おすすめ記事








この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング





コメント

7370 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/06/08(土) 19:22:59


ほう、こんなのあったのね


7371 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/06/08(土) 19:24:23


これ毎回やってんのな


7372 : 名無しさん@ニュース2ちゃんさん 投稿日:2013/06/08(土) 20:37:59


ニセコイだけはねー


7373 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/06/08(土) 21:47:45


「作る時に一番に考えるのは、そいつの事を自分も含め読者が好きになれるかどうかです」←こんなこといってた時代もあったのねw


7374 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/06/08(土) 23:28:22


手元にあった古いジャンプみたけど面白い
ありがとう


7375 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/06/09(日) 03:37:56


ジャンプだったらtoshに教えてほしい


7376 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/06/09(日) 04:22:09


ゲーム作りにも使えそうだね


7377 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/06/09(日) 10:39:36


>7376
ゲーム作りといえば
「グラビティ・デイズ」の制作話で、キャラクターの表情で笑い顔を(^^)みたいに目を線で記号化する日本の漫画的笑顔は、外人は受け付けないから変更した、って話が印象的だった。
他にも男性キャラがドアを開けたら女性キャラが着替えている最中で、怒った女性キャラに殴られるシーンも変更したとか。「日本的なお約束」は海外では理解されない。

そういう「実は日本人にしかわからない要素」を改良していった努力があって、世界的にも高い評価を得られるゲームが出来たという。


7378 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/06/09(日) 23:27:15


※ストーリーの面白さとは別です。


7379 : 名無しさん@ニュース2ちゃんさん 投稿日:2013/06/09(日) 23:35:52


ラブレター渡してる絵で
一人目と三人目の違いがあんまりわからない私は、
きっとニセコイ向いていないんだろうな・・・


7386 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/06/10(月) 22:28:12


ソーマの作画の人にはぜひ聞きたいね


7389 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/06/11(火) 01:07:56


ダブルアーツェ・・・


7392 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/06/12(水) 07:43:34


作画の曲線はかなりえろいと思うが、肝心の話作りがアレなんだよね
個人的にはダブルアーツは続いて欲しかった


7393 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/06/12(水) 13:24:02


先生の鼻の描き分け方を知りたいです。


7394 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/06/12(水) 19:12:33


漫画研究所みたいに単行本にして欲しい


7402 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/06/13(木) 16:44:30


たしかに表情はかわいいと思ってた
良い具合にデフォルメきいてて、分かりやすいうえにかわいい!
服装もけっこうセンス良いと思う
ただ体が胴長すぎて微妙なのが本当に残念


7404 : 大寅 結人さん 投稿日:2013/06/13(木) 19:51:03


初めまして。大寅 結人です。
ブログ読ませて頂きましたのでコメントを残させていただきます。


7409 : 名無しの壺さんさん 投稿日:2013/06/14(金) 21:40:59


>7377
新たな表現の模索という意味で記号的な表現をやめるのは
とても良い事だと思うが
外人様の顔色うかがって日本的な表現を捨てるのはダメだと思う

まぁ大金がかかってる物はしょうがないけど

漫画の変なグローバル化反対


7453 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/06/19(水) 20:39:57


構成や話の回し方はとっ散らかってるけど確かに表情は上手いよなぁ


7456 :  さん 投稿日:2013/06/20(木) 12:41:03


ニセコイの作者は、色々な漫画からシチュエーションやストーリー拝借しすぎてるせいで、
「人に物を教えるほどか?」ってのに大いに疑問が・・・

しかもぱくった上で、あんま面白くないしなぁ


7512 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/06/29(土) 14:26:18


良い事いってるな


7533 : 名無しさんさん 投稿日:2013/07/04(木) 12:33:51


漫画を読んだことないので内容はわからんけど、キャラ作りや表情について
とても勉強になりました、有難うございます。
落書きをたくさんして上手くなった、という漫画家はあんまり見なかったので嬉しいなあ。


9841 : 名無しの絵師さん 投稿日:2013/11/28(木) 15:57:09


後のインタビューでは「人間の裸ばかり描いてたので友人には変態だと思われてたかもしれません」って言ってた
初投稿したマンガもチラっと載ってたけど、その時と比べたら上達っぷりが尋常じゃなかったな
2年後くらいの次回作では既に上手かった


11074 : 名無しさん 投稿日:2014/02/27(木) 23:30:48


キャラものとしてはテンプレな内容だから皆「知ってた」って感じじゃないのかな?
初心者向けとしてはまあいいこと言ってるんだけど。


12495 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/10/06(月) 02:31:06


この人は表情を描くのが本当にうまいな



コメントの投稿

*コメントは承認制です。反映されるには時間がかかります。
 他人を不快にする言葉はお控えください。
 禁止ワードが多い場合はIP規制され閲覧が出来なくなりますのでご了承ください。
 httpは禁止ワードに設定しています。




















ワコム(#3)SMS(#1)同人誌(#3)肩(#2)漫画(#39)安価(#30)水彩(#6)厚塗り(#8)ハンコ(#1)創作(#1)プロ(#10)狼(#1)イラスタ(#1)SAI(#8)Pixlr(#1)枠(#1)空間把握(#1)FireAlpaca(#1)世界観(#1)和紙(#1)クリスマス(#1)Photoshop(#12)目(#6)雑談(#3)Adobe(#10)影の付け方(#1)健康法(#1)SNS(#6)コンテスト(#2)カラーハーフトーン(#1)ロボット(#4)俯瞰(#2)LivePainting(#1)Pixiv(#94)ドラゴン(#2)鳥(#2)メガネ(#1)正月(#1)テクスチャ(#10)お絵描きスレ(#5)色の塗り方(#1)模写(#5)重心(#1)お勧め(#12)テーマカラー(#1)redjuice(#1)民族衣装(#1)作業場(#1)フリー素材(#11)OpenCanvas(#1)炎(#1)ペンの持ち方(#1)設定(#1)任天堂(#1)スランプ(#1)言い訳(#1)描き方(#12)アンケート結果(#1)靴(#1)神社(#1)あるある(#1)骨格(#1)参考書(#5)Wacom(#11)参考HP(#13)丸ペン(#1)落書き(#2)コミスタ(#3)切り絵(#2)トレース(#2)AKIRA(#1)和風(#1)レイヤー(#1)服のしわの描き方(#1)制作現場(#1)萌え絵(#4)ご挨拶(#1)ボット(#1)東方(#5)肩こり(#1)参考書籍(#12)ペンタブレット(#1)お絵描き素材(#1)勉強法(#3)顔(#17)モンスターハンター(#1)アングル(#1)背景の描き方(#1)線(#1)デッサン(#8)画材(#1)髪(#6)ストレッチ(#1)講座(#108)PIXIA(#1)行進絵(#1)オリジナル(#1)なかよし(#3)絵師(#2)お絵描き支援ツール(#4)塗(#3)CLIPPAINT(#1)Tab-Mate(#1)ウサギ(#1)コミケ(#1)ナイフ(#1)ボブ・ロス(#1)筆ペン(#2)ポケモン(#3)キャラクター(#1)おもちゃ(#1)肘(#1)影(#2)お題絵(#1)グリザイユ(#3)水(#2)フリル(#1)お勧めHP(#1)ワキ(#1)レビュー(#1)良くない構図(#1)練習法(#3)筋肉の描き方(#5)体の描き方(#8)仕事(#3)資料サイト(#2)テクニック(#129)マウス(#2)Phtoshop(#1)面白(#1)髪の毛(#1)妖怪(#1)着色テクニック(#1)宮崎駿(#1)唇(#1)拡張子(#1)お絵描き向上法(#3)顔の描き方(#17)胴(#2)質問(#1)色彩(#1)耳(#1)笑い話(#1)青ペン(#1)Pixiv(#1)口(#1)お絵描きあるある(#2)リフレッシュ法(#1)手の描き方(#1)GIMP(#2)ジャンプ(#1)デジタル(#2)イラスト(#7)練習(#2)準備体操(#1)アタリ(#2)書籍紹介(#1)上達書籍(#1)擬人化(#2)イラストレーター(#1)gif(#1)まとめ(#10)動画(#9)資料(#3)モンスター(#1)パステル(#1)スクールペン(#1)お絵かきスレ(#1)蝶(#1)アナログ(#6)馬(#1)QUMARION(#1)3DS(#2)鼻(#1)配色(#5)下着メーカー(#1)イベント(#1)和服(#2)販売(#1)右脳(#1)Controller(#1)体(#7)Drawing(#1)ゲーム(#3)サイト(#3)相場(#1)赤ペン(#2)フィルター(#1)大友昇平(#1)今と昔の比較(#2)アイドルマスター(#1)リアル(#1)花(#1)悩み(#1)宇宙(#1)配信(#1)画力向上講座集(#1)CLIPSTUDIO(#2)絵コンテ(#1)ドラゴンクエスト(#1)ちびキャラ(#1)向上法(#40)CLIP(#4)表情(#2)頭骸骨(#1)ルーミス(#1)bot(#2)Gペン(#4)眼(#1)遠近法(#1)トランスフォーマー(#1)リアル絵(#1)鼠(#1)CLIP_STUDIO(#1)青ペン先生(#2)解剖学(#1)ツール(#11)ドローイング(#1)アニメーター(#3)鳥居(#1)ソーシャル(#1)GIMP(#1)パンツ(#3)人体(#4)フリーソフト(#1)脚(#2)メイキング動画(#6)プリキュア(#3)CGHUB(#1)らくがき(#1)記号(#1)クリスタ(#3)色塗り(#51)レース(#1)Pixiv講座(#2)疲れ目(#1)wacom(#1)背景(#13)絵柄(#1)筋肉(#14)着物(#3)浮世絵(#1)考え方(#70)ジブリ(#1)創造(#1)書籍(#4)ペン入れ(#2)画力上達書籍(#1)製作過程(#1)ブックスタンド(#1)タブレット(#3)ポートフォリオ(#1)お絵描き上達法(#1)骨(#7)ドット絵(#2)ニュース(#15)顎(#1)アンケート(#2)カード(#1)しわ(#2)上達(#1)お絵描き用道具(#3)デフォルメ(#5)漫画家(#4)髪型(#1)しまむらくん(#1)上半身(#1)Intuos(#1)シワ(#1)Intuos5(#2)目標(#2)骨の描き方(#4)感情表現(#1)男性(#2)海外講座(#1)木(#1)あたり(#3)液タブ(#1)おっぱい(#2)カラーリング(#1)リメイク(#5)ペンタブ(#15)図書館(#1)まどかマギカ(#1)模様(#2)下着(#1)講座動画(#1)ワンピース(#1)武器(#1)png(#1)おもしろ(#2)ポーズ(#5)スカート(#3)カラー(#1)インタビュー(#1)ホビージャパン(#2)プリンストン(#4)光(#2)お絵かき用道具(#2)立体把握(#1)日記(#3)上達法(#23)鉛筆(#2)カフェアート(#1)ペイント(#1)アニメ(#5)デッサン人形(#5)コツ(#1)マンガ(#2)コピック(#3)就職(#1)大友克洋(#1)ハイライト(#1)海外サイト(#1)ブラシ設定(#2)年賀はがき(#1)リアリズム(#1)講座集(#1)色鉛筆(#11)ブラシ(#6)アプリ(#1)塗り方(#1)アート(#3)セルシス(#12)構図(#4)花柄(#1)漫画の描き方(#3)ラフ(#1)発光(#1)腱鞘炎(#1)ポーズ集(#3)萌え(#1)お題(#6)補助デバイス(#1)腕(#1)尻(#1)イラスト投稿サイト(#1)袴(#1)理由(#1)特徴(#1)もやしもん(#1)モニタ(#1)比率(#1)GIF(#1)パース(#4)ふかん(#1)動画サイト(#1)つけペン(#3)幸せな瞬間(#1)男(#1)動物(#3)芸術(#2)陰(#1)しぐさ(#2)モチベーションアップ法(#1)メイキング(#84)水彩色鉛筆(#1)勉強(#5)ネーム(#2)胸(#1)赤ペン先生(#14)猫(#3)リフレッシュ(#1)岸田メル(#3)塗り(#12)装飾(#1)練習方法(#2)Suimy(#1)足(#1)線画(#4)ステンドグラス(#1)質問と答え(#1)ストーリーの考え方(#1)デザインドール(#2)眼鏡(#1)ベタ(#1)たこ焼き(#1)素材(#4)おやつ(#1)RPG(#1)印鑑(#1)首(#2)龍(#1)iPad(#1)メンズ(#1)4コマ漫画(#1)フォント(#2)エロゲー塗り(#1)線の引く練習(#1)ツイッター(#2)イメージで描く!(#1)ペイントソフト(#7)塗り絵(#1)しょこたん(#1)疑問(#1)同人(#1)人の描き方(#46)グロー(#1)犬(#1)エアブラシ(#1)
人気ブログランキングへ