海外のゲーム系デザイン学校の卒業生が描く背景メイキング動画が凄い! はてなブックマーク - 海外のゲーム系デザイン学校の卒業生が描く背景メイキング動画が凄い!


FZD_SchoolOfDesign_00.jpg




今回は、
2009年にシンガポールで設立された
ビデオゲーム系デザイン学校の

FZD School of Design
FZD_SchoolOfDesign.jpg

この学校が公開している動画のご紹介です。


この動画が凄いところは
プロになった卒業生や在学生、学校の講師が
様々なイラストに役立つテクニックやメイキングなどを
公開しています。

動画は日本語ではありませんが、
見ているだけでも非常に勉強になると思いますので是非ご覧ください。





【様々な世界を背景を描く】











【MMORPGの背景を描く】









【ファンタジーの背景を描く】









【ファイナルファンタジーⅦの背景を描く】










【クロノクロスの背景を描く】









【宇宙戦艦を描く】









【ペンの動かし方】









【カメラの画角について】









【ビジュアルライブラリ】









【お勧めの参考書】





動画は全て紹介できませんが、
全てまとめた
FZD SCHOOL 動画チャンネル
がありますので
自分にあう動画を探してみてはいかがでしょうか。


また公式ページでは学生たちが描いた
イラストも公開されています。
こちらも見ていると良い刺激になるかもしれません。


【卒業生の作品】

 FZD_SchoolOfDesign_01.jpg

 FZD_SchoolOfDesign_02.jpg

 FZD_SchoolOfDesign_03.jpg

 FZD_SchoolOfDesign_04.jpg

 FZD_SchoolOfDesign_06.jpg

 FZD_SchoolOfDesign_05.jpg

 FZD_SchoolOfDesign_07.jpg

 FZD_SchoolOfDesign_08.jpg






FZD School of Design 公式ページ
FZD_SchoolOfDesign.jpg


FZD SCHOOL 動画チャンネル
FZD_SchoolOfDesign_Top.jpg





ゲームアート -古典に学ぶキャラクターと世界の描き方-ゲームアート -古典に学ぶキャラクターと世界の描き方-
クリス・ソラースキ,Chris Solarski,平谷 早苗,株式会社Bスプラウト

ボーンデジタル
売り上げランキング : 68160

Amazonで詳しく見る


幻想的な背景を描く: 緻密なドロウイングでつくるリアルな異空間 (コミックス・ドロウイングブックEXTRA)幻想的な背景を描く: 緻密なドロウイングでつくるリアルな異空間 (コミックス・ドロウイングブックEXTRA)
六七質

誠文堂新光社
売り上げランキング : 6215

Amazonで詳しく見る







はてなブックマークに追加する つぶやく

[ 2014/08/18 19:00 ] メイキング・講座動画 | CM(32) | このエントリーのはてなブックマーク数 はてなブックマーク - 海外のゲーム系デザイン学校の卒業生が描く背景メイキング動画が凄い! | |








おすすめ記事








この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング





コメント

12174 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/18(月) 19:29:29


多くの人にとって一番参考になるのはペンの動かし方の動画だろうな。
プロから教わったりアナログ絵を長年描いてる人の間では常識だけど
綺麗に線を引けない人の多くは手首だけで線を引いてるからね。
「ひじを使う」というのがどういうことかわかるのはかなり大きいはず。


12175 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/18(月) 20:36:09


確かにペンの動かし方は初心者は見ておくほうが良いね
英語でわからないかもしれないけどプロがどのように動かしているか参考にしたほうが良い

もちろんほかの動画も参考になるから見ておいたほうが良いけど中級者向けかな


12176 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/18(月) 21:11:39


やっぱエルボウ使って描くのが重要なんだね。
解ってても気づいたら手首で描いちゃってるんだよな。


12177 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/18(月) 21:35:54


デジタルなら縮小すれば手首だけで長いストロークは描けるんじゃないの?
デジタルでも肘を使って描いたほうがいいん?


12178 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/18(月) 21:58:46


デジタルでもできれば肘使うほうがいいよ
手首で描いてたら痛めるしね


12179 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/19(火) 12:55:23


ビジュアルライブラリってなに?


12180 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/19(火) 14:08:18


机が狭いと肘がはみ出て辛い

モニターアームはよ届けぇーー


12182 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/19(火) 20:37:43


ビジュアルライブラリは資料集めの方法とか
どういった資料を集めたほうがいいかの話だと思う


12183 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/19(火) 20:42:34


いいなぁ
日本にはここまで魅力のある専門無いね
留学もムリだから日本にも来て欲しいな


12184 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/19(火) 20:51:03


机狭いから肘使えねー


12187 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/20(水) 01:33:45


大きなストロークでは肘を使い細かい所は手首使う
適材適所なんだな。イーゼル使って静物デッサンすれば嫌でも身につくで


12189 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/20(水) 18:24:06


上手いけど惹かれない
個性がない
日本の量産型萌え絵と変わらない
ひと目で「あ、この絵はあの人が描いたんだなぁ~」ってくらい個性のある絵は描けないの?


12190 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/20(水) 18:57:31


どこかの有志が字幕つけてupしてくれませんかね……


12192 : 名無しの日本人さん 投稿日:2014/08/21(木) 01:42:39


>>12190
英語を勉強するんだ。
こういう系統の絵描きには英語は必須だよ。情報収集にもなにんしても
英語ができんことには始まらん。


12194 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/21(木) 11:07:49


あっちは写実的な歴史があるからね、こっちは浮世絵の歴史
比べる必要は無いよ、どっちも違った良さはあるからね


12195 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/21(木) 15:08:16


絵の個性にこだわるやついるけど、
基本もしっかりと出来ていない、
ありきたりな絵さえ描けない奴が
比率いじったりして個性主張してるより
上のようにありきたりな絵がかけるやつのほうがずっといい


12196 :  さん 投稿日:2014/08/21(木) 17:29:41


こういうメイキングって見ておしまいになるから作業のあり方に詰まった時にしか見たくない。


12197 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/21(木) 19:49:44


※12189

おそらくこれはゲームや映画のコンセプトアートとかデザイナーを養成する学校なので、
ハジけた個性とかはあまり必要とされてない職種なんじゃないかなぁ。

イラストレーターとか漫画家とかとはジャンルが違うと思う。

俺はどんな絵でも上手けりゃ好きだけどね。


12198 : 名無しさん@ニュース2chさん 投稿日:2014/08/21(木) 20:26:11


こういう写真のコラージュみたいな描き方って一般的なんだ
なんか行き当たりばったりな感じで真似はしたくないな


12200 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/23(土) 12:20:49


俺もこんな学校行きたかった
俺は専門いったけど卒業したあとの方が成長したんだ
無駄じゃなかったと思いたいけど現実を思い知らされる


12202 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/23(土) 20:38:23


※12198
こういうとこで絵描いてる人はそういうの描けないからコラに走ってる訳じゃなくて
手間を省いてどんだけ効率よく絵を描けて美しく完成度高く仕上げられるかっていうのも大事だからやってる
漫画とかで写真から背景トレスして描くのとかと似たようなものかな
たいがいこんな完成度で絵上げられる人は写真と同じようなものは自分でも描けるものだよ

商業作品とかだと完成度と速さ両方求められるから出来る限り効率をよくしようっていう
行き当たりばったりとは逆で、ちゃんとデジタルで作画する上での技術の一つだよ


12203 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/24(日) 00:21:39


>> 12202
本当にそれだと思う。
仕事では効率よく絵を描かなきゃダメなんだよね。
スピードも大事という事を教えてくれる動画だと思う。


12209 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/26(火) 00:51:55


写真合成して描いてるのか
早送りでよく分からんが何でこんなあっさり馴染むんだろ


12243 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/08/30(土) 15:55:06


ペンの動画見たが解説が長すぎて半分経ってもまだ描いてないワロタ


12330 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/09/16(火) 15:04:51


時間がかかるから一から描く手間を省いているってだけで色彩のセンスとかは洗練されててすごいと思う
あんなにたくさんある写真を的確に選んで重ねてるのも凄いよね。想像力半端ない


12349 :  さん 投稿日:2014/09/18(木) 02:22:14


代アニとの格差がハンパないwww
あっちはガチでプロ作る気でやってるなぁ。
こっちのは、夢を食い物にカネ絞れるだけ絞って、それでも勝手に育つ奴が出たらめっけもの。
ってスタイルだからなぁ。
まあめっけものにはコネ紹介してもらえるけどね。
それ以外はラーメン屋になるしかねぇ。何故かそばうどんラーメン屋になった奴が同期に多かったわw


12502 : 名無しの壺さんさん 投稿日:2014/10/06(月) 14:21:14


>>12349
こっちの専門はあんま難しいことやると逃げ出す人が多いから、あえて簡単なことを積み重ねるスタイルなんだそうだ
そりゃ美大・芸大狙わず画塾通いもしたことないような高校生や「自称:独学」社会人たちが集まるんだから仕方ないよね
中学高校でコンクール応募したり美術科系のクラス(選択授業で美術を取るとかじゃなく、美術系授業メインのクラス。工業高とか農業高とかの美術版)に入ったりしてた人は基礎ができてるからコネ作りや授業でやらなかったメソッド目当てで通うことはあっても、それ以外の狙いがあったりはあんまりしないんじゃないかな?
本気でアートやりたきゃ美大・芸大目指すか留学するもの
まあ、なんにせよ、最終的に伸びるのは「言われなくても進んでする」奴なので、どこ入ったって成長する奴はするし、しない奴はしないんだけどね


12676 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/11/20(木) 21:33:24


個性がないとか言ってる人いるけど、コンセプトデザイン業界において個性は必要ない
必要なのはいかにクライアントのイメージをビジュアル化できる技術とスピード
あくまで商売であって趣味ではないんだから個性を出す必要は無い

まあそもそも個性というのは基礎ができてから考えるべきものであって
これぐらい描けて初めてから個性とかを考えるべき
たまに個性的だけど基礎ができてない人がいるけど、そういう人はまず基礎を極めてからにするべきだと思う


12949 :   さん 投稿日:2015/01/21(水) 19:22:09


線画を綺麗に仕上げることが前提の日本のアニメーションアートとは似て非なるものかな。
結構前から独学で近い事やってる人はいるけど正直その技術をどこで活かせるのか言われると難しいよな。
流行のラノベもスマフォゲーも萌絵が使われるし。
韓国産のMMORPGのデザインとかなら親和性高いだろうけど。


12955 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/22(木) 20:28:18


漫画やらネットで有名になるならともかく普通に会社入ってキャラじゃなく背景描く仕事するなら早いほうが好かれるんじゃないの?


13095 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/03/30(月) 13:11:56


いや逆に日本のアニメーションアートの方が世界的に見て需要はないよ
コンセプトアートはどこでも通用するし日本で言ってもフロムソフトウェアとかスクエニとか

それとビジュアルライブラリの話は資料集めではなく幼い頃にどれだけのものと触れ合えたかどうかの話
幼い頃から漫画や絵と触れ合った人と、18までほとんどそういうものと縁がなかった人が同じ時期に絵を始めたとする
そしたらある一定のレベルまでは両者共にいけるけど、そこから先に行けるのはビジュアルライブラリが豊富な人
つまり幼い頃から様々な絵やデザインに触れてきた人って話


13381 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/10/25(日) 08:17:55


こういうのって縮小したら気にはならないけど、
細部が雑だったりして、あんまり好きじゃなかった。

距離があって彩度が落ちてるような建物の部分とか、
ディテールもクソもないぐらい雑だけど、
気の済むまで描くと一か月ぐらい余裕でかかるだろうし、
こんなもんで良いのかもしれない。

全部緻密に描くことは無いんだよっていう良い見本かも。



コメントの投稿

*コメントは承認制です。反映されるには時間がかかります。
 他人を不快にする言葉はお控えください。
 禁止ワードが多い場合はIP規制され閲覧が出来なくなりますのでご了承ください。
 httpは禁止ワードに設定しています。




















胸(#1)耳(#1)イラスト投稿サイト(#1)考え方(#70)龍(#1)お題絵(#1)Pixiv講座(#2)表情(#2)感情表現(#1)参考HP(#13)Photoshop(#12)ペンの持ち方(#1)漫画家(#4)幸せな瞬間(#1)健康法(#1)犬(#1)ツイッター(#2)色彩(#1)筋肉(#14)人の描き方(#47)ちびキャラ(#1)お勧めHP(#1)尻(#1)ペン入れ(#2)就職(#1)マンガ(#2)記号(#1)遠近法(#1)萌え絵(#4)画力向上講座集(#1)bot(#2)アプリ(#1)アタリ(#2)水彩(#6)印鑑(#1)上達法(#23)アングル(#1)服のしわの描き方(#1)胴(#2)Suimy(#1)スカート(#3)ふかん(#1)ラフ(#1)ナイフ(#1)骨の描き方(#4)骨格(#1)光(#2)参考書(#5)redjuice(#1)書籍紹介(#1)製作過程(#1)靴(#1)猫(#3)パンツ(#3)フリル(#1)陰(#1)お絵描きスレ(#5)ジャンプ(#1)コミケ(#1)お絵描き上達法(#1)質問と答え(#1)まどかマギカ(#1)浮世絵(#1)特徴(#1)疑問(#1)Tab-Mate(#1)レイヤー(#1)セルシス(#12)ポーズ(#5)ニュース(#15)海外サイト(#1)線の引く練習(#1)しわ(#2)モチベーションアップ法(#1)背景の描き方(#1)妖怪(#1)お絵かき用道具(#2)塗(#3)タブレット(#3)ドラゴンクエスト(#1)Controller(#1)世界観(#1)コミスタ(#3)目(#6)ワコム(#3)男(#1)エアブラシ(#1)講座集(#1)Gペン(#4)人体(#4)鉛筆(#2)骨(#7)FireAlpaca(#1)塗り方(#1)質問(#1)漫画の描き方(#3)お絵描き素材(#1)和風(#1)ツール(#11)SNS(#6)花(#1)髪の毛(#1)もやしもん(#1)東方(#5)木(#1)ロボット(#4)ブラシ設定(#2)PIXIA(#1)解剖学(#1)カード(#1)肘(#1)CLIP_STUDIO(#1)男性(#2)練習方法(#2)安価(#30)宮崎駿(#1)眼(#1)鳥居(#1)色鉛筆(#11)テクスチャ(#10)ウサギ(#1)おやつ(#1)日記(#3)クリスタ(#3)眼鏡(#1)GIMP(#2)iPad(#1)SAI(#8)配信(#1)レビュー(#1)筆ペン(#2)絵師(#2)頭骸骨(#1)武器(#1)おっぱい(#2)モンスター(#1)Pixlr(#1)足(#1)イベント(#1)リメイク(#5)GIF(#1)GIMP(#1)線(#1)鼠(#1)あるある(#1)和服(#2)モンスターハンター(#1)マウス(#2)馬(#1)影(#2)上半身(#1)ドラゴン(#2)良くない構図(#1)任天堂(#1)テクニック(#133)デジタル(#2)大友昇平(#1)同人誌(#3)線画(#4)カラーハーフトーン(#1)スランプ(#1)ブラシ(#6)影の付け方(#1)枠(#1)パステル(#1)リフレッシュ(#1)花柄(#1)たこ焼き(#1)モニタ(#1)アート(#3)アニメ(#5)面白(#1)理由(#1)赤ペン(#2)手の描き方(#1)アンケート結果(#1)RPG(#1)リアル絵(#1)イラスト(#7)ドローイング(#1)お勧め(#12)カフェアート(#1)神社(#1)背景(#13)CLIP(#4)gif(#1)着物(#3)ゲーム(#3)絵コンテ(#1)メイキング動画(#6)ルーミス(#1)模写(#5)顔(#17)擬人化(#2)勉強(#5)配色(#5)しまむらくん(#1)SMS(#1)Intuos5(#2)切り絵(#2)描き方(#12)講座(#113)アイドルマスター(#1)なかよし(#3)デザインドール(#2)素材(#4)お絵かきスレ(#1)上達書籍(#1)動画サイト(#1)色の塗り方(#1)筋肉の描き方(#5)AKIRA(#1)CLIPPAINT(#1)イラスタ(#1)髪型(#1)ネーム(#2)イラストレーター(#1)蝶(#1)鳥(#2)体の描き方(#8)グリザイユ(#3)言い訳(#1)おもしろ(#2)萌え(#1)LivePainting(#1)正月(#1)海外講座(#1)ボット(#1)重心(#1)デッサン人形(#5)脚(#2)フィルター(#1)作業場(#1)大友克洋(#1)雑談(#3)プリンストン(#4)岸田メル(#3)塗り(#12)Drawing(#1)ソーシャル(#1)ジブリ(#1)ペンタブ(#15)フリーソフト(#1)炎(#1)Adobe(#10)厚塗り(#8)首(#2)補助デバイス(#1)CGHUB(#1)QUMARION(#1)疲れ目(#1)ドット絵(#2)OpenCanvas(#1)立体把握(#1)行進絵(#1)3DS(#2)狼(#1)パース(#4)髪(#6)赤ペン先生(#14)勉強法(#3)右脳(#1)ハンコ(#1)4コマ漫画(#1)芸術(#2)ホビージャパン(#2)相場(#1)図書館(#1)グロー(#1)トランスフォーマー(#1)ペイント(#1)ペンタブレット(#1)コツ(#1)レース(#1)Phtoshop(#1)お絵描き向上法(#3)メイキング(#90)png(#1)Pixiv(#1)肩こり(#1)アニメーター(#3)リアル(#1)同人(#1)Wacom(#11)創作(#1)画力上達書籍(#1)肩(#2)プリキュア(#3)カラー(#1)ご挨拶(#1)デフォルメ(#5)書籍(#4)体(#7)和紙(#1)オリジナル(#1)拡張子(#1)唇(#1)wacom(#1)ワキ(#1)ポケモン(#3)サイト(#3)顎(#1)練習(#2)鼻(#1)トレース(#2)着色テクニック(#1)リフレッシュ法(#1)液タブ(#1)下着(#1)仕事(#3)目標(#2)練習法(#3)装飾(#1)青ペン(#1)絵柄(#1)カラーリング(#1)しぐさ(#2)しょこたん(#1)空間把握(#1)テーマカラー(#1)資料(#3)動物(#3)腕(#1)準備体操(#1)CLIPSTUDIO(#2)クリスマス(#1)設定(#1)おもちゃ(#1)下着メーカー(#1)まとめ(#10)宇宙(#1)模様(#2)キャラクター(#1)Intuos(#1)ハイライト(#1)青ペン先生(#2)シワ(#1)資料サイト(#2)民族衣装(#1)向上法(#40)ポーズ集(#3)腱鞘炎(#1)アナログ(#6)ボブ・ロス(#1)丸ペン(#1)漫画(#39)らくがき(#1)プロ(#10)発光(#1)コピック(#3)お絵描き支援ツール(#4)年賀はがき(#1)ポートフォリオ(#1)塗り絵(#1)お題(#6)リアリズム(#1)あたり(#3)Pixiv(#100)フォント(#2)顔の描き方(#17)エロゲー塗り(#1)悩み(#1)つけペン(#3)ペイントソフト(#7)制作現場(#1)俯瞰(#2)創造(#1)お絵描きあるある(#2)フリー素材(#11)構図(#4)上達(#1)口(#1)講座動画(#1)ストーリーの考え方(#1)落書き(#2)ステンドグラス(#1)スクールペン(#1)販売(#1)袴(#1)イメージで描く!(#1)ストレッチ(#1)インタビュー(#1)ブックスタンド(#1)色塗り(#52)アンケート(#2)水(#2)メンズ(#1)比率(#1)今と昔の比較(#2)メガネ(#1)笑い話(#1)参考書籍(#12)ベタ(#1)ワンピース(#1)コンテスト(#2)お絵描き用道具(#3)動画(#9)画材(#1)デッサン(#8)水彩色鉛筆(#1)
人気ブログランキングへ