現役のイラストレーター80人が執筆した 「ゲームキャラクター イラスト上達講座」 書籍紹介 はてなブックマーク - 現役のイラストレーター80人が執筆した 「ゲームキャラクター イラスト上達講座」 書籍紹介


ゲームキャラクター イラスト上達講座



最近では、ソーシャルゲームに使われるイラストが
凄く魅力的になって来ていますね。

私もゲームのイラストにはとても興味があり
気に入ったものをよく眺めていたりします。

さて今回は、
そんなゲームイラストの上達書籍
2014/9/18に発売されましたのでご紹介したいと思います。

※この記事は株式会社 MUGENUP より許可を頂いて掲載させて頂いています。




この書籍は、

「スマホゲーム」
「アーケードカードゲーム」
「オンラインカードゲーム」


等の イラスト、キャラクターデザインを中心とした、
有名企業の作品イラストも手がけ、

20,000人のクリエイターを抱えている会社

株式会社 MUGENUP

20140923_MUGENUP00.jpg

20140923_MUGENUP01.jpg

から出版されています。




この書籍ではMUGENUPで働く
現役のアートディレクターとイラストレーターの80人
が関わっており、
その最前線で腕をふるっているクリエイターによる、
惜しみなくテクニックを紹介しています。

お勧め部分を執筆者にインタビューしてきましたので
ご紹介します。


 【どんな方にお勧めですか?】
 
 ■ゲーム会社などにお勤めで、イラストのディレクションを担当されている方

 ■既にゲームイラストを仕事にしていて、スキルアップをしたいイラストレーター

 ■今後、ゲームの仕事に挑戦したいと考えているイラストレーター

 ■美大や専門学校に通学していて、ゲーム業界への就職を考えている学生


 こんな読者にお勧めの書籍になっています。





 【目次】

 ■PART1 キャラクターの素体を描こう
20140923_ゲームキャラクター_イラスト上達講座_目次00



 ■PART2 キャラクターをデザインしよう
20140923_ゲームキャラクター_イラスト上達講座_目次01



 ■PART3 配色と塗りをマスターしよう
20140923_ゲームキャラクター_イラスト上達講座_目次02



 ■PART4 1枚絵として仕上げよう
20140923_ゲームキャラクター_イラスト上達講座_目次03






 【デフォルメの特徴について】

 萌えキャラに欠かせないデフォルメについて説明しています。
 「顔のデフォルメ」
 「体のデフォルメ」など、
 細かく要素を分解して説明しています。

20140923_ゲームキャラクター_イラスト上達講座01


20140923_ゲームキャラクター_イラスト上達講座02


 「萌え系の顔の特徴」のように、
 読んですぐに使えるコツをたくさん掲載しています。

 これらの
 「すぐ使えるコツ」
 実際の仕事(ゲームのイラスト制作)の時に、
 よく使っているテクニックです。







 【デフォルメにするには?】

20140923_ゲームキャラクター_イラスト上達講座03


20140923_ゲームキャラクター_イラスト上達講座04


 「どうも自分の思った感じの可愛さにならない…」という方は、
 デフォルメや萌えを理屈から理解してもらえると、
 自在に萌え度を操れるようになるのでオススメです!





 【女性の魅力的な黄金ポーズ「S字」について】

 こちらは萌え女の子の黄金ポーズ「S字」の解説ページです。

 「S字ポーズ」は聞いたことあるけど、
 具体的にどうしたら良いの?
 という方にも分かりやすく解説しています。

20140923_ゲームキャラクター_イラスト上達講座05


20140923_ゲームキャラクター_イラスト上達講座06


 どこからS字をはじめてどこで終わるかを
 具体的に説明しているので、ぜひ真似してみてください。







 【メイキング】

 本書は理論だけの教科書ではなく、
 各章の最後にはメイキングが描かれています。

20140923_ゲームキャラクター_イラスト上達講座11



 メイキングを担当するのは全て、
 最前線で活躍するアートディレクターやイラストレーターです。

20140923_ゲームキャラクター_イラスト上達講座07


20140923_ゲームキャラクター_イラスト上達講座08


 レイヤーの不透明度や、ツールの使い方等を
 かなり具体的に書いているので、
 プロの手法を「盗む」ことができると思います。





 【その他のコツについて】

 もちろん萌えイラスト以外にも、
 様々なキャラクターイラストをつくるために
 必要なコツが随所に散りばめられています。

20140923_ゲームキャラクター_イラスト上達講座09


20140923_ゲームキャラクター_イラスト上達講座10





今回の記事で興味を持たれた方は
一度、本屋などで手にとって見てみてはいかがでしょうか。

ではでは~。






ゲームキャラクター イラスト上達講座ゲームキャラクター イラスト上達講座
MUGENUP

翔泳社
売り上げランキング : 2814

Amazonで詳しく見る





はてなブックマークに追加する つぶやく

[ 2014/09/25 19:00 ] 画力上達書籍 | CM(26) | このエントリーのはてなブックマーク数 はてなブックマーク - 現役のイラストレーター80人が執筆した 「ゲームキャラクター イラスト上達講座」 書籍紹介 | |


Amazon人気ランキング
コミック
参考書籍
デッサン
ペンタブ






おすすめ記事








この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング





コメント

12404 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/09/25(木) 22:07:35


最近こういう初心者向けからワンランクアップしたハウツー本増えてきたなー


12405 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/09/25(木) 22:23:37


これから「S字ポーズ」のキャラが増殖するんだろうな。


12407 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/09/26(金) 00:40:39


S字ポーズは何となくやってみるだけで凄く見栄え変わるからね
実際真似るべき部分だと思うよ


12409 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/09/26(金) 01:49:00


ほんとに構図取りや、色、ライティング、コンセプトデザインを勉強したいなら海外出版の和訳版やyoutubeのメイキングを沢山見るといいよ。

海外、特にハリウッドの2D、3Dはルネッサンス期から研究されてきた絵画の
美術的知識を学生の頃から叩き込んで、現場制作しているけれど。

日本のこういうのは、表面上しかなぞれてないから変に知識がつくだけ。
日本の美大、専門でもこういった勉強は教えていません。完全に生徒を放置し制作させているだけです。


・体のラインをS字にするとより女性らしく見えるとあるがそれだけじゃない。
  ↓
・正方形や縦長のカンバスに描くさい、
※黄金比※に基づき、目の視線を集める光や色、対象を配置すると画面が美しくなる。
その際に各々を線で結ぶとS字になる事が多く、
女性に当てはめると胸や尻など女性らしさを強調する部分が当てはめやすく、より女性を美しく見せる事ができる。
※(黄金比とは人間が本能的に美しく見えてしまう比率の事。
ハリウッドの映画のカメラワークはこれに基づいて
オブジェクト(対象物→人や建物、ライトなどなど)の配置やライティング(光)を決めている事が多い。
カンバス内で黄金比を求めるやり方はここでは多すぎて書かないけど知りたければこちらをどうぞ↓。これだけじゃないけど一生物の知識と本当の理解への足がかりができるはず。
Amazonで
・「デジタルアーティストが知っておくべきアートの原則 -色、光、構図、解剖学、遠近法、奥行き-」

読んで理解してくれた人なら分かると思うけど、
なぜ美しく見えるのか?なぜ現実味があふれるのか?根本的な説明も無く
中途半端な知識を教えられるだけの本だと分かると思う。

理解の無い知識ほど使えない物は無い。
これを読んでS字の方法を女性以外に応用できるんだろうか?
理解すれば、男性でも背景でもどの場面でも使えるようになるのに。

近年のゲーム、映画が洋画、洋ゲーに置いてかれているのは
資金が少ないだけじゃなく、この理解と知識がも持つ制作者が少ないからだと言う事を知っといてほしい。


12411 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/09/26(金) 09:47:47


まずラフを描いてどんなものを描こうか考えます
大体決まったらラフの不透明度を下げて別レイヤーを作成して清書します
雰囲気が分かる程度に色ラフを作成します
           (この時クライアントのチェックとかあるかも!)
個々のパーツをディーティールアップさせます
この時全体のキャラのプロポーションの変形等で調整をします デジタルに感謝!
あとは調整レイヤー等で全体を調整して完成です!


これに途中経過の絵を加えれたのが最近の講座系のイラスト本の特徴。
どれも肝心なところが書いて無くて「こんな感じに~」「全体を見て~」「クオリティをあげます」
と端折ってるのが微妙な所
さてこの本はどうなることやら立ち読みで確認してみるよ。


12412 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/09/26(金) 14:11:32


12409
別にいいんじゃないの


12413 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/09/26(金) 14:21:09


画力は高いけど、見栄えで損してる人はいるね。pixivの評価なんて
見栄えで圧倒的に差が出てるし。


12417 : 名無しの絵師さんさん 投稿日:2014/09/27(土) 01:53:17


立ち読みしてきたけど、立ち読みするならアリだけど正直買おうと思う内容ではないと俺は思った

12411が最近の講座系のイラスト本の特徴あげてるけどその例に漏れずこの本も肝心な所が抜けてる。
その割にこの記事の最後のようなある程度描ける人には常識なことが書かれたトピックがいくつかあって
アンバランスな感じ。


12419 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/09/27(土) 02:23:25


やったね!量産化絵師が増えるね!


12420 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/09/27(土) 02:49:34


最近似たような本たくさんあるからな
他と比べて何か優位性はあるんけ?


12422 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/09/27(土) 08:13:03


12409

同意。
日本の本が悪いとは言わないが、
見栄えを良くするためのちょっとしたテクニックより
絵のすべてに応用できる知識を学びたいなら
海外の本と、youtubeのメイキングを見ることを勧める。


12424 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/09/27(土) 14:17:47


12412
温度差ありすぎワロタ


12425 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/09/27(土) 15:34:03


12409 12422

ひねくれ者のオレはあえてここで「戦車模型超級技術指南」を推させてもらおうか。
戦闘装甲車両模型の本ではあるが、「対象の観察と分析、さらにそれに基づいた表現」について書かれており、
視覚芸術一般において有益な本だと思う。
フィギュア製作について書かれている章もあり、萌え絵しか描かない場合でも直接応用できる箇所もある。


12433 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/09/29(月) 08:22:03


12425
面白そうだ。読んでみるよ
サンクス


12441 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/09/30(火) 14:59:29


12409
日本の美大ですらやらないことをやってるんだ
すごいね


12491 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/10/05(日) 19:23:16


美大ってどんなことするんだろう


12519 : 名無しの壺さんさん 投稿日:2014/10/08(水) 23:57:39


まあでも、今まで出てきたり紹介されてきたこれ系の本の中でも、かなりマシなんだろうね、これは
引用画像内でのクオリティバランスの崩れがないってすごいことだよ
大抵はまともかマシなのが1人2人くらいで、あとは見るに耐えないのがページ嵩増ししてたもんね
ちょっと気になった 紹介ありがとう、管理人


12531 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/10/11(土) 16:46:12


ねーよ
こんな程度のイラストその辺の教本でもいくらでも溢れかえってる
つかこの内容のどこがスキルアップを目指した
既にイラストで仕事してる人向きなのか教えてくれよ

内容あさすぎてビックリ
手元にある本ひっくり返して全部目ぇ通してみろよ
ほとんど同じことしか書いてねぇから


12558 : 名無しさん 投稿日:2014/10/22(水) 12:06:25


※12409
>これを読んでS字の方法を女性以外に応用できるんだろうか?
現役の絵描きなら「自分で考え発見し応用させる物だ」って答えるだろうね

手取り足取りの教育は組織ぐるみの分担作業なら上手く行くけど
独立して活動するとなると、そうは行かずに寸詰まりになってこける事になるだろう
この話の問題は技量な話よりも社会的な問題の方が強い

学校が放任主義的過ぎて理論が未熟のは問題だと俺も思うけど
日本の個性を捨ててまで無理に洋物を追う必要もないと思うな


12572 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/10/30(木) 19:22:22


※12441 12491

美大だってピンキリなんだよな
東大と地方の大学じゃやっていることは違うだろう
科によっても習えることは違うわけだし…
それに何でも習えるわけでもなかろう


12602 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/11/12(水) 18:59:00


日本の本が悪いというより、本の使い方を間違っている人が多いっていう印象だな。

英語の勉強に例えるなら、此の本は、日常会話で使えるフレーズ集!かな。

英語の勉強をしたかったら、普通、1から文法など説明している教科書や問題集を選ぶと思う。絵の世界では、それはデッサンなどの解説書にあたるかな。

デッサンが出来たくらいではイラストレーターにはなれない。プラスα、自分に必要な知識を学ぶ必要がある。デジタルアートなら、photoshopの使い方やメイキング本とか、アナログ絵師なら、コピックのメイキングがのった本とか・・・

勉強では普通、基礎→応用、とすすむのに、絵の世界ではとつぜんこうゆう応用本から読み始める人が多い。

まずは基礎を勉強した方がいい。


あと、学校が放任主義っていってる人いるけど、学校は自分から学ぶところで、何かを与え教えてもらうところだとは思わないほうがいいんじゃないかな。
そんなあまっちょろいこと言ってると、世界においていかれちゃいますよ。
自分次第です。勉強なんて、ぶっちゃけ学校行かなくても、教科書とネットで十分出来ます。よい時代です。学校で学ぶのは、解決する力。
与えられた課題を、期間内に自分の力でどうにかする力。
それが後に、社会人として働き出した時、役立つんですよ。


12640 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/11/16(日) 04:55:28


急に用語コメ出てきたのはやっぱ関係社なんだろうな。


12830 : 名無しの絵師さん 投稿日:2014/12/26(金) 13:41:03


タイトルがダサい
このレビューみなきゃ興味も持たないレベル
すごく残念


12854 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/03(土) 17:07:53


初心者向けの指南書ではなく、プロ向けの実用書と言う感じ


13008 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/02/19(木) 10:06:35


米12531
はいはい教本の絵を批判できる玄人様カッコいいね
し/ね


13168 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/05/15(金) 19:40:29


※12409
こういう理論だけで絵を見せない口だけ絵師きらい
コメントは参考になったけど



コメントの投稿

*コメントは承認制です。反映されるには時間がかかります。
 他人を不快にする言葉はお控えください。
 禁止ワードが多い場合はIP規制され閲覧が出来なくなりますのでご了承ください。
 httpは禁止ワードに設定しています。






















創作(#1)デザインドール(#2)手の描き方(#1)髪型(#1)メガネ(#1)つけペン(#3)勉強(#5)セルシス(#12)リアル絵(#1)デジタル(#2)制作現場(#1)擬人化(#2)wacom(#1)落書き(#2)お絵描き向上法(#3)プロ(#10)3DS(#2)Suimy(#1)Intuos(#1)Phtoshop(#1)コピック(#3)萌え絵(#4)Pixiv講座(#2)お絵描きあるある(#2)青ペン先生(#2)資料(#3)デフォルメ(#5)コミケ(#1)ゲーム(#3)イベント(#1)相場(#1)お絵描きスレ(#5)水(#2)ニュース(#15)エアブラシ(#1)フリー素材(#11)テーマカラー(#1)Wacom(#11)描き方(#12)ご挨拶(#1)OpenCanvas(#1)グロー(#1)色彩(#1)ちびキャラ(#1)プリンストン(#4)RPG(#1)青ペン(#1)Photoshop(#12)眼(#1)宇宙(#1)足(#1)比率(#1)着色テクニック(#1)マウス(#2)腱鞘炎(#1)脚(#2)色の塗り方(#1)お絵描き用道具(#3)妖怪(#1)しまむらくん(#1)ベタ(#1)袴(#1)上達書籍(#1)お絵描き上達法(#1)図書館(#1)切り絵(#2)デッサン人形(#5)FireAlpaca(#1)Gペン(#4)芸術(#2)塗り絵(#1)おもちゃ(#1)蝶(#1)ブックスタンド(#1)雑談(#3)お絵描き素材(#1)トランスフォーマー(#1)ワコム(#3)背景の描き方(#1)パステル(#1)カラーリング(#1)武器(#1)インタビュー(#1)鼻(#1)任天堂(#1)絵師(#2)AKIRA(#1)ペイントソフト(#7)資料サイト(#2)枠(#1)プリキュア(#3)モンスター(#1)おやつ(#1)水彩(#6)悩み(#1)水彩色鉛筆(#1)上達(#1)顔の描き方(#17)骨格(#1)CLIPPAINT(#1)髪の毛(#1)勉強法(#3)ハイライト(#1)服のしわの描き方(#1)ドット絵(#2)フィルター(#1)アンケート結果(#1)らくがき(#1)まどかマギカ(#1)下着メーカー(#1)カラー(#1)胸(#1)練習方法(#2)民族衣装(#1)塗(#3)モニタ(#1)犬(#1)ワンピース(#1)講座集(#1)ルーミス(#1)宮崎駿(#1)リアリズム(#1)モンスターハンター(#1)gif(#1)レイヤー(#1)お題絵(#1)サイト(#3)準備体操(#1)肩(#2)CLIP(#4)Drawing(#1)東方(#5)神社(#1)和風(#1)海外サイト(#1)漫画(#39)オリジナル(#1)レビュー(#1)フォント(#2)イラスト(#7)鳥(#2)アニメ(#5)右脳(#1)ブラシ(#6)練習(#2)肩こり(#1)漫画の描き方(#3)CLIP_STUDIO(#1)ドラゴンクエスト(#1)スランプ(#1)あたり(#3)カフェアート(#1)口(#1)なかよし(#3)お勧めHP(#1)液タブ(#1)同人(#1)男(#1)ロボット(#4)線の引く練習(#1)記号(#1)立体把握(#1)モチベーションアップ法(#1)光(#2)ウサギ(#1)ペンタブ(#15)和服(#2)スカート(#3)GIMP(#1)お題(#6)目(#6)鼠(#1)シワ(#1)骨の描き方(#4)大友昇平(#1)遠近法(#1)構図(#4)鳥居(#1)絵コンテ(#1)線画(#4)お絵かき用道具(#2)フリーソフト(#1)ジャンプ(#1)体(#7)画力上達書籍(#1)まとめ(#10)面白(#1)塗り(#12)模写(#5)ドローイング(#1)メイキング(#77)参考HP(#13)ソーシャル(#1)赤ペン(#2)同人誌(#3)特徴(#1)創造(#1)書籍紹介(#1)健康法(#1)アタリ(#2)あるある(#1)筆ペン(#2)萌え(#1)SNS(#6)png(#1)参考書籍(#12)唇(#1)設定(#1)体の描き方(#8)影の付け方(#1)クリスタ(#3)マンガ(#2)おもしろ(#2)ポーズ集(#3)ペンの持ち方(#1)着物(#3)アプリ(#1)顔(#17)カード(#1)表情(#2)ペン入れ(#2)色鉛筆(#11)龍(#1)ステンドグラス(#1)重心(#1)スクールペン(#1)おっぱい(#2)PIXIA(#1)空間把握(#1)キャラクター(#1)CGHUB(#1)ホビージャパン(#2)ラフ(#1)ブラシ設定(#2)カラーハーフトーン(#1)イメージで描く!(#1)お勧め(#12)今と昔の比較(#2)ツール(#11)上半身(#1)製作過程(#1)拡張子(#1)コツ(#1)首(#2)木(#1)人の描き方(#45)ジブリ(#1)メイキング動画(#6)配信(#1)補助デバイス(#1)SAI(#8)疑問(#1)配色(#5)QUMARION(#1)動画(#9)リフレッシュ(#1)厚塗り(#8)販売(#1)トレース(#2)redjuice(#1)狼(#1)動物(#3)発光(#1)ペイント(#1)クリスマス(#1)画力向上講座集(#1)リアル(#1)漫画家(#4)人体(#4)安価(#30)イラスト投稿サイト(#1)ポーズ(#5)練習法(#3)講座(#101)画材(#1)ボット(#1)イラストレーター(#1)アート(#3)鉛筆(#2)イラスタ(#1)Tab-Mate(#1)男性(#2)しょこたん(#1)赤ペン先生(#14)行進絵(#1)パース(#4)パンツ(#3)胴(#2)リメイク(#5)骨(#7)メンズ(#1)ドラゴン(#2)アンケート(#2)疲れ目(#1)Intuos5(#2)線(#1)ボブ・ロス(#1)質問と答え(#1)動画サイト(#1)素材(#4)頭骸骨(#1)ワキ(#1)CLIPSTUDIO(#2)ポートフォリオ(#1)感情表現(#1)世界観(#1)Pixiv(#1)グリザイユ(#3)筋肉(#14)下着(#1)模様(#2)お絵かきスレ(#1)岸田メル(#3)和紙(#1)花柄(#1)フリル(#1)背景(#13)LivePainting(#1)上達法(#23)向上法(#40)アニメーター(#3)お絵描き支援ツール(#4)GIF(#1)幸せな瞬間(#1)解剖学(#1)眼鏡(#1)丸ペン(#1)アイドルマスター(#1)浮世絵(#1)海外講座(#1)ハンコ(#1)テクスチャ(#10)目標(#2)耳(#1)たこ焼き(#1)日記(#3)もやしもん(#1)参考書(#5)理由(#1)ペンタブレット(#1)ポケモン(#3)Controller(#1)GIMP(#2)アングル(#1)大友克洋(#1)タブレット(#3)ナイフ(#1)しぐさ(#2)4コマ漫画(#1)リフレッシュ法(#1)猫(#3)髪(#6)影(#2)言い訳(#1)コンテスト(#2)ストレッチ(#1)正月(#1)炎(#1)筋肉の描き方(#5)尻(#1)良くない構図(#1)腕(#1)顎(#1)考え方(#70)エロゲー塗り(#1)Pixlr(#1)靴(#1)テクニック(#122)作業場(#1)iPad(#1)アナログ(#6)ストーリーの考え方(#1)ふかん(#1)講座動画(#1)しわ(#2)ツイッター(#2)コミスタ(#3)装飾(#1)陰(#1)Pixiv(#87)色塗り(#51)質問(#1)書籍(#4)bot(#2)年賀はがき(#1)絵柄(#1)馬(#1)仕事(#3)Adobe(#10)笑い話(#1)レース(#1)ネーム(#2)花(#1)デッサン(#8)SMS(#1)俯瞰(#2)肘(#1)塗り方(#1)就職(#1)印鑑(#1)
人気ブログランキングへ