ゲームCGの原理から学ぶ!イラストの色塗りのコツ はてなブックマーク - ゲームCGの原理から学ぶ!イラストの色塗りのコツ


FF15.jpg



皆さんは、デッサンをして色塗りの法則を見つけているかと思います。

今回は、ちょっと違った視点で色塗りの法則を見つけて頂こうと思います。

最近では、ゲームCGが凄くリアルになりつつあります。
なぜ綺麗になってきているかというと、
昔のゲームはゲーム機の処理速度が遅いためフェイク(嘘)をついて
それっぽくしていました。

FF7.jpg
ファイナルファンタジー7より


最近では、ゲーム機の処理速度が速くなったため

現実にある法則に基づき物理的に処理をする
物理ベースレンダリング

が採用されるようになったからです。
※とはいえフェイクもありますが、近づきつつあります。

FF15戦闘シーン
ファイナルファンタジー15より


さて、そんな物理ベースレンダリングが採用された
ゲームCGの原理(処理)を勉強することで
リアルよりな色の出し方(描き方)の理屈が学べると思いますので記事にしました。

あくまでも、知識として持っておくことで
次の塗りからちょっとしたヒントを持って頂くためのものです。

知識を覚えたからといって上手くなる保証はありませんのであしからず。

また、少し難しい内容になると思いますが
最後に噛み砕いたまとめをしますので、頭がパンクしそうな人は
ある程度読んで、まとめを読んで下さい。

では、CGの基本から入っていきましょう。


※画像は別サイト様からの引用です。クリックすることで元サイトに飛ぶようにしています






 【光について】

 光(ひかり)とは、基本的には、
 人間の目を刺激して明るさを感じさせるもの
 です。

 私たちが見ている物体は、
 何かの発光物(太陽、電球など)から発生されている光が
 物体にあたり、光が反射や屈折された光が
 目に入ってきて初めて色を認識します。

 この光の法則を理解することで、
 イラストの光をリアルに描けるようになるヒントとなります。





 【光の性質の基本】

 光は反射(Reflect)と屈折(Refract)をします。

 Reflect_Refract.png
 青の矢印 = 光の方向
 赤の矢印 = 物体に当たった後の光の向き
 黒の矢印(n) = 法線(Normal)



 反射
  物の表面(平面)の、
  表面に垂直な向きである法線(Normal)から求めることが出来ます。



 屈折
  光が水やグラスなどの物体を通す事で歪みます。
  Pencil_in_a_bowl_of_water.png
   水中に差し込んだ棒が上方に曲がって見える理由を説明する図
   棒上のxに由来する光は水面で屈折を起こす。
   このため、Xの見かけ上の位置はYになる。

 


 光の減衰の法則
  光は発行体から遠くへ行くほど減衰していきます。
  
  光の減衰の法則

  この図はどのように法則が適用されるかを表している。
  赤い線は源S (source) から放射される流束 (flux) を表している。
  流束の線の数の合計は距離に対して一定であり、
  また源Sの強度に依存する。
  流束線の密度が大きいのは強い場であることを意味している。
  流束の密度は源からの距離の2乗に反比例する。
  それは球面の面積が半径の2乗に比例して増加するためである。
  それゆえ場の力の強さは、源からの距離の2乗に反比例する。  

  ※遠くへ行くほど光が分散するので光の力が多く受けない。
    近くほど光が分散していないので光の力を多く受ける。
    発光体の近くほど光の影響を多く受ける。
    光源から距離が離れると急激に暗くなる。
  
  
  光の減衰について

  ポイントライト(電球、ろうそくなど)
  ポイントライト_光の減衰
 
  光の減衰



  スポットライト
  スポットライト_光の減衰

  スポットライト光の減衰


 


 【光の名称】
  光の名称は以下の通りです。

 ■入射光
  物体に当たる前の光



 ■反射光
  入射光が物体に当たり跳ね返った光



 ■屈折光
  入射光が物体に当たり物体の屈折率に基づいて歪んだ光

 Reflection_p_and_s.png


 ■透過光
  光が物を通過した時に通過した物の色が現れる光。
  太陽光が葉っぱを通して出来る光など。
  透過光

  ステンドグラスを通して出来る光など。
  透過光2


 
 ■間接光(環境光、反射光)
  照り返しの光。上でも紹介した反射光と同じ。
  下の図では、光が本に当たり、本の緑色と光が壁に当たって
  緑色になっている
 
 グローバルイルミネーション



 


 【反射光の種類】

 鏡面反射光(Specular reflection)

  鏡面反射_概念

  鏡などによる完全な光の反射であり、
  一方向からの光が別の一方向に反射されて出て行くこと。
  反射の法則により、光の入射角と反射角は反射面に対して同じ角度となる。



 拡散反射光(diffuse reflection)

 拡散反射光の概念

 平坦でないかざらざらした表面からの光の反射のことで、
 入射光が様々な角度で反射しているかのように見える。

 拡散の原因は小さな凹凸

 色んな物の表面は、
 平坦に見えても実はミクロの凹凸(ラフネス)が存在するため
 光が拡散する事を覚えておくと良いでしょう。


 このミクロな凹凸が無い場合は、鏡のような物質になる。

 凹凸が無い場合

 凹凸がある場合

 ここでのポイントですが、
 ミクロの凹凸が多ければ多いほど光が分散されるという事です。
 つまり、ツルツルしている物質ほど鏡のようになり
 ざらざらしている物質は鏡に映っている画像をぼかした絵になります。



 左がツルツル、右がザラザラ画像
 ラフネスの違い
 ザラザラなほどハイライトは拡散反射されぼけていく




 フレネル反射(diffuse reflection)

  視線と物質の平面が平行になるにつれて鏡のように反射する事。

  物質によって、角度の反射率が変わりますが、
  視線と平面が平行になると最終的には鏡と同じ反射率になります。

  下図の金属と陶器のフチを比べてみてください。
  フチに行くほど金属と同じ映り込みが出来ているのが確認できると思います。

  金属のマテリアル
  金属のマテリアル

  陶器のマテリアル
  陶器のマテリアル



  物質ごとのフレネル反射率の表
  物質毎のフレネル表
  横軸は平面の法線と視線との角度
  縦軸は光の反射率
  を表しています。

  物質によって最初の反射率が違う事に注目してください。
  金属と陶器で中央の背景の映り込みが
  金属だとクッキリ見えますが
  陶器だと薄く見えることが分かります。


  金属のマテリアル

  陶器のマテリアル
  



 物質毎のフレネル表2
  緑色の区間 F(0°)~ F(45°) :
    フレネル反射率がほとんど変化しない
 
  黄色の区間 F(45°)~F(75°) :
    フレネル反射率が少し変化する

  赤色の区間 F(75°)~F(90°) :
    フレネル反射率が急激に変化して, 1.0 に近づきます.



  金属のフレネル反射率
  金属のフレネル反射率

  金属は全ての角度で反射率が高いため
  全体が鏡のようなものになり背景が写り込みます。

  金属のマテリアル



  水のフレネル反射率
  水のフレネル反射率

  水は、0°の場合は光の反射が起きないに等しく
  90°になると、鏡のような反射が起きる。
  

  視点から遠くに行くほど
  水面と視線が平行になるので背景が写り込みます。
  
  逆に視点から近いほど
  水面と視線が垂直になるほど、
  光の反射が抑えられ水の底が見えるようになります。


  水面のフレネル反射

  水面のフレネル反射2

  水面の鏡面反射

  このフレネル反射は水だけではなく全ての物質にも同じ現象が起きます。

  顔モデルでのフレネル反射を見てみると、顔のフチへ行けば行くほど
  光の強さが増し、鏡のように背景が映り込みます。
  正面部分は、肌の色がそのまま出ます。

  人型でのフレネル反射
 




 【塗りに使えるワンポイント①】

  近くにある物体の色を使って色を塗ろう

  間接光を意識してイラストの色を塗るとリアルに表現できます。

  下の図のように、
  本立ての赤が、
  白のハリネズミの物体にライティングされているのが分かります。
  逆に、白いハリネズミが本立てにライティングされているのも分かります。
  これらは光が相互反射をしている状態です。

  また、光の減衰の法則によって
  白いハリネズミから本立に近い部分は赤くなっていますが、
  本立てから離れるにつれて赤くなくなっている事が分かります。

  間接光

  
  下の図では、
  壁の色や物体の色が他の物体に影響しているのが分かると思います。
  間接光2


  間接光について分かりやすい動画があるのでこちらもご覧ください

  



  一度意識をして描いてみてはいかがでしょうか。




 【塗りに使えるワンポイント②】
 
 光は距離によって強さが変わることを意識して描こう
 
 光は遠くへ行くほど弱く、近くほど強くなります。
 光源からの距離の2乗に反比例しているので
 少し離れれば急激に暗くなることにも注意しましょう。

 絵画_光の減衰2

 絵画_光の減衰





 【塗りに使えるワンポイント③】
 
 物質の表面の粗さによってハイライトをぼかそう

 拡散反射光で説明した通りですが、
 物質の表面がツルツルな場合は鏡のように光を反射させます。
 物質の表面がザラザラな場合は、光が拡散され
 鏡に映った画像がぼけた絵になります。
 
 イラストで使われるハイライトは、ツルツルしたものは強く、はっきり描き
 ザラザラしたものは、くっきりさせたハイライトをぼかしツールなどを使って
 広げてぼかせばいいわけです。
 
 

 ツルツル肌の場合
 ツルツルな場合のハイライト

 ざらざら肌の場合
 ザラザラな場合のハイライト


 顔モデルを使ったミクロの凹凸(ラフネス)の違いによるハイライトの変化
 ラフネスの変化によるハイライトの違い

 強いハイライトを描いた後に
 そのハイライトを広げながらぼかして質感を調整すると
 非常に描きやすくなります。

 一度真似してみてください。

 もちろん肌だけではなく、服の生地にも言えます。
 布はザラザラなのでハイライトは、ぼけすぎて出来ませんが、
 ナイロン製のツルツルの場合はハイライトを強くすればいいわけです。




 【塗りに使えるワンポイント⑤】

  ■水面は視線から遠くへ行くほど背景が鏡のようの写り込む
  水面のフレネル反射2

  ■ツルツルのタイルも同じ
  左がツルツルのタイル、右がザラザラのタイル
  タイルのラフネス変化


  ■物体はフチへ行くほどハイライトが鏡のように写り込む
  人型でのフレネル反射




 【塗りに使えるワンポイント⑥】

 原色の色は使わない

 お絵かきの初心者は、影は黒いと思われてがちですが
 あくまでも太陽光などが遮られているだけで、
 周りの物体の間接光などによって色が付きます。
 影にも色がついている事を忘れてはいけません。 

 下の図は、左が間接光なし、右が間接光あり。
 間接光が無い場合は影が真っ黒ですが、
 床などからの間接光が影の部分にもあたる為、色がつきます。


 間接光3


 間接光で説明した通り、物体から物体へ光が反射しあったりしているため
 現実の世界(光がある世界)では、
 必ず何かしら周りの背景からの間接光の色が混ざります。

 原色(真っ黒、真っ赤など)が存在しない

 と思っておいてください。
 ※光は足されていくため真っ白を使うのは問題ありません。


 これらを踏まえて

 イラストの塗りでも
 出来る限り原色は使わない


 カラーサークル
 ※カラーサークルの一番右端部分、一番下部分の色を使わない

 ようにすると良いかもしれませんね。 
 






【透過効果】


 サブサーフェススキャッタリング
 
 SSS.jpg

 光が半透明な物体の表面を透過し、
 内部で散乱した後に表面から出て行くメカニズムのこと。
 表面下散乱という訳語で呼ばれる事もある。

 フォトリアルな3DCGの質感を生成する技術のひとつである。

 たとえば、人間の肌の質感などがよい例である。
 人間の肌の表面は実は半透明であり、
 光は完全には反射されず、一度肌の内部に入り、
 内部において何度も何度も反射と散乱を繰り返した後に、外に出る。

 そこで出てきた光を見て、人間は色を感じている。

 最近のゲームでは肌の表現に良く使われているものです。
 下の画像では、
 耳たぶやフチの部分が光を透過しているのが分かると思います。

 SSS1.jpg




 【塗りに使えるワンポイント】

 ・逆光で照らされたときに起きる現象。
  手を太陽にかざしたり、懐中電灯の光を手で覆うなどするとなります。
  皮膚を透過した光は赤色に変わります。

 ・人体でどこでサブサーフェススキャッタリングが起きるか覚えておきましょう。
  耳たぶや、鼻のフチ、手のフチ部分など、
  皮膚のみで厚みがあまりない部分が対象になります。
  一度現実でも観察しましょう。
  
  SSS2.jpg







【影効果】


 ソフトシャドウ

 ソフトシャドウ

 大きさを持つ光源や、間接光により生じる影である。
 影はまったく光があたらない影と一部の光がさえぎられて生じる影に分類され、
 前者を本影、後者を半影という。

 ソフトシャドウ3

 この半影を含む影をソフトシャドーという。
 すなわち影の境界がくっきりしていない影である。

 また、ソフトシャドウの特徴として
 遠くなるにつれ輪郭がぼやける
 というものがあります。

 下の図でも分かるように、
 頭と地面が遠いのでぼやけ、
 足元と地面が近いのでクッキリ見えます。

 ソフトシャドウ2




 【塗りに使えるワンポイント】

 影は、
 影を落とす物体から
 遠くなるにつれ影の輪郭がぼやける
 という特徴があるので意識して描いていきましょう。





 【SSAO(Screen Space Ambient Occlusion)】

 ssao3.jpg

 オクルージョンシャドウを作る為の手法。

 オクルージョンシャドウとは、
 部屋の隅や、物体同士が密接している部分などで
 間接光があまり届かない部分の影を言います。
 太陽光などで出来る影は間接光が届く事が多いので、
 オクルージョンシャドウは、その影より暗くなるのが特徴です。



 ゲームCGでは、
 2次元画像を元に物体同士が密接している部分や光が届きにく所を算出して
 元の画像と合成しオクルージョンシャドウを作ります。

 検出した部分が黒くなっています。
 
 ssao2.jpg

 ssao.jpg





 【塗りに使えるワンポイント】

 ・物質同士がくっついている所(部屋の隅など)や、
  物などが密集している部分などは
  間接光が届かないため
  普通の影より暗くなる事を覚えておきましょう。







【ライティング】


 イメージベースライティング(IBL)】

 IBL.jpg

 ライトの代わりに画像を使ってシーンを照明する手法。

 全方位のHDR画像を使って、それらを元にライティングを行います。
 IBLテクスチャ

 一昔前までは、ライトを一つずつ置いて処理をされていましたが
 この手法を使うことで、全方向からのライトを表すことが出来るので
 非常にリアルに見えます。

 ここ最近のゲームではこの手法が多く使われています。





 【半球ライティング(Hemisphere Lighting)】

 HemisphereLighting01.jpg

 一昔前のゲームのライティング。
 上から当たる光(太陽光など)と、
 下から当たる光(地面の照り返しなど)を考慮したライティング手法。

 たとえば青空で芝生のシーンでは
 上から当たる光を青色、
 下から当たる光を緑色
 にします。

 地面からの照り返しを考慮することで、リアルなライティング表現が出来ます。

 ライティングのみの画像はこちら。 
 HemisphereLighting00.jpg





 【塗りに使えるワンポイント】

  メインの光の方向と真逆の方向の補助ライトを置くと良いと思います。

  空の色(上からの光)と
  地面からの照り返しの色(下からの光)
  この2つのライトを最低限意識して塗りましょう。








【自然現象効果】


 【フォグ】

 Fog.jpg

 視点から遠くへ行けばいくほど、
 空気に含まれる塵や水蒸気など光を遮るものが多くなり
 本来の物体の色と違った色に見える現象




 【塗りに使えるワンポイント】

 イラストでは、空気遠近法とも呼ばれるものです。
 遠くへ行けばいくほど、空の色と同じ色合いになります。

 空気遠近法2

 空気遠近法
 
 空のある背景は特に意識して描くといいでしょう。

 もちろん室内でも塵や水蒸気が多いと同じ現象が起きます。





 【虹(Rainbow Simulator)】

 images (1)

 最近のゲームでは、虹の色をシミュレートして作り出すこともあるそうです。
 まず、虹はどういった仕組みで出来上がっているか確認していきましょう。

 虹には主虹と副虹があることをご存知でしょうか。
 良くイラストで使われているのは主虹が多いですよね。
 
 RainbowFormation_LandscapeScheme.png

 図では、下に出来ているのが主虹で、上の虹は副虹です。
 この2つの虹にも特徴があります。
 虹は太陽光と水滴(雨や霧)などに光を遠し何度も屈折して色を放出させます。

 主虹の外側から
 「赤、橙、黄、緑、青、藍、紫」の順に色がつきます。

 副虹は外側から
 「紫、藍、青、緑、黄、橙、赤」の順に色がつきます。


 主虹と副虹


 なぜこのように色が逆転しているかというと
 太陽光が水滴に当たる角度により変わります。

 主虹
 RainbowFormation_DropletPrimary.png

 副虹
 RainbowFormation_DropletSecondary.png




 【塗りに使えるワンポイント】

 イラストで良く使われる主虹の色の順番を間違えないようにしましょう。

 主虹の外側から
 「赤、橙、黄、緑、青、藍、紫」
 の順に色がつきます。

 また、虹の紫は肉眼で見えづらいため非常に薄く描くと良いでしょう。







 コースティクス

  コースティクス

 光線が曲面により鋭く反射、屈折することによって集められ発生する模様。
 カップの中に現れるカージオイド型の光の曲線や、
 中身の入ったグラスの下に現れる模様などが例。

 コースティクス




 【塗りに使えるワンポイント】

 イラストで完全再現するのは非常に難しいと思います。

 水やガラスなど光を通したものには
 様々な光の模様が出来る


 と覚えておき、
 それらを擬似的に描く事で説得力のあるイラストになります。






 【ゴッドレイ】

 ゴッドレイ1

 薄明光線、光の階段とも呼ばれる。

 宗教画で多く見られるような、光源から光の筋が延びる表現のこと。
 
 太陽が雲に隠れているとき、雲の切れ間あるいは端から光が漏れ、
 光線の柱が放射状に地上へ降り注いで見える現象の俗称。

 ゴッドレイ2


 通常とは逆に、雲の切れ間から上空に向かって光が出ることもある。
 おもに、地上から見た太陽の角度が低くなる早朝や夕方に見られる。
 美しい自然現象だとして、写真撮影への人気も高い。


 最近のゲームでは、
 木漏れ日表現として使われるようになっています。




 【塗りに使えるワンポイント】

 光の筋は一定方向に延びるのではなく、
 発光物(太陽など)から中心に放射状に延びている
 ことを意識しましょう。


 【追記】 コメント 12896 さんから

 太陽は地球より大きい光源なので、
 点光源ではなく完全な面光源とみなせます。

 なので、光線が放射状に広がっているのは
 光源から放射状に伸びているというよりは、
 遠近法によるパースの効果になります。







【レンズ効果】


 【被写界深度(Depth of field)】

 被写界深度00

 最近のゲーム中のムービー演出で良く使われている技法です。

 この被写界深度とは
 写真の焦点が合っているように見える被写体側の距離の範囲のこと。
 写真用レンズにおいては、
 ある一つの設定で厳密な意味でピントが合っている場所は、
 一つの平面上にしかないが、
 一定の許容量を認めることで
 その前後にも十分にはっきりと像を結んでいるといえる範囲がある。
 その範囲のことを被写界深度と呼んでいる。

 簡単に言うとピンボケです。
 カメラの焦点が合っている部分はクッキリ見え、
 それ以外の部分はボケて見える現象です。


 ゲームキャラクターにピントを合わせ、背景などをぼかして
 強調させる演出などに使えます。

 焦点説明00

 焦点説明01

 


 【光のボケの形について】

 また、この被写界深度のボケ方にも特徴があります。
 たとえば、光の強い部分(街灯など)がボケた場合は、
 以下のようになります。

 ボケ01
 
 良く見ると全て八角形になって見えますよね。
 これは、レンズの絞り形状によって変わります。

 たとえば八角形の場合は以下のレンズで撮影されたものになります。
 レンズの真ん中が八角形ですよね。
 レンズの絞り形状

 この八角形が光を遠しぼけた場合に、八角形になるのです。

 この形状はカメラの絞り形状によって違いますので
 五角形の場合は以下のようになります。

 ボケ04

 焦点説明02


 また、絞りの羽の枚数が大きいほど丸くなるため
 それで撮ったボケは丸くなります。


 また絞り形状が星形だった場合は

 レンズの絞り形状_星形

 このような幻想的なボケになります。

 ボケ05
 



 【塗りに使えるワンポイント①】
 
 強調したいキャラクターや物がある範囲はクッキリ描き
 それらの手前にあるものと、奥にあるものをぼかせば
 被写界深度が出来ます。

 




 【塗りに使えるワンポイント②】

 ボケを描くうえで、注意しなければならないのは、
 撮影するレンズは一つですから
 五角形のボケの光や、丸いボケの光など
 違う形を混ぜてはいけない
 のに注意しましょう。

 
 もちろん絶対ダメとは言いませんが、
 現実にそのようなことは起きないと理解しておいてください。





 【レンズフレア】

 レンズフレア


 カメラによって写真・映像を撮影する際に、
 極めて明るい光源がレンズに向けて当てられている時や、
 画角内に極めて明るい光源が存在する場合に生じる、
 暗部への光の漏れである。

 レンズフレア仕組み

 特徴としては、画像をトリミング(切り取り)をしない限り
 光の筋は必ず画像の真ん中を通る
 事です。
 
 レンズフレアが中心を通る図

 
 
 また、レンズフレアのグレア部分(発光元)の光芒形状は
 カメラの絞り形状によって変わります。
 
 例えば、六角形の絞り形状では
 光芒 スパイクフレア
 六本の光が出ている形状になります。

 ボケも同じで、カメラの絞り形状が六角形の場合は
 六角形の形が出来ます。

 光芒と絞り羽根の関連図
 絞り羽の枚数と光






 【塗りに使えるワンポイント】
 
 光芒形状はカメラの絞り羽根の形によって
 本数が変わる。

 レンズフレアのボケ・ゴーストの並びは
 必ず一直線で、イラストの中心を通る
 




 【アナモルフィックレンズ】
 
 アナモルフィックレンズ効果

 最近のゲームで良く使われているレンズ効果の一つです。
 映画でも良く、横筋や斜め筋に延びる光の演出がありますよね。
 これは、アナモルフィックレンズというものを使っており、
 かまぼこ型をした特殊なレンズです。

 アナモルフィックレンズ

 用途はシネマスコープのような
 横長のワイド映像を撮影するために
 左右方向だけを広範囲に映るようにしたレンズで、
 普通のレンズにアタッチメントのように装着します。

 アナモルフィックレンズのアタッチメント図


 録画の時は左右が圧縮されたように記録され、
 再生の時に引き延ばして復元することで
 ワイドな映像を実現する技法です。

  レンズの部分が楕円型のように見えますが、
 これはかまぼこ型レンズによって向こうが歪んで見えているためです。
 (実際は円いです)

 アナモルフィックレンズのかまぼこの形

 レンズの歪む向きによって筋の方向が変わります。
 真横だけじゃない事を覚えておいてください。

 ゲーム バイオハザード6 より
 アナモルフィックレンズ効果1

 メイキングオブ TOWERS OF TEN より
 アナモルフィックレンズ効果3





 【塗りに使えるワンポイント】

 アナモルフィックレンズを使ったものは
 光が強いライト類の光の筋は一定の方向に伸びます。

 光の筋がバラバラな方向にならないように注意して描きましょう。

 また、他のレンズの形と混ぜないように注意しましょう。






 【レンズの汚れ効果】

 レンズ汚れの効果

 ゲームでは洞窟や廃屋などのステージで、
 カメラのレンズがホコリなどで汚れ、光の反射によって
 ホコリの形が出る効果に使われています。

 上の動画でも分かると思いますが、
 カメラに向かって強い光が当たった時に汚れが良く見えます。

 また、被写界深度のボケと同じで
 レンズの汚れは
 レンズの絞り形状と同じ形になります。


 レンズの汚れによる演出2

 レンズの汚れによる演出




 【塗りに使えるワンポイント】
 
 ホコリの多い場面や背景ではカメラのレンズ汚れを表現すると
 臨場感が増します。

 カメラに向かって強い光が当たった時に汚れが良く見える
 ので
 強い光がある場合は汚れを描く方がよいでしょう。






 モーションブラー

 モーションブラー


 動いている対象をカメラで撮影した時に生じるぶれ
 つまり被写体ぶれ(英語でblur)のことである。

 ゲームCGでは
 動画では以前の画像と、現在の画像との物体の移動差分と方向を元に
 ブレを作り出します。




 【塗りに使えるワンポイント】
 
 漫画の表現では

 漫画のモーションブラー表現

 漫画のモーションブラー表現2

 移動方向と逆に線を引き動きのある絵にしています。


 イラストも同じで、
 ぼかしツールなどを使って
 移動方向と逆にぼかせばモーションブラーになります。


 





 【最後に】

 ゲームで使われているCGの技術や演出効果について
 色々書きましたが、
 原理や法則などを知識として蓄えておくことで
 次に絵を描くときに
 少しでも、何かを描くヒントになって貰いたいと思っています。


 今回の記事を読んで
 勘違いする人が出ると思うので書いておきます。

 これらのリアルな法則に基づいて描かれていないからといって
 イラストが下手(綺麗ではない)


 というわけではない事を理解してください。


 あくまでも、
 現実では、
 このような法則がある
 程度でいいと思います。


 自分なりに法則を見つけていくのも大事だと思いますし
 アレンジしてイラストでしかない
 綺麗な表現を見つけるのもよいと思います。



 また、これらの表現や法則を
 「知っている」
 のと
 「描ける(出来る)」
 は、違います。


 原理や法則を知ったから描けるような気になりますが、
 いくらこれらの知識を覚えただけでは
 描けるようにはなりません。


 ですので、ひたすら絵を描く練習を実践して
 描けるようになりましょう!

 ではまたー。








カラー&ライト ~リアリズムのための色彩と光の描き方~カラー&ライト ~リアリズムのための色彩と光の描き方~
ジェームス・ガーニー(James Gurney),平谷 早苗,株式会社Bスプラウト

ボーンデジタル
売り上げランキング : 1848

Amazonで詳しく見る





はてなブックマークに追加する つぶやく

[ 2015/01/08 19:00 ] 色塗り上達法 | CM(53) | このエントリーのはてなブックマーク数 はてなブックマーク - ゲームCGの原理から学ぶ!イラストの色塗りのコツ | |








おすすめ記事








この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング





コメント

12879 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/08(木) 19:31:35


なにこれめっちゃ勉強になったんだけどw
ハイライトをぼかして質感を表現するところとか凄い理解できた


12880 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/08(木) 19:33:51


レンズを意識して描けとか言う人いたけどこういう事だったのね


12881 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/08(木) 20:11:34


これを理解している人としてない人では相当差が出来そうだね


12882 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/08(木) 21:18:24


>ハイライトをぼかして質感を表現するところとか
お、おう


12883 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/08(木) 21:22:08


なぜハイライトがぼけるとか理解している人ってあまりいないよね


12884 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/08(木) 21:23:45


難しすぎて頭が痛い


12885 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/08(木) 21:55:46


なにこの神記事
丁度光や影について悩んでたところなんだ
自分の目立つところにブクマして
塗りの参考にします


12886 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/08(木) 22:01:42


まとめサイトとは思えない充実した記事だわ


12887 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/08(木) 22:04:57


アナモルフィックレンズ効果って普通に絵を描きている人は分かんないだろうな
CGかじってる人でも知らない人多いのに
かなりレンズの概念知ってるなここの管理人は


12888 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/08(木) 22:31:41


デッサンしている人にとっては当たり前の事なんだろうけど
別の見かたをする事で面白く理解しやすい内容でした


12889 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/08(木) 22:35:03


凄い密度の記事だ!
管理人さん、お疲れ様です。ありがとうございます。


12890 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/08(木) 23:05:31


管理人さんありがとうブクマさせていただく


12891 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/08(木) 23:13:56


管理人さんへ
どうでもいいかもしれませんが主虹と副虹のところの水滴内部の画像が逆になってます。
主虹の場合は赤い色は観測者から見てより見上げた角度で入ってくるので水滴から出た光だけで見ると虹は外側が青で内側が赤です。詳しくはウィキペディアに画像が載っているのと天気の部屋の虹の項目で確認できます。


12892 : お絵描き初心者 管理人さん 投稿日:2015/01/08(木) 23:29:00


> 管理人さんへ
> どうでもいいかもしれませんが主虹と副虹のところの水滴内部の画像が逆になってます。
> 主虹の場合は赤い色は観測者から見てより見上げた角度で入ってくるので水滴から出た光だけで見ると虹は外側が青で内側が赤です。詳しくはウィキペディアに画像が載っているのと天気の部屋の虹の項目で確認できます。

ご指摘ありがとうございます。
気が付きませんでした。本当にありがとうございます。
こちら修正をしておきますね。


12893 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/08(木) 23:52:35


大変参考になりました。
ありがとうございます。


12896 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/09(金) 00:50:36


3DCGの技術は2DCGに役に立つものも多いので大変ありがたい記事です。

ゴッドレイの部分の記述ですが、太陽は地球より大きい光源なので、点光源ではなく完全な面光源とみなせます。なので、光線が放射状に広がっているのは光源から放射状に伸びているというよりは、遠近法によるパースの効果だと思います。


12897 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/09(金) 01:05:04


これは良いまとめ


12899 : 名無しさん@ニュース2chさん 投稿日:2015/01/09(金) 02:16:33


目からウロコ!
フチに行くほど映り込むとかフレアは画像の中心を通るとかが特に面白いと思った


12900 : お絵描き初心者管理人さん 投稿日:2015/01/09(金) 07:41:21


> 3DCGの技術は2DCGに役に立つものも多いので大変ありがたい記事です。
>
> ゴッドレイの部分の記述ですが、太陽は地球より大きい光源なので、点光源ではなく完全な面光源とみなせます。なので、光線が放射状に広がっているのは光源から放射状に伸びているというよりは、遠近法によるパースの効果だと思います。

確かに太陽は点ではなく大きさのある光源ですので
面光源ですね。
記事の修正をしておきます。
ご指摘ありがとうございます。


12901 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/09(金) 07:50:47


おおこれは面白い記事
金を取れるレベル


12902 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/09(金) 08:08:36


かなり丁寧に描かれた記事ですね
目からウロコでした


12903 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/09(金) 11:28:57


管理人さんGJ!


12905 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/09(金) 14:55:12


これはいままでで一番いい記事だと思います^^


12907 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/09(金) 17:26:35


これ理解して自分で描かないと味にならないんだよな
背景とか面倒だから画像加工して使えないかと色々やってみたけど、どうしてもキャラとのズレがでて違和感になっちゃう


12908 : 池袋の宮城宅矢さん 投稿日:2015/01/09(金) 18:18:44


「池袋の宮城宅矢」と申します。
素晴らしい記事なので、また見たいと思います。
更新楽しみにしてます。


12909 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/09(金) 18:35:05


おおお、すごく濃い内容
とても勉強になりました、ありがとうございます


12912 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/09(金) 23:31:02


表現はよく使うものの、理屈まではちゃんと分かってなかったのですごく為になりました!
とても良い記事ですね。管理人さんありがとうございます!


12913 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/10(土) 00:32:05


これは暇があったら、ちょくちょく読み返しておこう


12914 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/10(土) 03:41:08


とてもためになりました!


12915 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/10(土) 12:06:45


参考になった!でもカラー&ライトから引用してることも一応書いた方がいいんじゃないかと思った


12916 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/10(土) 18:57:09


管理人様

素晴らしいまとめの記事をありがとうございます。
気になる点がありますが、ラフネスでざらざらの場合分散しているのはしているのは拡散反射光ではなく鏡面反射光ではないかと思うのですが…。


12917 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/10(土) 19:13:27


これは良い記事。次回があれば、以下を取り上げてほしいかも。
- 異方性反射
- 半透明 (Translucent)
- 髪の構造と反射 (Marschner hair model)
- 肌レイヤ (Arnold Skinのような)
- microfacet surfaceとか


12918 : お絵描き初心者管理人さん 投稿日:2015/01/11(日) 01:28:56


> 管理人様
>
> 素晴らしいまとめの記事をありがとうございます。
> 気になる点がありますが、ラフネスでざらざらの場合分散しているのはしているのは拡散反射光ではなく鏡面反射光ではないかと思うのですが…。


ご指摘ありがとうございます。
鏡面反射光と拡散反射光の光の反射の概念は基本同じだったかと思います。

反射光としては同じで、物体のラフネスや光の吸収率によって
光の跳ね返る方向が
集中しているか拡散しているかの違いと思われます。

少しこのあたりは専門分野ではないので管理人の私が調べた程度ですので
間違っていましたらすみません。


軽くですがWikiで調べた結果ですが

鏡面反射と拡散反射の典型例として、
塗料の艶のあるものと艶のないものがある。

艶なし塗料は拡散反射の割合が強く、
艶あり塗料は鏡面反射の割合が強い。

高品質の鏡などのよく磨かれた表面は、
ほとんど完全な鏡面反射となる。

となっております。


12920 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/11(日) 15:07:29


感覚的に理解はしてたけどこうやって文章化されると面白いね
俺スゲーなんて意図はないよ


12921 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/11(日) 15:17:07


すばらしい記事だとおもいます。
勉強させていただきます。
管理人様ありがとうございます


12924 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/12(月) 20:28:29


カラーアンドライトの再翻訳っぽい内容が多くて若干モニョっとした


12926 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/13(火) 12:24:19


フレネル反射ってやつ、物体の周辺に近づくほど鏡面反射に近くなる、ってのはかなり目からウロコ
実際のイラストでもよく見かける効果だけど(肌とか)、面が視線から逸れていくにつれて目に入る乱反射の方向性が揃うって事なんだろうな

カットグラスの影とかは実物見て描くのが手っ取り早いか


12928 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/13(火) 21:22:54


ゴッドレイ効果についてはGodという言葉が宗教的だからでしょうか、最近のゲームではライトシャフトと表記される場合が多いですね。


12936 : 名無し春香さんさん 投稿日:2015/01/17(土) 01:14:07


とりあえずツルツル肌とザラザラ肌のπの持ち主についてkwsk


12942 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/20(火) 04:43:59


青い光と赤い光の違いについても言及してほすぃ
なぜ遠景で青く霞むかとか


12944 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/20(火) 08:21:19


ちょっと違う
太陽光線がほぼ平行なのはでかいからというより光源からの距離が十分に遠いから
物凄く遠ければ星のように点にみえる
点に見えないくらい近いのでよく見ると放射状になってる
雲などの大きな構造ではそれがよくわかるので放射状にみえる
近い枝からの木洩れ日が放射状になるのはパースだけど
雲や巨大建造物のはパースじゃなくて実際に広がってる


12954 : 名無し猫さん 投稿日:2015/01/22(木) 14:35:03


う~む


12956 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/22(木) 23:08:16


管理人さんカメラ好きなのかな
画像も綺麗だし図が分かりやすい
すごくためになった!
デジタルの塗りは苦手なんだけど、
なんだか頑張れそうな気分!


12965 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/25(日) 02:04:01


使う使わない(使えない)とかは各々あるとは思うけど、読んでるだけで楽しいね、面白い
力の入った記事でした。お疲れ様です、ありがとう!


12975 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/01/31(土) 05:33:08


本当に素晴らしい記事
リアル志向でなくとも表現の幅が増えると言う意味では知っておいて困ることも無いはず


12983 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/02/05(木) 20:07:39


Unityは記事の説明の為に使ってるのかな?それとも何かゲーム的なもの作ってたりするんだろうか?
記事検索した限りでは引っかからなかったけどUnityの記事があっても面白そう


12984 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/02/06(金) 02:14:39


なるほどーなるほどなるほどー


12997 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/02/15(日) 01:13:38


知識の復習や言語化にバッチリなとても良い記事でした!

木漏れ日が広がるのは量子力学の二重スリット実験的なものかな
ともかく簡単に説明できるものではなさそうなので
どの程度の放射具合で描けば良いのかをまとめてもらえるとありがたいです


13034 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/03/06(金) 00:29:59


もうお絵かき初心者がみたら知恵熱を起こす情報密度だなw


13148 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/04/25(土) 23:47:22


初心者ゆえにかわけわからんw
スゲーキレイってことだけはわかる。
はやくわかるようになりたいなー
そのときお世話になりまする


13213 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/05/23(土) 12:24:55


自分は絵描きではなく3DCG描きですが、けっこう参考になりました。
レンダリングの環境設定に活かせそうです。


13218 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/05/28(木) 01:34:13


まだ大雑把に読んだだけだけどすごくいい記事
ブクマ不可避 後でじっくり読もう


13362 : 名無しの絵師さん 投稿日:2015/10/07(水) 17:49:01


光源から離れるほど光が弱くなる、に関連して、同じ明るさの
光源が近くと遠くにあるとき、その見た目の明るさは大きく変わらない、
という事も同時にわかっておいてほしい

一見矛盾しているようだけど、たとえば自分からちょっと離れた
ある光源と、その2倍の距離にある光源の見かけの大きさは、
画面(視界)上の面積比で言うと4倍違う

その見かけの大きさが変わることで、自分に届く明るさが減って
いるだけで、その2つの光源のうち最も明るい箇所の1ピクセルの
点の明るさはほぼ同じ

だから遠い光源からは、近い光源と比べて面積比の分きっちり
4分の1の光量が自分(カメラ)まで届いていると言うわけ

もちろん、空気遠近法も考えればそれによる色や光量の減衰が
存在するから、必ずしも最終的には同じにならないけど、
ただ遠くなるからというだけで光源を暗くするのは間違いという事



コメントの投稿

*コメントは承認制です。反映されるには時間がかかります。
 他人を不快にする言葉はお控えください。
 禁止ワードが多い場合はIP規制され閲覧が出来なくなりますのでご了承ください。
 httpは禁止ワードに設定しています。




















スカート(#3)鳥居(#1)行進絵(#1)ワキ(#1)お絵描き用道具(#3)絵コンテ(#1)テクニック(#129)つけペン(#3)目(#6)もやしもん(#1)ハンコ(#1)お絵描き向上法(#3)日記(#3)模写(#5)配信(#1)和風(#1)同人誌(#3)眼(#1)お絵かき用道具(#2)フィルター(#1)カラーハーフトーン(#1)スランプ(#1)肩こり(#1)体(#7)ストーリーの考え方(#1)ペンタブレット(#1)悩み(#1)資料サイト(#2)ソーシャル(#1)Wacom(#11)wacom(#1)和紙(#1)色の塗り方(#1)任天堂(#1)猫(#3)PIXIA(#1)靴(#1)アングル(#1)資料(#3)イラスト(#7)服のしわの描き方(#1)リフレッシュ(#1)絵師(#2)メイキング動画(#6)イベント(#1)リメイク(#5)ニュース(#15)インタビュー(#1)塗り方(#1)ワコム(#3)フリーソフト(#1)漫画家(#4)Photoshop(#12)萌え(#1)グロー(#1)なかよし(#3)Gペン(#4)鉛筆(#2)塗(#3)擬人化(#2)ツイッター(#2)エロゲー塗り(#1)GIMP(#2)線(#1)4コマ漫画(#1)LivePainting(#1)記号(#1)redjuice(#1)お絵描きあるある(#2)水彩(#6)ペイントソフト(#7)設定(#1)リアル絵(#1)カード(#1)OpenCanvas(#1)アンケート結果(#1)顎(#1)Drawing(#1)マウス(#2)特徴(#1)イラストレーター(#1)トレース(#2)テーマカラー(#1)ゲーム(#3)Suimy(#1)民族衣装(#1)顔(#17)ドット絵(#2)色彩(#1)足(#1)筋肉(#14)創造(#1)講座動画(#1)ドラゴン(#2)リアリズム(#1)上達(#1)動画(#9)大友昇平(#1)陰(#1)キャラクター(#1)着物(#3)年賀はがき(#1)スクールペン(#1)青ペン先生(#2)パステル(#1)パンツ(#3)岸田メル(#3)俯瞰(#2)アニメ(#5)SAI(#8)装飾(#1)図書館(#1)Controller(#1)勉強(#5)レビュー(#1)犬(#1)カラーリング(#1)背景(#13)しぐさ(#2)タブレット(#3)アタリ(#2)向上法(#40)ポーズ集(#3)ツール(#11)RPG(#1)コンテスト(#2)胴(#2)あたり(#3)龍(#1)エアブラシ(#1)クリスマス(#1)雑談(#3)水(#2)おもしろ(#2)プリンストン(#4)考え方(#70)袴(#1)参考書(#5)ブラシ設定(#2)画力向上講座集(#1)影(#2)上半身(#1)言い訳(#1)書籍(#4)コピック(#3)質問(#1)画力上達書籍(#1)ウサギ(#1)手の描き方(#1)お絵かきスレ(#1)解剖学(#1)海外講座(#1)髪型(#1)補助デバイス(#1)ベタ(#1)線の引く練習(#1)髪の毛(#1)下着メーカー(#1)フリー素材(#11)面白(#1)光(#2)デッサン(#8)サイト(#3)ボブ・ロス(#1)Tab-Mate(#1)ホビージャパン(#2)疑問(#1)Phtoshop(#1)制作現場(#1)健康法(#1)販売(#1)ジブリ(#1)3DS(#2)構図(#4)モンスター(#1)シワ(#1)ステンドグラス(#1)色塗り(#51)男(#1)お絵描きスレ(#5)準備体操(#1)AKIRA(#1)たこ焼き(#1)まどかマギカ(#1)重心(#1)ハイライト(#1)馬(#1)QUMARION(#1)カラー(#1)ポートフォリオ(#1)上達書籍(#1)表情(#2)ペイント(#1)東方(#5)クリスタ(#3)素材(#4)参考HP(#13)ドローイング(#1)ちびキャラ(#1)モンスターハンター(#1)CLIP(#4)ブラシ(#6)線画(#4)Pixiv(#1)花(#1)狼(#1)安価(#30)塗り絵(#1)創作(#1)コミケ(#1)色鉛筆(#11)神社(#1)アイドルマスター(#1)木(#1)デジタル(#2)筋肉の描き方(#5)耳(#1)CGHUB(#1)アナログ(#6)骨(#7)ストレッチ(#1)お勧めHP(#1)メンズ(#1)おもちゃ(#1)ポーズ(#5)SNS(#6)コツ(#1)良くない構図(#1)png(#1)Pixiv(#94)gif(#1)大友克洋(#1)練習法(#3)理由(#1)ワンピース(#1)和服(#2)講座集(#1)らくがき(#1)デフォルメ(#5)下着(#1)肩(#2)Intuos(#1)セルシス(#12)リアル(#1)切り絵(#2)顔の描き方(#17)鼠(#1)製作過程(#1)参考書籍(#12)アプリ(#1)メガネ(#1)宮崎駿(#1)鼻(#1)脚(#2)講座(#108)頭骸骨(#1)テクスチャ(#10)疲れ目(#1)尻(#1)デッサン人形(#5)お題絵(#1)bot(#2)赤ペン(#2)影の付け方(#1)右脳(#1)コミスタ(#3)ペン入れ(#2)レイヤー(#1)漫画の描き方(#3)ドラゴンクエスト(#1)しまむらくん(#1)トランスフォーマー(#1)まとめ(#10)背景の描き方(#1)目標(#2)妖怪(#1)画材(#1)アンケート(#2)レース(#1)ペンタブ(#15)プロ(#10)カフェアート(#1)配色(#5)アニメーター(#3)ネーム(#2)上達法(#23)質問と答え(#1)着色テクニック(#1)空間把握(#1)腕(#1)宇宙(#1)腱鞘炎(#1)笑い話(#1)落書き(#2)ご挨拶(#1)印鑑(#1)マンガ(#2)液タブ(#1)芸術(#2)模様(#2)鳥(#2)iPad(#1)花柄(#1)青ペン(#1)今と昔の比較(#2)ペンの持ち方(#1)プリキュア(#3)FireAlpaca(#1)ラフ(#1)アート(#3)漫画(#39)武器(#1)厚塗り(#8)体の描き方(#8)感情表現(#1)メイキング(#84)お絵描き上達法(#1)Adobe(#10)胸(#1)蝶(#1)海外サイト(#1)丸ペン(#1)発光(#1)フリル(#1)おっぱい(#2)パース(#4)勉強法(#3)浮世絵(#1)あるある(#1)ポケモン(#3)リフレッシュ法(#1)動物(#3)ロボット(#4)お勧め(#12)イラスタ(#1)就職(#1)描き方(#12)お絵描き素材(#1)しわ(#2)炎(#1)書籍紹介(#1)仕事(#3)髪(#6)オリジナル(#1)枠(#1)骨の描き方(#4)肘(#1)Pixlr(#1)GIF(#1)ジャンプ(#1)水彩色鉛筆(#1)口(#1)CLIPSTUDIO(#2)絵柄(#1)ふかん(#1)ボット(#1)モチベーションアップ法(#1)萌え絵(#4)正月(#1)同人(#1)SMS(#1)幸せな瞬間(#1)フォント(#2)動画サイト(#1)イラスト投稿サイト(#1)骨格(#1)ルーミス(#1)男性(#2)赤ペン先生(#14)CLIP_STUDIO(#1)GIMP(#1)デザインドール(#2)塗り(#12)グリザイユ(#3)作業場(#1)モニタ(#1)CLIPPAINT(#1)人体(#4)唇(#1)比率(#1)Intuos5(#2)しょこたん(#1)お題(#6)世界観(#1)遠近法(#1)イメージで描く!(#1)お絵描き支援ツール(#4)練習(#2)ブックスタンド(#1)首(#2)相場(#1)ナイフ(#1)おやつ(#1)筆ペン(#2)立体把握(#1)拡張子(#1)人の描き方(#46)Pixiv講座(#2)眼鏡(#1)練習方法(#2)
人気ブログランキングへ