立体把握について語ろう はてなブックマーク - 立体把握について語ろう


パース!―マンガでわかる遠近法


1:スペースNo.な-74:2006/01/12(木) 17:37:59


解剖学、遠近法と共に
これをわかっているのといないのでは大違い!な
立体把握について語りましょう。


15:スペースNo.な-74:2006/01/12(木) 19:23:42


何も考えずに数を描いてもダメ。
立体をイメージしてガイドにする。
イメージを助けるのに構造を理解する。
思い通りに手を動かす為と対象を理解し形のパターンを増やす為にクロッキー。
明暗の法則と描写力を鍛え、理解度の確認にデッサン。
イメージ力を鍛える為に先入観なしにいろいろやる。
練習の為の練習にならないように人目に晒して言い訳しない。
この時最も足りないと思った事から練習。
2CHをやめる。


16:1:2006/01/12(木) 19:39:06


>>15
>イメージを助けるのに構造を理解する。
まさにその通りだと思います。
そしてジグソーパズルみたいに、それまで時間をかけて積み重ねていたことが
あるときから加速をつけて実になっていくと思います。


17:スペースNo.な-74:2006/01/12(木) 20:13:06


だからさ、無意味なんだよ。
そういうこと議論したりしてうまくなるの?
もっと直接的に言うと、君はいままでそういうことを議論してうまくなった経験があるの?


18:スペースNo.な-74:2006/01/12(木) 20:23:08


この板見るより学校行くか巨匠の名言集見た方が良いなあ。
何もかも誰かから答えを得ようって姿勢なら何したってダメだよ。


21:スペースNo.な-74:2006/01/12(木) 20:32:32


かばう訳じゃないが…

自論だけど上達の過程で、
ヒントを得たり人に教わる事で凄い速度で成長するパート(序盤)と
教わるよりも自らの努力を以って成長しなければいけないパート(終盤)があると思ってる。
決して自らの力のみで到達出来ない至りってのは得てして存在するものだとは思う。

なので中盤的な意味合いの強いこのスレは存在意義があるような無いような中途半端な感じは少ししますた。
頑張って昇華させてください。


29:スペースNo.な-74:2006/01/12(木) 21:55:09


たとえば「ピンポン玉」をイメージするとして
「小さな白い円」を思い浮かべる人はいないと思う。空間の中に納まっている、
あの軽さ、形、かさ(容量)の「球体」を丸ごと想い出すよね。
裏側まで楽勝でイメージできるし、どの角度からでも描けそうな感じ。

じゃあちょっと形が複雑な卵は?リンゴは?人間は?ってことだと思う。
人間くらい複雑な形だと、>>115がいっていた構造、つまり解剖学と
プロポーション(各部分の比率)を覚えないとなかなか頭の中で丸ごとイメージ
できないと思うけど。おまけに動きによって筋肉の形が変わるしw

というのが自分の立体把握の認識なんだけどどうでしょう。


31:スペースNo.な-74:2006/01/12(木) 22:05:16


>>29
合ってます。
特に付け加える事はありませんね。

描く際は立体としての整合性がとれてれば立体的に見えます。
影がついてなくても。整合性を崩す映像がなければ大丈夫。
逆に現実の光景でも暗がりで必要な線が見えないと立体的に見えなかったりします。


56:スペースNo.な-74:2006/01/13(金) 09:43:45


今までまったく立体的に描けなかったのに、
背骨とか真ん中の線とかじっくり観察しながら人物輪切りにして
一週間、一日中夢の中まで描いてたら、
あれ、・・・なんか描けてきてる(゚∀゚)!

やっぱ練習あるのみなのかなぁ、がんばろ


57:スペースNo.な-74:2006/01/13(金) 17:52:46


立方体を描くときは、パースにはこだわらず材質は何かを考えながら描いてる。
これは石だ、とか豆腐だとか床に落としたらこんな音がする、とか。

最近は四角いビーチボールみたいなものを想定して、
9割がた空気が入ったところからぴちぴちになるところを空想しながら描いている。
自分はこれでかなり図形から立体を意識できるようになった。


58:スペースNo.な-74:2006/01/15(日) 11:05:38


物体じゃなくって空間の方を意識して描く。


59:スペースNo.な-74:2006/01/15(日) 13:22:11


良スレ


60:スペースNo.な-74:2006/01/16(月) 20:22:56


空間を意識しようにも初心者としてはあいまいすぎてよく掴めないのでとりあえず頭の中で
物体の周りの空間を強制的にシリコンの鋳型みたいな物質に強制的に置き換えて
それで対象物を再認識しています。
何言ってるかわからないですね。自分でもうまく説明できません (´・ω・`)デムパ言うな


61:スペースNo.な-74:2006/01/17(火) 01:48:41


いや、わかるよ。


62:スペースNo.な-74:2006/01/17(火) 02:47:00


人体の立体は結構苦戦したな・・・
煽りがとくに難しかった


65:スペースNo.な-74:2006/01/21(土) 11:03:48


メカデザ志望者としては死活問題だよな、立体把握力の有無って。
カトキうじとかすげーよな。


67:スペースNo.な-74:2006/01/30(月) 00:51:14


まあ最強はげきうまアニメーターだけどな
空間作れなきゃお話にならない職業の頂点


69:スペースNo.な-74:2006/01/30(月) 05:40:55


>>67
君の言ってることは正しい…はずなんだが
どうしたことが現場にはパース取れないアニメーターがいたりする不思議。


70:スペースNo.な-74:2006/01/30(月) 11:27:43


アニメーターの中の作監クラスの人だけは上手さも仕事量も超人
極少数人の頑張りのおかげで今のアニメ本数が何とか見れるものになってる

この人達が居なかったらテレビアニメは中学生レベルの絵で溢れる事になる


71:スペースNo.な-74:2006/01/30(月) 11:42:02


中学生レベルか……確かに、たまにネットで話題になったりするよね、物凄い画が使われてるアニメとか。
でも、なんでそんな実力が無い人がアニメーターやってるんだろ?
入社する時に実技の試験とか無いの?


74:スペースNo.な-74:2006/01/30(月) 11:58:04


>>71
アニメの専門学校出れば必ずどこかのスタジオに入ることが出来る
専門行って無くても必ず入ることは出来るかもしれない
やる気を見せるだけで入れる業界だから
ちなみに動画マンは絵を描けない人でもこなす事が出来る

そこからどういう経緯かは詳しくわからないけど
今は原画マンが不足してるから頭数合わせ的な意味で
下手でもどんどん原画やらせちゃう場合があるようだ


73:スペースNo.な-74:2006/01/30(月) 11:56:32


3DCGやってたころは身の周りの物がポリゴンのライン付で見えてた


90:スペースNo.な-74:2006/01/31(火) 16:13:33


パースと立体把握は同じものなんだが・・・・


91:スペースNo.な-74:2006/01/31(火) 17:04:16


いや全然違う
パースは遠近法ってだけで、それ使えば正確にかけるともかぎらんし
パース勉強してない、よくわかんねって人でも立体把握できる人はいる
まあ、建築パースはかなり正確に書けるけど


94:スペースNo.な-74:2006/02/01(水) 18:54:04


間違った(?)パースの知識を覚えてしまったために
変なパースで描き続けてる人っているよな?
型にはまってるけど、その型が間違っちゃってるタイプ


95:スペースNo.な-74:2006/02/01(水) 20:32:23


パースを間違えるなんてありえないだろ
一体どんな解釈するとそんな知識が身につくんだ


96:スペースNo.な-74:2006/02/01(水) 21:24:08


魚眼っぽく描こうとしたあげく
凸レンズでみたような画面を描いてるやつはいるな。
逆パースってのとは違うけど
なんにせよ勉強不足というかご愁傷様な感じ。

あと、製図としては正しい(とりあえず地平線はあるし消失点に準じてはいる)けど
「人間の目でそうは見えないだろモルァ」って絵を描くやつも多い。
知識としては正しいんだが、勘が鈍いってかんじ。


187:スペースNo.な-74:2006/02/04(土) 13:29:09


自分で写真撮影して
それトレースする
100枚もやればどんなに立体苦手な人でも
コツの一つくらい掴めるようになるよ


224:スペースNo.な-74:2006/02/07(火) 08:25:49


皆、立体を把握できたと思ったときどんな感じだった?

自分は、絵を描いている時いきなり漫画みたいに ピッキーン!!と閃いて
紙の中に世界が広がった気がした。


225:スペースNo.な-74:2006/02/07(火) 08:34:22


プロの絵みておかしなところがすぐわかるようになった
時々誤作動して写真でも不自然な気がしてくる


228:スペースNo.な-74:2006/02/07(火) 12:46:27


>>225に近いかも。写真の見方もかわった気がする。
個人的には紙の中に空間を見出す以前の頭の中の問題だったのか、という感じ。
>ピッキーン!!と閃いて  っていうのはすごくわかる。
そのときは「うひょー」となったと同時に
「今まで絵のつもりで描いてきたのはなんだったんだ」と落ち込んだ。

でもこれって最初からわかってる人は「あれ?なんでそんなことで騒いでんの」って
感じなんだろうな。


226:スペースNo.な-74:2006/02/07(火) 11:30:39


紙の中に奥行きを感じた
線を引く時の鉛筆の先が動きの上では二次元の動きなのに
意識上はx,y,zの3つのベクトルからなる3次元の動きと感じる
まぁただの錯覚なんだけどな


664:スペースNo.な-74:2011/06/28(火) 13:26:43.45


かなり遅レスですまん
>>226にあまりレスがついてないけど、この感覚はかなり重要なものだと思う
俺は絵を描き始めたとき模写もできないレベルだったから、右脳で描けを読んで練習していた
それで、模写はできるようにはなったけど、それは線をそのまま写してるだけだったんだよね
最近になってやっと>>226の感覚で描けるようになってきた
で、この感覚を自分なりに考えてみたんだけど、この感覚のときは下のことができてる気がする
1.全体を意識する
 模写をしてると模写元の線だけの一部に集中してしまって
 全体の一部を描いてるということを忘れてしまう
2.1の言い換えかもしれないけど、自分がどこを描いてるか意識する
 腰を描いてるときとかに自分は腰を描いてるんだと思って描くと上手く描きやすい
3.描いてる対象に触ってる、あるいは対象になりきって触られてる感覚をイメージする
 たとえ無機物でも触られてる感覚は何となくイメージできると思う
 この感覚になると、自分の鉛筆の先が対象の表面をなぞってるみたいに感じる

上の1.2.3は同時に起こる
そのときは>>226の感覚になる
だから、模写するときは上の三つに気を付けて模写してるんだが、どう思う?


665:スペースNo.な-74:2011/06/28(火) 19:50:25.85


3は特に良さそう。これ意識して描いてみるか。

>>226は、これ大事だよね。
以前どこかで、紙の中がちゃんと三次元に見えてる?みたいなレスがあって
なんかハッとしたのを思い出した。


242:スペースNo.な-74:2006/02/07(火) 17:41:29


立体把握とパースは別物。

立体を把握するというのは物体その物の正確な形を把握するということ。
パースは人間の目を通して物を見た時に発生する歪み(遠近感)を表すための技法で、言うなれば立体感を把握するという事。

人は目の構造上どうしても近くの物が大きく、遠くの物が小さく見えてしまうけど実際はそうではない。

一片が10センチの立方体がどんなに遠くにあっても一片が10センチなのは変わらないってこと。

立体を理解するという事は前面図、側面図、背面図等を見て立面図が思い描けるか。
またはその逆で立面図を見てそれぞれの図が思い描けるか。
だと思うぞ。


299:スペースNo.な-74:2006/02/23(木) 12:07:55


立体の把握できねー('A`)
なにやってればひらめくんだ。


300:スペースNo.な-74:2006/02/23(木) 12:13:26


立方体のデッサン千枚


305:スペースNo.な-74:2006/02/25(土) 17:09:19


適当な3Dツールでいろんな形をくるくるやって模写しても意外とよくわかるもんだよ


307:スペースNo.な-74:2006/02/26(日) 20:22:33


MGS2のVRモードでキャラやフィールド模写しまくったとか口が避けてもいえない


308:スペースNo.な-74:2006/02/27(月) 21:24:17


>>307
そのネタもらった。


309:スペースNo.な-74:2006/02/27(月) 22:22:30


騙されるなスネーク!


310:通りすがりのメカデザ志望:2006/02/28(火) 02:40:20


某メカ掲示板で、同じ市内に住む、
メカ絵の上手い同い年のメカ絵描き友達が出来た。
先週の土曜に家に招いて、2回目の絵描き会をした。

俺は、デッサン肯定派で、デッサンをやれば立体把握も
自由なメカ絵(想定デッサン)も描けると思ってたが、
彼と出会って変わった。絵のレベルは変わらんけど(死)

彼は、デッサンを習った事が無く、前回の絵描き会から、
何より枚数を重ねる事が大事と言っていた。

前回の絵描き会では、一枚の絵に五時間かけても、
納得がいかない様子だった。絵が細かいわけではなく、
納得のいくまで、描き直すという手順。
見てるこちらが疲れてしまったのを覚えている。
未完成にしてもその完成度は高い。
彼はポージングラフが大切と言っていたが、その意味は分かるが、
私の画力は、そのレベルまで達していない。

彼は、メカ作画監督を目指してるのだが、彼ならなれると私は思った。


311:通りすがりのメカデザ志望:2006/02/28(火) 02:41:14


そして、先週の土曜、私の部屋にあるストライクガンダムのプラモ
を参考にして描いたところ、彼はプラモを見ることなく、
すらすらと描いていく。私は、プラモをじっくり観察しながら、
悩みなが描いていった。

ちなみに彼には、アオリで描いてみて。と注文した。

私は、「描けない!」と言ってすぐ諦めたが、
彼は黙々とひたすら時間をかけて、何度も描き直して、
やっと完成にいたった、やはりそれは前回同様
完成度が高いものだった。

私は、何故そんなに上手く描けるのか?と質問した所、彼は、
「ストライクガンダムはたくさん描いたから記憶している」
と言った。
「では、何故いきなりアオリを描けたのか」と聞いたところ、
「パーツを記憶している、まぁ脳内CADですよ」と言われた。

彼のメカ絵は、とても純粋です。パースも本を読んだのではなく、
好きなガンダムをひたすら描いて覚えたとか。
彼の昔のメカ絵が今の私の絵です。少々私の絵は、技法にとらわれ、
ひねくれていますが。

高校の時の美術の先生が知識から入るんじゃなくて、
感覚で身につけたほうが良いって、
言われた意味がやっと分かった気がします。

長文乱文スレ違いスマソ


313:スペースNo.な-74:2006/02/28(火) 03:10:33


>>311

話自体もとても興味深いけど、
そのような友達が出来てとても幸運だと思う。


315:スペースNo.な-74:2006/02/28(火) 04:38:51


やる気が出る話thx


318:スペースNo.な-74:2006/03/13(月) 20:19:49


急に立体的にかけるようになった ヽ(・∀・)ノ ワーイ

今度は感覚を鍛えよう。


319:スペースNo.な-74:2006/03/13(月) 23:36:35


>>318
kwsk
急にって本当に急に?


327:スペースNo.な-74:2006/03/14(火) 16:26:38


>>319
いきなり急にだよ。
いつも練習方法を模索してたんだけど、立体的にかけるようになる前に2通りの書き方を試してたんだ。
一つは、丸い粘土をイメージして鉛筆を走らせながらその周辺の粘土はこんな感じってのをイメージしながら
描く方法で
もう一つは、顔描くときとかに十字引くじゃん?あれを表面に貼り付けるような形で要所要所に小さい十字を描いていく方法。
裏の面とか横の面とかにも小さい十字を描いてね。

これで目覚めたのかは判らないけど、とりあえず目覚める直前はこんなことしてた。


473:スペースNo.な-74:2006/07/28(金) 03:04:05


かじり始めたメタセコが面白すぎて最近絵を描いてない。
また描きはじめたら格段に立体把握が上達!!
してたらいいな。
上手くなってるのはソフト操作だけだろうなって戯れ言。

しかし、3Dモデラーを完璧に使い、それを元に狂いのない立体を(トレースでもなんでもして)描けるとしたら、実際の作画の現場では困らないよな。スレの趣旨からはズレるけどさ。


474:スペースNo.な-74:2006/07/28(金) 11:35:16


>>473
まぁ、背景は最近CGでモデリングしてトレースするプロの人が増えてきてるみたい。
一度きりの背景なら逆に面倒くさいけど、何回も使うんだったらとても効率が良いからね。


475:スペースNo.な-74:2006/07/28(金) 21:07:49


GANTSなんかは人物も3Dモデルのトレースって話だしな


476:スペースNo.な-74:2006/07/29(土) 00:32:41


>>475
ちょっと前に誌面で3D出来るアシ募集してたな


479:スペースNo.な-74:2006/08/02(水) 09:04:21


イメージするときは形全体を意識するようにするといいね。


484:スペースNo.な-74:2006/09/24(日) 19:31:55


空間把握って、どんな練習すればいいの?


485:スペースNo.な-74:2006/10/03(火) 13:26:54


デッサン
あと、物を見るときになるべく全体を見るようにする


486:スペースNo.な-74:2006/10/10(火) 11:31:11


アニメのフィギュアを買ってきていろんな角度から描いて練習してる。
いまんとここの方法が一番上達してるように俺は思う。


487:スペースNo.な-74:2006/10/10(火) 15:02:27


確かに同じポーズで当たりを取るのはフィギュアがベストかもしれんな
でもメインはミクロマンの素体。肉付けは妄想でなんとかしている


510:スペースNo.な-74:2006/12/29(金) 20:46:37


なんで空間把握ができる人と出来ない人がいるんだろう。
生まれ持っての脳の構造なのか・・・orz
空間把握が出来ない人はどんなに努力しても報われない

しにたいorz


514:スペースNo.な-74:2006/12/30(土) 15:50:05


>>510
訓練でどうにでもなる。
3Dかデッサンでもやれ


520:スペースNo.な-74:2006/12/31(日) 01:06:01


でも3Dだのパースだのデッサンだのクロッキーだのスケッチだのなんて
面倒くさくて遠回りそうな、地味で地道な研鑽なんて、やりたくないわけよ。

「絵が好きな人」じゃなくて「オタクのスターとしてちやほやされたい人」なんだもの。
もっとカップラーメンに湯を注ぐ程度の手間で上達したいんだよ。


524:スペースNo.な-74:2006/12/31(日) 02:00:08


>>520
まぁこれが、才能のない人間の典型的な思考モデルって奴だ。

はじめに絵筆を取ったのはなぜだ?
そこに己の創造性を描き出せる快楽があるからだ。
自分の知覚を切り開いていく作業は、対価がどうだという言葉など思いもよらない快楽をもたらす。
だが、この道は生半ではなく、多くの人間はさまざまな理由をつけ、妥協をし、あきらめていく。

あきらめてしまうなら問題はないのだが、ここで恥ずかしい人種が生まれる。

「芸術家の卵」から卒業して「ドライな絵描き商人」ごっこをはじめて、大人になった気分でいる輩。
自らの初期衝動に従う度胸もないが、さりとて夢をあきらめる潔さもない。
そんな人間がとる行動は「芸術家脱落者」の負い目をごまかすために
劣等感情を優越感情に摩り替えようという行動だ。

つまり「こんなん所詮オタ向けショーバイっすから(ホジホジ)」というポーズを取ることで
自分の卑しい執着を見抜かれまい見抜かれまいと必死で虚勢を張るという心的作用に他ならない。

そしてこの種の人種は非常に多い。


525:スペースNo.な-74:2006/12/31(日) 02:10:21


まんが道の主人公よろしく、仕事に忙殺されて絵や漫画を描けなくなるのはイヤだ
だからプロになるしかない、描く行為を仕事にしてしまおう!というのが
プロの道を歩む人間の資格といえる。
つまり、ありていに言えばプロになるという行為は
描き続けながら生活するための手段でしかない。

だが、>>520のような、「手段としてのプロ」ではなく
「目的としてのプロ・セミプロ」が昨今目に付く。

なぜそんなものを目的にするのか、正常な神経では疑わざるを得ないが
要するに、ひたすら表現に邁進することを挫折し、屈折した感情を持ちながらも
絵から離れられない人間だと仮定すれば
「目的としてのプロ活動」というものは十分説明がつく。

己の貧困な感受性を見透かされないために
自分を表現するのではなく「顧客のニーズ」を口にすることで
劣等感を覆い隠すのと同時に、まるで大人!なそぶりまでできてしまうという寸法だ。


523:スペースNo.な-74:2006/12/31(日) 01:43:46


あくまで個人的な考えだけど、このスレで言われてるような
「立体把握」は立体を描くときの概念であって
それを知ってるか、知らないかということだと思う。
自転車に乗れるか乗れないか、みたいなはっきりした境地で
別にこつこつ努力して徐々に身に着けるようなものではない気がする。
(ついでにパースも全然関係ない)


546:スペースNo.な-74:2007/03/06(火) 02:56:43


立体を把握できるようになって最初のうちは外側の形に気をとられて
人を描くときでもマネキンみたいな固い立体を描いていたけどしばらくして
関節にかかる力とか重力とか自然に感じながら描くようになった。
前よりはやわらかい絵が描けるようになったかも。


548:スペースNo.な-74:2007/03/23(金) 00:38:15


立体の実物を見ながらスケッチだのクロッキーだのデッサンだのやってた頃は
全く理解できなかったけど
一度写真におさめてそれを透き写しするようになってからコツが掴めるようになった。
特に最近のデジカメは広角レンズで遠近がより大げさについたりするから
よりやりやすい。


561:スペースNo.な-74:2007/03/27(火) 20:36:29


ゲームやアニメのキャラだけ描いてた頃は普通にヘタレだったのに
ミュージカルにハマってナマモノを描き出した途端に
すごい勢いで上達しだした人がいた。
これが立体把握の力なのかと思った。


564:スペースNo.な-74:2007/03/28(水) 08:40:25


>>561
絵より写真を見て絵の練習した方が上手くなるのは当然


562:スペースNo.な-74:2007/03/27(火) 22:39:21


そーなのかー


563:スペースNo.な-74:2007/03/27(火) 23:14:06


561がその人の実力をまったく測りきれていないだけで
その人自身に変わりはなかったりしてな


565:スペースNo.な-74:2007/03/28(水) 14:58:45


むしろ、実物見たほうがいいのでは


566:スペースNo.な-74:2007/03/28(水) 16:08:53


実物の人物見て描くのってそれなりに準備と環境が必要じゃね


567:スペースNo.な-74:2007/03/29(木) 04:14:24


そうか? 普通に道歩いて目を肥やせってことだぜ?
クロッキー帳てにどっか人通りの多いところで歩いてる人でも描いとけよ。
歩くとき、何かの動作をするとき布がどう動いて、どんな陰が出るか、とか
太陽の位置でどんな陰が出来るのかとか
そういうところ見ろよ。

ちなみに写真は『平面』なので立体感覚を得るには説得力に欠ける。


576:スペースNo.な-74:2007/04/17(火) 03:09:46


以前美大の教師に聞いたのだが、写真を元にして立体把握はやらないほうが良いという話。
写真という媒体になった地点で対象が立体ではなくなるから、ということらしい。
実物見ろってことだ。


578:スペースNo.な-74:2007/04/24(火) 11:22:43


美大の教師が言いそうなことですね


579:スペースNo.な-74:2007/05/21(月) 08:07:38


立方体とか買ってきて研究すんのが手っ取り早く立体把握力を身に付けられる
写真は違う角度からどうなってんだろうって疑問の回答を持ってないからな
目の前にあるもののほうがはるかに勉強できる
場合と物によるけど


590:スペースNo.な-74:2008/07/30(水) 13:01:35


で、結局どうすれば立体把握できるんだ?


591:スペースNo.な-74:2008/07/30(水) 17:55:45


デッサン


602:スペースNo.な-74:2009/05/15(金) 20:20:29


立体を描いて覚えるのと、頭の中で思い描いた物を紙に書き写すのはどっちが重要?
頭で描いた物をそのまま描けるようにならなきゃいけないのか?
それとも描きまくって体に覚えさせる方がいいのか。あるいは両方必要なのか
絵描きは立方体を頭の中で回せるように訓練し、頭の中でイメージした立方体をそのまま書き写しだせるとのだと聞いた
立体をあらゆる方向から描いて立体を把握するのと、
頭の中で立体が回せるだけの立体感覚と、
立体を自在に思い浮かべて、それを絵に描く感覚は別ということなのか
どうすればいいのかわかりません。


604:スペースNo.な-74:2009/06/02(火) 04:23:11


>>602
そもそもの頭の中で把握してる形が間違ってるから書けないんでしょ。
目の前に答えがあるんだからそれを利用すればどう書けばいいか判るんじゃん
見て書くのは自分の頭の中のちゃんとしてない部分に対してちゃんと細かい正解を出してくれるからだよ

他人の絵の模写より実物を書くべきってのは、現実の物は絶対に間違いない答えだから。間違ったイメージをいくら正確に再現しても仕方ないし、他人の絵も正解とは限らない
答えを完全に把握すれば、確かに頭の中でも正しいものを描けるし、手でも描ける。
頭と手に完璧に答えを教え込んでもないのに見ないで描こうとしても、
どこかで本当なら絶対そうならないはずの間違いをしているのに気付かないままで、何の進展にもならないよ。


605:スペースNo.な-74:2009/06/02(火) 18:52:15


>>602
そもそも紙の中に空間は見えてるのか?
その感覚がわからないまま
頭の中でいくら回転させても意味ないだろ。


610:スペースNo.な-74:2009/07/16(木) 15:00:25


遅レスだが
>>605
>そもそも紙の中に空間は見えてるのか?
物凄い目が覚めた
ありがとう


611:スペースNo.な-74:2009/09/17(木) 14:39:58


立体感覚とか全然わからない理解できない
どんなに考えても無理、答えのわからない問題を一生懸命考えているような感覚
何がわからないのかすら解らない
そんな俺ですが、立体感覚ってどうすれば鍛えられますか


613:スペースNo.な-74:2009/09/28(月) 01:38:22


とりあえず描いてみよう。それからだと思うよ。
でもって、立体感覚。
目の前に人がいて、その人は正面だけあるんじゃなくて背中もあるよね。
顔の後ろには後頭部があるよね。
そういうことを考えて描けるかどうか、かな。


640:スペースNo.な-74:2010/09/14(火) 21:03:40


最初から綺麗に描こうとしなくていいよ
最初はラフに描き
そこから徐々に完成系へと近づけていけば良い


652:スペースNo.な-74:2011/04/15(金) 12:31:37.21


まずは立体について理解する
・こういう立体は名前からしてこのような形をしているはず、という思い込みを排除する
・こういう立体ならこの角度ではこう見える、という実際見た時の特徴を掴む
・目の前にある立体はなぜこのように見えているのか、物体の構造と光の作用を理解する

文字通り把握したところで結局紙にうつしとれなきゃ意味がないよね
・立体の立体感をあえて無視し、輪郭だけを、目だけでなく紙の上の鉛筆で辿る
・立体を立体たらしめる稜線をたどる
・立体のボリューム感を見て、光と影を無視したそのままのボリュームを紙に表す
・立体の形づくる明暗差を見て、把握し、紙に表す

ここまでやればどんな物体も一度見れば把握して、あらゆる角度から自在に描ける
それから人体の構造を叩きこみパースをちょちょっと勉強すれば
上達もあっちゅーま


653:スペースNo.な-74:2011/04/15(金) 21:13:04.71


>>652
たとえば人体について、
写真等を見ながら描き写す能力と、何も見ずにどんな角度からでも描ける能力って違うと思うんだけどね。
前者はできるんだけど後者が苦手。
たとえばさ、資料見ても自分の望む角度が無かったりするじゃない?
写すの上手いだけじゃ苦戦するんよorz


655:スペースNo.な-74:2011/04/17(日) 12:36:28.14


>>653
実際に見える形と、見えると思って頭に描く形に差異があるからうまく描けないというのが
初心者のつまづく最初の部分だと思って上のレスには最初にあげた
だから本当に目の前にある形を、ありのまま描けることのが大前提なんだけど
それは写真じゃなく、自分がこの目であらゆる角度から見れる物体を、一視点から限定して見るときの話だ
こっちからみたらこんなボリュームで、こっちからみたらこんな形で
だけど今ここから見たらこの物体はこう見えるんだっていう実感を絵にできなきゃいけない
それは写真をそっくりに写す技術とは違う
クロッキーと塗り絵ぐらいちがう
三次元で時間とともに変わりうる立体を、立体感をともなった二次元の瞬間的な絵に変換するという技術
写真模写がうまくなっても、立体感を絵にするには
触感や嗅覚、一枚の写真にはたくさんの視点が潜在的に存在するって意識が足りない
その立体が存在していた事実は薄っぺらい写真一枚の視点でしか知らないからね

だから写真一枚を模写するよりは、複数の角度で撮った写真数枚から、それが全体的にはどんな形になるのか
これがどういう構造でどういう形で別の角度に回したらこういう風になるだろうか
と想像してから描くのが(立体把握の練習としては)よっぽどいい
人体みたいな複雑な形を想像するというのは、段階的に構造を理解していかないと難しい
立体把握したいなら粘土でいいからフィギュアを作れといわれてるのはそういうことだと思う
実際人体模型作ろうとすると、細部の記憶がかなりあいまいだったことに気づいて
解剖学の本開きまくったり、あらゆる角度からの写真を集めることになるから

写真模写がわるいわけじゃない
それが立体を把握することに直結するものではないというだけ

要するに
立体から立体感を感じることができ、立体感を描けることができ、
そのうえで構造を勉強すれば、頭の中で立体を動かしてそのまま描くのも容易だという
ある意味気のながい話をしたんだよね


678: 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/09/04(日) 13:22:37.16


複雑な立体みてたら気持ち悪くなった





私も、まだまだ勉強中で綺麗にかけてはいませんが、
人物を描いている時に、

「この腕は、私のほうに向いて伸びている」
「この脚は、奥に向いて伸びている」

など、すごく思いながら描くようになってから、
紙の上で空間が出来上がってきたような気がしました。

といっても、絵が上手い人は
もっと、良い考え方(感覚)で描いているんでしょうね。

皆さんは、どういった感覚で描いていますか?


スーパーパースデッサン―キャラが立つ遠近法のすべてスーパーパースデッサン―キャラが立つ遠近法のすべて
林 晃

グラフィック社
売り上げランキング : 27048

Amazonで詳しく見る




次へ
前へ





はてなブックマークに追加する つぶやく

[ 2011/09/04 16:20 ] 背景の描き方 | CM(2) | このエントリーのはてなブックマーク数 はてなブックマーク - 立体把握について語ろう | |








おすすめ記事








この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング





コメント

64 : 名無しの絵師さん 投稿日:2011/09/04(日) 21:09:39


更新お疲れ様です。

自分はメカ絵を描く事が多いので、空間把握とか立体把握はある程度できている・・・つもりです^^;
ただ、アオリとか言われるとかなり難しいんですよね・・まだまだということでしょうか。

練習方も以前このブログで紹介していた3DCGを見ていればある程度把握力は上がると妄信してます;

あと最後に気になったのですが、某メカ掲示板ってどこでしょうか・・・?


65 : お絵描き初心者 管理人さん 投稿日:2011/09/04(日) 23:43:27


コメントありがとうございます。

> 自分はメカ絵を描く事が多いので、空間把握とか立体把握はある程度できている・・・つもりです^^;

おお!メカ絵描くんですか!
まったく、私はメカとか描かないのでうらやましいです。
今度教えてもらいほどですね。

空間把握や立体把握は、完璧に出来ればよいでしょうけど
それっぽく描くのが大事なような気がします。
ある程度描ける様になって、他の人たちに指摘を頂いたら、
悩むのも良いかもしれませんね。


> ただ、アオリとか言われるとかなり難しいんですよね・・まだまだということでしょうか。

アオリは難しいですよね。私も結構悩みながら描きますね。(^^;)
描きあげたときに凄く達成感があって良いんですよね。
でも、次の日見たら「うああ。。」ってなる事もあるんですが。(^-^;)


> 練習方も以前このブログで紹介していた3DCGを見ていればある程度把握力は上がると妄信してます;

そうですね、個人的にも3DCGのモデルを回転させてから
一度自分でイメージしてみる。
を繰り返すことによって、キャラクターなどを回転させるイメージが強くなった気がします。
そのへんは、人それぞれなのでなんとも言えませんが
個人的にはお勧めですね。


> あと最後に気になったのですが、某メカ掲示板ってどこでしょうか・・・?

申し訳ございません、この某メカ掲示板のURLとか書かれていなかったので
どこか分からないです・・・。
紹介したかったのですけどね。


これからも宜しくお願い致します。



コメントの投稿

*コメントは承認制です。反映されるには時間がかかります。
 他人を不快にする言葉はお控えください。
 禁止ワードが多い場合はIP規制され閲覧が出来なくなりますのでご了承ください。
 httpは禁止ワードに設定しています。






















炎(#1)青ペン先生(#2)FireAlpaca(#1)おもちゃ(#1)絵コンテ(#1)下着メーカー(#1)口(#1)アイドルマスター(#1)Wacom(#11)動画(#9)ストレッチ(#1)お勧め(#12)ブラシ(#6)首(#2)トレース(#2)画力上達書籍(#1)創造(#1)発光(#1)お絵描き上達法(#1)メンズ(#1)お題(#6)上達書籍(#1)構図(#4)拡張子(#1)上半身(#1)芸術(#2)和服(#2)良くない構図(#1)プリンストン(#4)任天堂(#1)質問(#1)参考書(#5)デザインドール(#2)しわ(#2)ポーズ(#5)4コマ漫画(#1)漫画家(#4)ステンドグラス(#1)神社(#1)しぐさ(#2)レイヤー(#1)セルシス(#12)妖怪(#1)ドラゴンクエスト(#1)iPad(#1)笑い話(#1)リメイク(#5)体(#7)書籍紹介(#1)イラストレーター(#1)ウサギ(#1)ペン入れ(#2)スランプ(#1)LivePainting(#1)リフレッシュ法(#1)GIMP(#1)筆ペン(#2)リアリズム(#1)理由(#1)絵柄(#1)色鉛筆(#11)Pixlr(#1)図書館(#1)解剖学(#1)顔の描き方(#17)塗り絵(#1)龍(#1)線(#1)胸(#1)面白(#1)補助デバイス(#1)背景(#13)向上法(#40)尻(#1)配信(#1)胴(#2)着物(#3)ジブリ(#1)マンガ(#2)グリザイユ(#3)動画サイト(#1)ブックスタンド(#1)講座(#106)大友克洋(#1)おっぱい(#2)お絵描き素材(#1)悩み(#1)色塗り(#51)上達法(#23)ロボット(#4)フォント(#2)サイト(#3)資料サイト(#2)日記(#3)疲れ目(#1)鉛筆(#2)スカート(#3)筋肉の描き方(#5)Adobe(#10)目標(#2)海外サイト(#1)ラフ(#1)唇(#1)3DS(#2)ポートフォリオ(#1)狼(#1)トランスフォーマー(#1)特徴(#1)ベタ(#1)表情(#2)耳(#1)背景の描き方(#1)練習(#2)資料(#3)お絵描き向上法(#3)画材(#1)猫(#3)グロー(#1)疑問(#1)設定(#1)馬(#1)俯瞰(#2)GIF(#1)カラーリング(#1)着色テクニック(#1)リフレッシュ(#1)デフォルメ(#5)モンスター(#1)カード(#1)Phtoshop(#1)眼(#1)配色(#5)アンケート(#2)比率(#1)もやしもん(#1)赤ペン(#2)モニタ(#1)リアル絵(#1)たこ焼き(#1)陰(#1)正月(#1)頭骸骨(#1)脚(#2)スクールペン(#1)同人誌(#3)あたり(#3)マウス(#2)おもしろ(#2)販売(#1)Gペン(#4)お絵描き用道具(#3)ドラゴン(#2)ワンピース(#1)wacom(#1)光(#2)あるある(#1)鳥(#2)つけペン(#3)タブレット(#3)創作(#1)レース(#1)Intuos5(#2)花柄(#1)フリーソフト(#1)参考書籍(#12)影の付け方(#1)雑談(#3)就職(#1)メイキング動画(#6)枠(#1)レビュー(#1)ルーミス(#1)服のしわの描き方(#1)テクスチャ(#10)カラー(#1)ソーシャル(#1)重心(#1)蝶(#1)カフェアート(#1)線の引く練習(#1)CLIPSTUDIO(#2)描き方(#12)コミケ(#1)上達(#1)パンツ(#3)色の塗り方(#1)肩こり(#1)ボット(#1)お絵かきスレ(#1)SNS(#6)厚塗り(#8)水彩(#6)リアル(#1)フリル(#1)安価(#30)フィルター(#1)Pixiv(#1)靴(#1)メガネ(#1)切り絵(#2)和風(#1)しまむらくん(#1)講座集(#1)アタリ(#2)東方(#5)製作過程(#1)水彩色鉛筆(#1)プロ(#10)右脳(#1)人の描き方(#46)青ペン(#1)線画(#4)講座動画(#1)ドローイング(#1)パース(#4)髪の毛(#1)ワコム(#3)ふかん(#1)世界観(#1)手の描き方(#1)塗(#3)Photoshop(#12)おやつ(#1)ポケモン(#3)ハイライト(#1)下着(#1)ペイント(#1)年賀はがき(#1)ペンタブレット(#1)花(#1)デジタル(#2)インタビュー(#1)和紙(#1)相場(#1)ペンタブ(#15)RPG(#1)らくがき(#1)漫画の描き方(#3)ジャンプ(#1)素材(#4)Pixiv(#92)骨の描き方(#4)勉強(#5)Tab-Mate(#1)感情表現(#1)袴(#1)イラスト(#7)今と昔の比較(#2)ペイントソフト(#7)OpenCanvas(#1)ペンの持ち方(#1)デッサン人形(#5)絵師(#2)犬(#1)ワキ(#1)人体(#4)bot(#2)ホビージャパン(#2)落書き(#2)アンケート結果(#1)腱鞘炎(#1)ツール(#11)エアブラシ(#1)画力向上講座集(#1)Controller(#1)髪型(#1)宮崎駿(#1)記号(#1)健康法(#1)png(#1)モチベーションアップ法(#1)GIMP(#2)パステル(#1)髪(#6)お絵かき用道具(#2)立体把握(#1)ネーム(#2)CLIPPAINT(#1)顎(#1)gif(#1)鳥居(#1)お絵描きあるある(#2)足(#1)鼠(#1)影(#2)カラーハーフトーン(#1)シワ(#1)木(#1)イラスタ(#1)宇宙(#1)模写(#5)体の描き方(#8)書籍(#4)ツイッター(#2)肘(#1)ナイフ(#1)空間把握(#1)クリスタ(#3)イベント(#1)メイキング(#82)CGHUB(#1)行進絵(#1)武器(#1)岸田メル(#3)勉強法(#3)装飾(#1)エロゲー塗り(#1)水(#2)お勧めHP(#1)アングル(#1)アート(#3)顔(#17)ストーリーの考え方(#1)仕事(#3)SMS(#1)アニメ(#5)CLIP(#4)ドット絵(#2)redjuice(#1)塗り(#12)プリキュア(#3)液タブ(#1)鼻(#1)印鑑(#1)目(#6)フリー素材(#11)コピック(#3)男(#1)ボブ・ロス(#1)Suimy(#1)質問と答え(#1)ポーズ集(#3)骨格(#1)モンスターハンター(#1)まどかマギカ(#1)デッサン(#8)キャラクター(#1)言い訳(#1)幸せな瞬間(#1)擬人化(#2)アプリ(#1)色彩(#1)AKIRA(#1)大友昇平(#1)動物(#3)丸ペン(#1)練習方法(#2)クリスマス(#1)準備体操(#1)ニュース(#15)コツ(#1)アニメーター(#3)模様(#2)筋肉(#14)テクニック(#127)Intuos(#1)遠近法(#1)テーマカラー(#1)腕(#1)萌え(#1)骨(#7)肩(#2)練習法(#3)お絵描き支援ツール(#4)SAI(#8)イメージで描く!(#1)参考HP(#13)萌え絵(#4)QUMARION(#1)CLIP_STUDIO(#1)ハンコ(#1)考え方(#70)オリジナル(#1)海外講座(#1)ちびキャラ(#1)コンテスト(#2)しょこたん(#1)同人(#1)塗り方(#1)お題絵(#1)浮世絵(#1)ゲーム(#3)なかよし(#3)民族衣装(#1)ブラシ設定(#2)イラスト投稿サイト(#1)Pixiv講座(#2)お絵描きスレ(#5)作業場(#1)制作現場(#1)アナログ(#6)漫画(#39)Drawing(#1)まとめ(#10)ご挨拶(#1)赤ペン先生(#14)コミスタ(#3)PIXIA(#1)眼鏡(#1)男性(#2)
人気ブログランキングへ